FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立宣言と最新賛同者リスト

琉球自治共和国連邦
独立宣言


 2010年、われわれは「琉球自治共和国連邦」として独立を宣言する。現在、日本国土の0.6%しかない沖縄県は米軍基地の74%を押し付けられている。これは明らかな差別である。2009年に民主党党首・鳩山由紀夫氏は「最低でも県外」に基地を移設すると琉球人の前で約束した。政権交代して日本国総理大臣になったが、その約束は本年5月の日米合意で、紙屑のように破り捨てられ、辺野古への新基地建設が決められた。さらに琉球文化圏の徳之島に米軍訓練を移動しようとしている。日本政府は、琉球弧全体を米国に生贄の羊として差し出した。日本政府は自国民である琉球人の生命や平和な生活を切り捨て、米国との同盟関係を選んだのだ。

 琉球人は1972年の祖国復帰前から基地の撤去を叫び続けてきたが、今なお米軍基地は琉球人の眼前にある。基地があることによる事件・事故は止むことがない。日本国民にとって米軍の基地問題とは何か?琉球人を犠牲にして、すべての日本人は「日本国の平和と繁栄」を正当化できるのか?われわれの意思や民族としての生きる権利を無視して米軍基地を押し付けることはできない。いまだに米国から自立することができない日本国の配下にあるわれわれ琉球人は、絶えず戦争の脅威におびえ続け、平和に暮らすことができない。

 琉球人はいま、日本国から独立を宣言する。奄美諸島、沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島からなる琉球弧の島々は各々が対等な立場で自治共和国連邦を構成する。琉球は三山時代(14C半ば~15C初期)を経て、1429年に琉球王国として統一された。その後1609年、薩摩藩は琉球王国に侵略し、奄美諸島を直轄領とし、琉球王国を間接支配下に置いた。1850年代半ばに琉球王国は米・蘭・仏と修交条約を結んだ。1872年に日本国は琉球王国を一方的に自国の「琉球藩」と位置づけ、自らの命令に従わなかったという理由で1879年、「琉球処分」を行い、「琉球王国」を日本国に併合した。その後、琉球王国の支配者たちは清国に亡命して独立闘争を展開した。日本国に属した期間は1879年から1945年、1972年から2010年までのわずか104年間にすぎない。琉球が独立国であった期間の方がはるかに長いのである。

 太平洋の小さな島嶼国をみると、わずか数万の人口にすぎない島々が独立し国連に加盟している。これらの島嶼国は、民族の自立と自存を守るために、一人ひとりの島民が「自治的自覚」を持って独立の道を選んだのである。国際法でも「人民の自己決定権」が保障されている。琉球も日本国から独立できるのは言うまでもない。
これからも日本政府は、「振興開発」という名目で琉球人を金(カネ)で支配し、辺野古をはじめとする基地建設を進めていくだろう。長い歴史と文化、そして豊かな自然を有するわが琉球弧は、民族としての誇り、平和な生活、豊かで美しい自然をカネで売り渡すことは決してしない。平和運動の大先達・阿波根昌鴻は「土地は万年、金は一年」と叫び、米軍と闘った。われわれ琉球人は自らの土地をこれ以上、米軍基地として使わせないために、日本国から独立することを宣言する。そして独立とともに米軍基地を日本国にお返しする。
  

2010年6月23日 慰霊の日に
呼びかけ人
松島 泰勝(ゆいまーる琉球の自治/龍谷大学)
石垣 金星(ゆいまーる琉球の自治/西表島郷土史家)


賛同人

 
前利潔(ゆいまーる琉球の自治/沖永良部島) 
上勢頭芳徳(ゆいまーる琉球の自治/竹富島)
内間豊(ゆいまーる琉球の自治/久高島)
新元博文(ゆいまーる琉球の自治/奄美大島宇検村)
高良勉(ゆいまーる琉球の自治/沖縄島南風原)
謝花悦子(わびあいの里/伊江島)
平恒次(イリノイ大学/宮古島出身)
久岡学(奄美大島龍郷町)
森本眞一郎(1609年を考える奄美三七の会)
山田隆文(鹿児島在住奄美大島出身者)

照屋みどり(沖縄島豊見城)
本村紀夫(宮古島出身/沖縄島在住)
渡名喜守太(琉球弧の先住民族会)
島袋マカト陽子(琉球センター・どぅたっち)
太田武二(琉球センター・どぅたっち)
玉城義久(奈良沖縄県人会)
上原成信(一坪反戦地主会関東ブロック)
石坂蔵之助(ゆいまーる琉球の自治/沖縄市泡瀬)
喜久里康子(沖縄市民情報センター)
新垣重雄(石垣島)

当真嗣清(琉球弧の先住民族会)
島袋倫(ウチナーグチ振興研究家)
まよなかしんや(アイヌ民族と連帯する沖縄の会)
宮里護佐丸(琉球弧の先住民族会)
上村真仁(石垣島)
川平俊男(甘蔗(藷)農産組合宮古)
嘉手納安男(沖縄島那覇)
松島寛(ゆいまーる琉球の自治/石垣島出身/沖縄島在住)

アイヌ・ラマット実行委員会
藤原良雄(ゆいまーる琉球の自治/藤原書店)
西川潤(早稲田大学)
上村英明(市民外交センター/恵泉女学園大学)
竹尾茂樹(ゆいまーる琉球の自治/明治学院大学)
佐藤幸男(富山大学)
大林稔(龍谷大学)
西浜楢和(ゆいまーる琉球の自治/沖縄通信)
中村尚司(龍谷大学)
崔真碩(広島大学)

手島武雅(先住民族政策研究者)
日比野純一(FMわぃわぃ)
大河内秀人(江戸川区/僧侶)
秋林こずえ(立命館大学)
金子マーチン(日本女子大学/反差別国際運動事務局)
金子えりか(在ロサンジェルス)
安渓遊地(山口県立大学)
阪本公美子(宇都宮大学)
津田勝憲(栃木県/農業)
齋藤憲(ゆいまーる琉球の自治/大阪府立大学)

吉田宗弘(つぶて書房)
岡本雅享(福岡県立大学)
作間順子(ゆいまーる琉球の自治/意匠家)
中島大地(普天間基地撤去を求める高校生の会)
Kyle Kajihiro(Hawai’i)
丸井清泰(編集者/別府出身)
Keala Norman(Hawai’i,Honolulu)
Marco Panza (CNRS, Paris)
小林 純子(東京都)
沼田 哲(東京都)

横浜APEC反対実行委員会
丹治三夢(University of Curtin/Australia)
スポンサーサイト



<< 琉球独立と国連 | ホーム | 自由連合国という道、国際法と日本のシーレーン、本当の自由貿易地域 >>


コメント

丁寧なお返事ありがとうございます。

国際法・国際潮流からの平和的なアプローチ、素敵ですね。太平洋島嶼諸国に私たちは無知すぎましたね。

いつか、沖縄県議会その他で、宣言の実を結ぶことを祈念しています。

根性の悪いいじめっ子からは、離婚・分離独立しないと健康を損ないますわ(笑)恨むなかれ。


anyway

最近、地政学的有用性の屁理屈を逆手に取った、大田元知事とかの国連施設誘致論がありますが、個人的にはいいアイデアだと思っております。

普久原恒男「沖縄独立の唄」があるそうですが、自分には音源を索める能力がありません。だれか、見つけてyoutube等にアップしてほしいものです。

敬具


賛同書は日本人みんなにアピールしてこそ意味がある

日琉の世論の沸き上がりを期待したい!


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: タイトルなし

> 丁寧なお返事ありがとうございます。
>
> 国際法・国際潮流からの平和的なアプローチ、素敵ですね。太平洋島嶼諸国に私たちは無知すぎましたね。
>
> いつか、沖縄県議会その他で、宣言の実を結ぶことを祈念しています。
>

お返事ありがとうございます。私が1年間住んでいたパラオ共和国は人口2万人でも独立し、現在も人々は平和に通常の生活を送っています。9月にパラオに行く予定ですが、多くのことを学びたいと思います。

自分たちで自らの生きる道を決定するという人間として本来持っている権利は国際法で認められており、国連、国際法に基づいて独立運動を展開していこうと考えています。国連は、植民地を解放する責任と義務があり、そのための様々な委員会、機関があり、脱植民地化のための手続きも準備されています。


> 根性の悪いいじめっ子からは、離婚・分離独立しないと健康を損ないますわ(笑)恨むなかれ。

琉球に基地を押し付け、琉球人は自らの人生の多くの時間を反基地闘争に費やさなければならない、悩まなければならない、不安におののかなければならないという、人間の心身の健康にとっても良くない環境での生活を押し付けられています。
>
>
> anyway
>
> 最近、地政学的有用性の屁理屈を逆手に取った、大田元知事とかの国連施設誘致論がありますが、個人的にはいいアイデアだと思っております。
>

私もいいアイデアと思います。スイスのジュネーブにいたっことがありますが、そこには国連欧州本部があるほか、国際的な各機関があります。琉球に国連アジア本部を作るほか、人権、平和に関する国連、国際機関をつくり、永世中立宣言をして、基地を全て撤去したほうがよいと思います。そのほうがアジアの、そして琉球自身の平和につながります。

> 普久原恒男「沖縄独立の唄」があるそうですが、自分には音源を索める能力がありません。だれか、見つけてyoutube等にアップしてほしいものです。


是非とも聞いてみたいですね。自分の足で立つという、自治・独立の気概で日々生きていきたいものです。



>
> 敬具

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP