FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美の戦争体験を、あまみFMが放送

8月7日の南海日日新聞が、あまみエフエムによる奄美の戦争体験放送について報じていましたのでお伝えします。
あまみFMの麓さんのお話を伺ったのが2007年ですが、地道に地域の人を結び、歴史を継承するための取り組みとされていると改めて感じました。このような自治的な取り組みに注目したいです。

このような戦に対する記憶が、徳之島への米軍基地移設反対運動の背景にあります。





NPO法人「あまみエフエム ディ!ウェイヴ」の夏休み企画「語り継ぐこと」が6日、県立奄美図書館であった。奄美出身の戦争体験者3人が、無線兵や徴用工員、挺身(ていしん)隊としての体験と平和への思いを語り、子どもや保護者ら約50人が静かに耳を傾けた。

 若い世代に戦争体験を語り継ぐ恒例企画。今年は本田嘉光さん(79)=奄美市名瀬=、中村輝雄さん(83)=奄美市笠利町=、岩崎昭子さん(82)=奄美市名瀬=が、語り部として体験を語った。

 龍郷町久場出身の岩崎さんは、奄美高等女学校卒業と同時に女子挺身隊として佐世保へ渡り、25ミリ機銃弾を作る工場作業に従事。泣き言を言わず頑張った少女らの思いを、自作の短歌で訴えた。長崎の造船所で原爆を体験した中村さんは、爆風や死体が積み重なった町の惨状を伝え、犠牲者への鎮魂の思いを語った。

 1945年3月、大島中学在学中の14歳の時、特設防衛通信隊の一人として徴兵され出兵した本田さんは、少年通信兵として徳之島の山中で過ごした体験を語った。

 本田さんは「当時は国のために尽くすことが名誉と教えられ、死ぬことが怖くなかった」と振り返り、「だが夜中に一人、暗号班に電報を届けるため走っている時は、親元に帰りたくて涙が出た。それこそが人間の本当の心」と話し、子どもたちに「命を大切にし、相手の立場でものを考えてほしい」と呼び掛けた。

 会場からは工場での作業や徳之島の司令部跡などについて質問が飛び、戦争体験者、未体験者それぞれに戦争に思いをはせていた。

 友人と二人で参加した住用中3年の河野彩音さん(14)は「周囲の体験者からも話を聞き、自分なりに考えたい。今すぐ戦争をなくすことは難しいかもしれないが、いつか世界から戦争がなくなるといい」と話した。
スポンサーサイト



<< 奄美諸島にとって「日本復帰」と米軍基地 | ホーム | 先住民族としてのチャモロ人、日本とグアム戦時賠償請求、パラオの伝統法 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP