FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立と自治

アンダースみのりさんからのお返事です。

琉球独立の土台は自治です。強固な自治の意思と実践があるから、独立運動も自ずから住民の自然の要求として出てくるのです。それは石垣金星さんのこれまでの生き方をみていれば分かります。

ゆいまーる琉球の自治も、琉球の島々にすむ一人ひとりの島民による草の根的な自治を訴えてきました。





お返事遅れてすみません。自分のメール箱ばかり見ていました。

面白そうな本ですね!


早速読みたいと思います!

沖縄の自治や自立経済、産業についてはまだまだ勉強中ですが思うところがあり、是非実行しようとドイツから来ました。

いろいろ仲間と話し合ったり、案はあるのですが、、、

実際どこまで自治が自由なのか。

沖縄は風土が本土と全く違うので、危機感の高さも異なるし、同じ政策では無理がある事。
もともと違う文化で、戦時、戦後の被害や負担からも沖縄県は、日本政府にもっと沖縄に合った政策ができるような自治権を求められると思うのですが。

とりあえず、本を読みまーす。



私の返事です。

> お返事遅れてすみません。自分のメール箱ばかり見ていました。
>
> 面白そうな本ですね!
> 早速読みたいと思います!
>
> 沖縄の自治や自立経済、産業についてはまだまだ勉強中ですが思うところがあり、是非実行しようとドイツから来ました。

お返事ありがとうございました。強い意志でドイツから来られたのですね。琉球で具体的に何をされたいと考えていますか。研究ですか、会社設立ですか、地域活動ですか?

>
> いろいろ仲間と話し合ったり、案はあるのですが、、、

是非、ご提案をこのブログでもご紹介下さい。

> 実際どこまで自治が自由なのか。
>
> 沖縄は風土が本土と全く違うので、危機感の高さも異なるし、同じ政策では無理がある事。
> もともと違う文化で、戦時、戦後の被害や負担からも沖縄県は、日本政府にもっと沖縄に合った政策ができるような自治権を求められると思うのですが。

そう思います。日本と琉球とは根本的に異なります。ここに同じ法制度が「復帰後」38年間、適用されてきたのです。スペインのカタロニア、バスク等の自治州で特別な法制度が認められていますが、琉球ではそれさえありません。琉球から自治・独立を求める声を上げなくてはなりません。

>
> とりあえず、本を読みまーす。

よろしくお願いしまーす。



エルファイアーさんからのお返事です。



毎日、ものすごく暑くて溶けそうです。
山岳寒冷地出身の自分にはとても辛い日々です。



-----------------------
<スパム対策でURL数を制限されているようなので、http://の先頭のhを消します。>


>中国潜水艦が日米両軍によって拿捕、航行阻止を受けたという事実を知りません。日

米両軍が中国軍の太平洋への航行を制限していること示す、具体的なデータはお持ちで

すか。また中国軍が、琉球に米軍が駐留しているために太平洋への航行が自由に行いこ

とができないとの見解を示したことはありますか。

■中国軍、第1列島線突破を断言 海上摩擦増加も - 2010/08/07 19:33【共同通信】
ttp://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080701000720.html

共同通信社がトバシ記事を書くとは考えられないので、これはほぼ正確と言っていいで

しょう。
沖縄を始めとする連続島弧が、中国にとって明確な障害であること。
最近、海軍力がついてきたので、ようやくこの島弧を突破することが可能になった。


■海上連絡体制で日中協議 ヘリ接近受け2年ぶり
ttp://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072601000175.html
■中国海軍、沖縄近海を通過 計2隻、防衛省が動向注視
ttp://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070401000485.html
■日本近海での中国の活動に警戒感 政府、対応に苦慮も
ttp://www.47news.jp/CN/201005/CN2010050701000683.html
■中国軍ヘリ、警戒の護衛艦に接近 沖縄の南方海域
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042101000969.html
■中国軍艦が沖縄近海航行 浮上の潜水艦2隻も確認
ttp://www.47news.jp/CN/201004/CN2010041301000276.html
■中国海軍の新型軍艦確認 沖縄本島沖で海自機
ttp://www.47news.jp/CN/200612/CN2006122101000715.html

これらのニュースから、中国海軍が琉球近海を航行することは政治的行為となってしま

います。
中国にとって琉球近海とは、日米の反応というものを必ず考慮しなければならない海域

となっております。
そして、中国にとってみれば、日米の思惑を読み違えた瞬間に何らかの軍事的・政治的

不利益を被るリスクを抱えているわけです。

それでも、中国がやってくるのは、示威行為と日米の索敵能力を測るためです。
それと、どこまでやったら日本は怒るのかを見極めようとしているとも考えられます。


-----------------------

>自国通貨を持つことで、琉球独自の金融政策を行うことができます。米軍統治以来、

通貨政策を部外者に握られ、島の産業自立策にも支障がでました。産業の発展のために

も琉球独自の金融・為替政策を実施すべきだと思います。独立しない前でも地域通貨を

各地域で流通させることで、日本円を使わない空間を広げることも必要です。
>
>琉球独立のためには、自分の頭で考え、実行していくという自治が大前提になると思

います。日常的な自治的実践があって、人民の自己決定権の行使が具体化するのです。

世界初のNPO法人による中央銀行とか面白そうですね。
沖縄の経済状況を考えた場合、通貨を安定させることよりも、独自の金融政策を打てた

ほうがいいかと思います。




-----------------------


南シナ海については次々と各所で分析がされているみたいです。
自分も分析している所ですが、過去六十年に渡って歴史を精査する必要があるのかな、

と考えております。
こういうときには、過去の記事が残っている共同通信のようなニュースサイトは有難い

ですね。

-----------------------

ちょっと余談。

海流から考えた場合、琉球島弧は南から北へ文化が流れていくのが普通だと考えられる

。つまり、台湾諸民族の文化的影響が大きいと推測するのが普通だ。
しかし、実際には台湾よりも南九州との共通性の方が高い。(遺伝的にも)

先島は、考古学的には台湾と共通の文化圏であったこともあるらしいから、先島と沖縄

本島との距離が問題なんだろうか?

地図を見てみると、オーストロネシア諸族が越えてきた島嶼間距離は、殆どの場合
糸満―宮古島間よりも狭い。
しかし、古チャム人(サフィン文化)の分布を考えると、海南島―ベトナム間を越えね

ばならず、その距離は糸満―宮古島間とそれほど変わるわけではない。

そう思って、海流図を開いたところ、オーストロネシア語族は、その初期においては海

流に逆行して広がったように見える。

・・・・あれ?


スポンサーサイト



<< ソロモン諸島の地産地消、海外国としての仏領ポリネシア、南太平洋競技大会への琉球からの参加を | ホーム | 琉球独立と民際外交 >>


コメント

全ては〈独立〉から

独立してみないと、五分の一も全体像は掴めない! 憶測だけが、飛び交い合うだけです。 勇気と自信(過大評価と過小評価の両方共に気をつけなければならないが)を持って、世界に羽ばたく事、気概を身に付ける事。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP