FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

東アジア共同体の自治と琉球④

前回の続き

太平洋上に人口約1万人の国であるツバルがある。地球の温暖化による海岸侵食、地中から湧き出た海水による洪水、農作物の塩害等の問題が発生している。

同国の首相は2000年、豪州とニュージーランドに対して「環境難民」として全国民の受け入れを求めたが、両国とも難民としての受け入れを拒否した。

ツバルを琉球が受け入れたらどうであろうか。昨年10月にツバルを調査した際、インタビューを行なった同国の首相や外務省幹部も琉球への移住を希望していた。同じ島嶼であり、暖かい島であることが魅力的であるという。

琉球には100以上の島がある。ツバル人と一緒に住みたいという住民も多いのではないか。ツバル人の移住にともない、ツバル政府を琉球内におく。

琉球でのツバル人の定住、ツバル政府の設置は現行法では不可能であり、琉球の政治的地位の変更が必要となる。例えば、琉球を外交権が付与された自治領とし、琉球ツバル法を制定する。

太平洋には同様な自治領としてクック諸島がある。クック諸島はニュージーランドと自由連合協定を結び、クック諸島の住民は就業、教育のためにニュージーランドに自由に定住できる。

さらに気候温暖化問題に関する国連機関や研究調査機関を琉球内に設置し、海没の危機に直面する島嶼を救うための世界的な拠点とする。ツバル以外にも、マーシャル諸島、キリバス、モルジブ等も地球温暖化によって生活が困難な状況におかれている。

温暖化防止のための環境政策を実施するとともに、島嶼国の文化や自治を守ることを前提にして、島嶼住民を受け入れ、新たな地域共同体をつくることも選択肢の一つとする。

日本政府による振興開発との交換で基地が押し付けられる従属的で単一的な関係から、アジアの諸地域と政治経済的、文化的に連合する多様な関係に移ることで、琉球の自治は現実のものになるだろう。

本年3月に「ゆいまーる琉球の『自治』―万人のもあい」という集いを藤原書店の協力を得て琉球の久高島で行なった。

琉球にとって「復帰」とは何であり、何がもたらされたのか、このまま「復帰体制」を続けたら琉球はどうなるのか、「復帰体制」に代わる代替案はあるのか。島の自立、自治、平和、開発等について考え、学びあう集いであった。

大阪大正区、奄美大島、沖永良部島、竹富島、沖縄島、東京、静岡等の人々が参加した。久高島は現在も土地の私的所有を認めず土地の総有制を守り続け、リゾート開発を拒否し、島おこし運動を進めている島である。

神、自然、静かな生活、互いに助け合う生き方(ゆいまーる)等、カネでは買えないものがここにはある。この集いは知識の交換を目的とするのではなく、琉球各地域に住む人間の声を互いの顔をみながら聞く場であった。

魂の言葉で自治を語り、島の知恵を学びあった。自らの力で島を治めることが平和の礎になる。自治の基礎は一人一人の人間であり、各自の自覚がなければ自治は始まらない。

将来は他のアジアの人々とも自治について語り合い、アジア間の相互扶助関係を築く一石としたい。

 琉球、他のアジアを再び戦場にしないためにも、新たな地域関係を構築する必要がある。アジア同士を対立させる日米同盟関係から、自治を土台としたアジア地域との連合、協力関係に移行すべきであると考える。

米軍基地が集中する琉球は「日米同盟の要」とされてきた。自治の力によって基地と振興開発とのリンケージを断ち切り、日米同盟を無化し新たなアジア間関係を誕生させることができる主体として琉球人が期待されている。
スポンサーサイト



<< 石垣島の島民会議からのお便り | ホーム | 東アジア共同体の自治と琉球③ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP