FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フランスの植民地・ニューカレドニア、太平洋に強い関心を持つ中国、テニアン島と広島原爆投下

2003年8,9月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。
フランスの植民地から脱却するために、ニューカレドニアは、国連や太平洋島嶼国の国際機関からの支援をえながら、自治度を上げ、独立を問う住民投票を行おうとしています。それに対してフランス政府は、島への外部からの移住者を増やし、先住民族カナク人の全人口に占める割合を減少させようとしています。



9/25 PIR
  ニューカレドニアがフランス領になって150周年の記念式典が行われた。

1853年にフランスがニューカレドニアをフランス領土にした。しかし、同島を発見したのはキャプテン・クックであり、クックが「ニューカレドニア」と名づけた。150周年を記念して、首都ヌーメアに10メートルの木製トーテンポールが建てられた。

トーテンポールには先住民族であるカナク人のアイデンティティが象徴されている。ニューカレドニアはヌーメア協定にしたがい、フランスからの自立度を少しずつ高めて行き、2014年から18年の間に独立を問う住民投票が行われる予定である。

現在、ニューカレドニアには約20万人の住民がいるが、主な民族の構成をみると、欧州人(フランス人の子孫、フランス政府の官僚等)、カナク人、ウォリスフツナ人(フィジーの北東にあるフランス領土の人々)、ジャワ人、ベトナム人、北アフリカ人、タヒチ人などである。



中国は太平洋、太平洋島嶼国への関心を大変高めています。交流、貿易、凍死活動を進めています。アジアと太平洋とをつなぐ位置にある琉球が果たせる役割は大きいといえます。



8/19 PIR
  中国が太平洋島嶼国との関係強化を図っている。

中国は次のような政策により太平洋諸国との関係を強化しようとしている。1.南太平洋観光機構への加盟する、2.中国と外交関係を締結している太平洋島嶼国出身の外交官を養成するための短期訓練コースを中国にて実施する、

3.石油関連開発事業のために、今後3年間、太平洋諸島フォーラム事務局に30万米ドルを提供する、4.中国国際投資貿易博覧会に太平洋島嶼国からの代表団の参加を歓迎する、5.その際、太平洋島嶼国からのジャーナリスト団の訪問を歓迎する。



今日は、広島に原爆が投下された日です。その原爆はテニアン島から運ばれました。自らの島を米軍の日本攻撃の基地にされたがゆえに、他者への攻撃地という汚名を帯びることになりました。琉球も同じです。琉球に米軍がおかれ、世界の平和を乱す拠点ならざるをえなくなっています。このような状態を一刻も早く解消しなければなりません。



8/7 PIR
  テニアン島において広島原爆への追悼行事が行われた。

昨日午前9時15分、テニアン島にサイレンが鳴り響いた。それは58年前にテニアン島から飛び立った米爆撃機が、広島に世界で最初の原爆を投下して、多くの人々が死亡し、負傷したことに対する追悼を行うためであった。

夜には追悼式典が行われ、平和の願いを込めて海に灯篭が流された。以上のようなことがテニアン島で行われたのは今回が初めてであった。
スポンサーサイト



<< 宮古八重山への自衛隊配備反対の意思 | ホーム | 琉球独立と国連 >>


コメント

お久しぶりです。明日、そちらで韓国併合100年のシンポジウムがあると思います。どちらの校舎かご存じですか?所要で京都にでかけるので寄ってみたいのですが。

Re: タイトルなし

> お久しぶりです。明日、そちらで韓国併合100年のシンポジウムがあると思います。どちらの校舎かご存じですか?所要で京都にでかけるので寄ってみたいのですが。

村山様、お元気ですか。明日、明後日のシンポですが、京都駅南口をでて大通りの向こう側に、アバンティという商業ビルがあり、その中にある龍谷大学アバンティ響都ホールでシンポがおこなわれます。
両日とも10:00からです。
どうぞよろしくお願いします。
                        松島泰勝

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP