FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立と民際外交

エルファイアーさんからのお返事です。



沖縄島と宮古島の間、などしばしば中国の潜水艦が行き来しているようですが、現在、自由に行き来しているのではないですか。

自由に、というのはただ単に通れるということでなく、政治的にあまり気兼ねなく、また捕捉・奇襲される心配もなない状態ならば、自由に、と言えましょう。今は中国軍が沖縄近海を通ることはそれなりに政治的意味が大きいため、自由に、とは言えないでしょう。

----------------------------------

>琉球国時代に、アジア諸国と外交関係をしてきた琉球人のDNAに、外交センスの根っ子が残っているかどうか。アジア諸国の世界の政治や経済における実力が高まり、日本の戦後政治経済体制に制度疲労が生じている中、琉球は独自の外交戦略をもって、アジア諸国との関係を独自で展開しなければ、これからの21世紀、琉球は生きていけません。

日本人よりは沖縄人の方が外交センスはありましょう。しかし、所詮は海という障壁に護られ、ユーラシアの残酷な歴史から隔離されてきた民族である以上、本質的に外交下手という性質は日本人とはあまり変わらないと考えて物事を組み立てたほうが安全であるかと思われます。

本当のところ、外交センスというのはいかに相手の考えを理解するかにかかっております。独立琉球の外務大臣になる人物は、マキャベリと孫氏とクラウゼヴィッツくらいは理解しておく必要があるかもしれません。

----------------------------------

>1970年代から、特別県政、自治州等、様々な提案をしてきましたが、日本政府は認めてきません。日本政府
>は自らの意思で承認しないでしょう。国際的な圧力を及ぼさなければ自治州、独立は認めないと思います。
>奄美を含めた自治州を考える際、「琉球王国」の復興ではなく、首里中心の支配体制の批判、各諸島の自決権を踏まえた自治体制の在り方を考える必要があります。太平洋には1万人の独立国もあります。

独立国家の連合体である独立琉球が成功すれば、これは大きな変革となりす。
安全保障の分野ですら『小よく大を制す』となれば、私たちは新たなる世界を迎えることになります。
日本も、諸地域の連合体としての日本に戻り、圧殺された地方文化を再生し、過疎化を止めることもできす。
私にとってのメインテーマである民族問題も解決の糸口が見えてくることでしょう。




私の回答です。


> >沖縄島と宮古島の間、などしばしば中国の潜水艦が行き来しているようですが、現在、自由に行き来しているのではないですか。
>
> 自由に、というのはただ単に通れるということでなく、政治的にあまり気兼ねなく、また捕捉・奇襲される心配もなない状態ならば、自由に、と言えましょう。今は中国軍が沖縄近海を通ることはそれなりに政治的意味が大きいため、自由に、とは言えないでしょう。
>
> ----------------------------------
中国潜水艦が日米両軍によって拿捕、航行阻止を受けたという事実を知りません。日米両軍が中国軍の太平洋への航行を制限していること示す、具体的なデータはお持ちですか。また中国軍が、琉球に米軍が駐留しているために太平洋への航行が自由に行いことができないとの見解を示したことはありますか。


>
> >琉球国時代に、アジア諸国と外交関係をしてきた琉球人のDNAに、外交センスの根っ子が残っているかどうか。アジア諸国の世界の政治や経済における実力が高まり、日本の戦後政治経済体制に制度疲労が生じている中、琉球は独自の外交戦略をもって、アジア諸国との関係を独自で展開しなければ、これからの21世紀、琉球は生きていけません。
>
> 日本人よりは沖縄人の方が外交センスはありましょう。しかし、所詮は海という障壁に護られ、ユーラシアの残酷な歴史から隔離されてきた民族である以上、本質的に外交下手という性質は日本人とはあまり変わらないと考えて物事を組み立てたほうが安全であるかと思われます。
>
> 本当のところ、外交センスというのはいかに相手の考えを理解するかにかかっております。独立琉球の外務大臣になる人物は、マキャベリと孫氏とクラウゼヴィッツくらいは理解しておく必要があるかもしれません。
>
> ----------------------------------
> 琉球も日本に併合された1879年以降、まともな外交をしてきていないので、民際外交によって外交術を磨く必要があります。一人ひとりの琉球人が国連、国際機関に行き、世界政治を動かす主体になる。1996年から、国連本部での外交活動に琉球人が参加してきました。今年も沖縄国際大学の2人の学生が国連欧州本部に行きます。琉球の平和立を実現するための外交実践の積み上げ、そして組織、政治主体として外交を展開しなければなりません。

> >1970年代から、特別県政、自治州等、様々な提案をしてきましたが、日本政府は認めてきません。日本政府
> >は自らの意思で承認しないでしょう。国際的な圧力を及ぼさなければ自治州、独立は認めないと思います。
> >奄美を含めた自治州を考える際、「琉球王国」の復興ではなく、首里中心の支配体制の批判、各諸島の自決権を踏まえた自治体制の在り方を考える必要があります。太平洋には1万人の独立国もあります。
>
> 独立国家の連合体である独立琉球が成功すれば、これは大きな変革となりす。
> 安全保障の分野ですら『小よく大を制す』となれば、私たちは新たなる世界を迎えることになります。
> 日本も、諸地域の連合体としての日本に戻り、圧殺された地方文化を再生し、過疎化を止めることもできす。
> 私にとってのメインテーマである民族問題も解決の糸口が見えてくることでしょう。

それぞれの民族の文化、歴史、誇りを認めること、つまり各民族の自決権の行使を具体化するための方法のひとつが独立であり、世界の国連加盟国はさまざまな困難を乗り越えて独立を達成し、自分たちの将来像を自分たちの手で切り開いてきました。各民族がそれぞれを認めうこと、互いの意見や存在を尊重することなど、民族問題の解決は、世界の問題であるとともに、この日本国内の問題でもあります。
スポンサーサイト



<< 琉球独立と自治 | ホーム | 第3回バブイサミットin台湾 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP