FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立と中国

El_Fire さんからのコメントです。熱心なコメントいつもありがとうございます。




当方、ようやっとネットに復帰。

----------------------------

>中国は東側だけに向いているのではななく、北、西、南にも開かれており、それらからも世界諸国との交流、貿易を行っています。どのこ視点から琉球を考えるかです。琉球の立場からみると、琉球を重視しているのなら、琉球側が有利になる形で中国との政治経済、外交関係を形成すればいいのです。実際、太平洋島嶼国はそのようにしています。

今のところ、中国が外交的に通りやすい出口は西のパミール方面・カザフスタン方面と、南のメコン川方面、ミャンマー方面です。それ以外のルートは何らかの紛争なり対立なりを抱え、自由な行動はし難いです。

独立琉球の指導者が真に外交に精通していれば、軍事的要衝という不利から外交的パワーを生み出せるでしょう。人材を揃えることが肝要となります。

--------------------------

>中国が琉球を侵略する場合は世界戦争を覚悟しなければなりません。そんなリスクを冒してまで、侵略しますか。
>アラブ諸国はいま太平洋島嶼国との外交、経済関係を重視しめました。

ことこの問題に関して中国は米国の出方だけを考えてればよい。
欧州が利益のためなら暴虐に目を瞑るのはチベット問題で周知になったことであるし、アフリカや中東はそもそも興味がない。太平洋諸国は不安気に見守ることしかできない。東南アジア諸国やインドは何らかの対策は考えるだろうが結局はアメリカの出方次第といったところ。日本は十中八九、政治的無能を晒すだけに終わる。

世界を見渡すと戦争をしてまで中国を止める国は今のところ米国以外にありません。

……と言い切るような情勢でもなくなってきましたね。
中東は沖縄に興味を持っている今、利害関係に巻き込むチャンスですね。
できるだけ多くの国を沖縄の利害関係に巻き込むことが出来れば、基地なし安保も実現されましょう。

-------------------------

>核ミサイル、テロとの戦争の時代において、距離は「地政学」を考える上において大きな問題でなくなりました。グアムに琉球の8千名の海兵隊が移動することでも分かります。距離が重要であるというなら、北朝鮮と九州、日本海沿岸部の方が近いです。

現代において距離の問題は複雑になりつつも未だに重要な問題です。距離が遠ければ何をするにもカネとリスクがかかります。

------------------------

>島嶼、小国、先住民族、マイノリティー等、世界の抑圧されている人々や地域が自らの権利を守り、状況を改善するために国連を利用しています。国連を批判することは簡単ですが、実際に存在する国連をどのように自らのために利用するかが私にとっては大切なことのように思います

>あなたなら国連をどう使うのかを考えて下さい。

国連の一番重要なところは小さな国家でも議論に参加できるということです。例え大国から無視されても、小さな国から支持を集めればそれは無視しえないものとなります。

-----------------------

>日本の米国への従属状況を象徴しているのが琉球です。琉球が独立して米軍基地を撤廃すれば、日本も米軍支配から脱する道が開けるでしょう

在沖縄基地が無くなっても、横田幕府はありますからね・・・・・。
正直、横田幕府がどれほど日本中枢に食い込んでいるのかは不明ですが、下山事件の関係者が未だに口を開きたがらない程度には力を持っているらしいですね。

---------------------

>そのために自分自身が何をするかです。私の場合は微力でああるが、世界中に琉球への攻撃を抑止させるような人間のネットワークを地道につくっていきたいと考えいます。

そうですね、個人としての私たちの出来ることは、限られていますが決して無力ではない以上、こうした努力が平和への道となりましょう。

---------------------------------

>4番目は外していいのでは。米軍基地がある琉球になぜ台湾が侵攻するのですか。

下段に記述しましたが、もう一度言いますと、在沖縄米軍が撤去された場合、台湾の動向は無視しえないものとなります。
背中の軍事的空白を恐れて、米軍がやらないなら自力で、という行動に出てしまう可能性を考慮しなければなりません。

---------------------------------

>琉球が独立して基地を撤去した後、非武装中立地帯として世界に宣言し、国連アジア本部を設置し、世界の人権に関する機関をつくる。侵略できない状態にする。そこを侵略するんだったら世界は終りとなるように、緊張感にみちた地域をつくる。

恐らく、独立琉球の指導層に外交センスがあれば可能かと。
多くの国を利害関係に巻き込んだ先に見える目標ですね。

---------------------------------

自分へのコメントではないですが、気になったこと諸々に関して書きます。

---------------------------------


>伊波普猷はじめ、言語学者が琉球語を日本古語として位置づけてきました。琉球の島々でも、たとえば八重山諸島内の島々でも互いいに意味が通じないほど、島の言葉は多様です。もちろん、日本人でも島の言葉の意味は分からない。自分たちは民族であり、自分たちの自身の言葉をもっているという自覚があれば、その言葉も一つの民族の言葉になると思います。私は琉球の言葉は、日本語という国家語の一部ではないと考えています。言語学者の仮説に従う必要はないと思います。

比較言語学に於いては、関係性・系統性・遠近は論じられても、ある言語が言語であるかそれとも方言であるかというものを決定することは出来なかったはずです。
ある言語を言語とするか方言とするかは政治の領域であり、言語学の関知するところではないというような記述を言語学の本で見たことがあります。

---------------------------------

本文へのコメントです

---------------------------------

>非自治的島嶼による自己決定権行使の選択肢としては、ある国への統合、自由連合国、完全独立の3つがあります。

日本政府が何らかの自治を保証せず、また、奄美を鹿児島県の領域に納めているのは、一種の怠慢であると思います。
最低限、奄美を含めた自治州を認めるくらいはしないと……。

---------------------------------

コメント以外

---------------------------------

南シナ海、どうも風向きが変わってきたようです。
米国は東・東南アジアから徐々に撤退し、G2政策に切り替えていく方針だったわけですが、どうも方針転換したようです。
以前から懸念事項であった南シナ海における中国の侵略的な姿勢に反発した東南アジア諸国がそれに協調したようです。
日本ではまっとうな報道がありませんが、これはもしかしたら大きな事件なのかもしれません。
まあ、これに関してはもうちょっととっくり分析してみますかな・・・。


参考リンク
■大失態演じた中国外交、米中対立どこまで
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4147
■南シナ海で中国海軍演習、米・ASEANけん制
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100731-OYT1T00699.htm
■ファイル:台湾、シンガポールとFTA締結予備協議
http://mainichi.jp/life/today/news/20100806ddm008020142000c.html
スポンサーサイト



<< 琉球独立に関する議論 | ホーム | 高江ヘリパッド建設問題にみるアメとムチ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP