FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島の子供とサンゴ

8月17日の八重山毎日新聞にサンゴの観察を石垣島の子供たちが行っている記事がのっていましたので、お伝えします。


「自分のサンゴ」といってサンゴをいつくしむ石垣島の子供たちの心に、希望が見出せます。





「マイサンゴ」調査も4年目、富野小中校

 サンゴが白化したあと、回復したり、死滅したりする経過を富野小中学校の全校児童生徒16人が7月14日から今月11日にかけて同校近くの海岸で観察し、「サンゴの短期的な変化を記録することは研究者でも難しい」と評価されている。

サンゴが白化から回復した時には、子どもたちから「だいぶ元気になった。うれしい」との感想が聞かれ、地道な取り組みを通じてサンゴへの愛着を深めている様子がうかがえた。

 WWFジャパンサンゴ礁保護研究センターによると、郡内のサンゴ礁では7月上旬から中旬にかけて、海水温が30度を超える状態が長く続くなどしたため、各地で白化がみられた。その後、雨や台風4号の接近によって海水温の高い状態は解消され、白化現象も落ち着いたという。

 同校の子どもたちは、これらの時期と重なる7月14日と同28日、今月11日の3回にわたって同校から約500メートル離れた海岸で、サンゴの白化から回復・死滅までを観察。

 同校は児童と生徒が観察対象のサンゴをそれぞれ決めて「マイサンゴ」と呼び、大潮に合わせて定期的に観察する取り組み「コーラルウオッチ」を行っており、観察は今年で4年目。卒業した中学生のマイサンゴを後輩が引き継ぐなどしており、現在は24個のマイサンゴを観察する。


 白化の経過はコーラルウオッチの一環で観察した。担当の富川淳教諭(34)によると、7月14日の観察では大部分が白化。白化は海から干上がった枝サンゴを中心に広がったが、種類によっては影響を受けないサンゴもあり、富川教諭は「子どもたちはサンゴの種類によっては白化しにくいものがあると考えるようになっている」と話す。

 今月11日には白化したサンゴに色が戻ったり、色が戻らないまま死滅したりしているのを確かめた。
 子どもたちの感想も白化の経過によって変化し、白化している時期には「残念」などとしていたものが、その後の回復で「だいぶ元気になった。うれしい」などとなった。

 今回の観察の一部に立ち会ったWWFジャパンサンゴ礁保護研究センターの佐川鉄平氏は「サンゴの短期的な変化を記録することは研究者でも難しい。サンゴの身近なところにいる小中学生がその役割を担った意義は大きい。モニタリングは長く続けることが重要だが、その意味で卒業生のマイサンゴを後輩が引き継ぐ仕組みがある点も素晴らしい」と評価している。

【サンゴの白化】
 サンゴには「褐虫藻(かっちゅうそう)」と呼ばれる藻類が住みつき、サンゴが色づいてみえるのは、褐虫藻の色素。何らかのストレスで褐虫藻がサンゴから抜け出し、サンゴから色彩が失われて白くみえるのがサンゴの白化。ストレスには高水温や汚染など複数の要因が考えられている。
スポンサーサイト



<< 中国と琉球との関係  | ホーム | 奄美諸島にとって「日本復帰」と米軍基地 >>


コメント

先ずは自然環境を捉える意識改革

ウチナーンチュみんなが、精神、感性のゆとりを保ち続ける為にも、これからはより重要になってくると思われますが、珊瑚もそうですが、動物植物それから自然環境を鋭敏に捉える意識改革と広範な発展性のある情報ですね。周囲、近隣の国々、あらゆる民族との繋がりは大自然を通じ、初めて理解し合える訳です。
そして、大自然は保全するだけでなく、人間の情緒性の発展に深く寄与してきますから、特に、生まれた郷土でもある訳で、私達自身、強い意思を持って、大自然に対する慈しみの心をより一層養う事ですね。

〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

頭でっかちに陥らない!

琉球=沖縄問題は、とかく、頭でっかちな議論ばかりに終始して、基本であり、至上である、感性、感受性、情操性はいつも後回しの蔑ろにされていっている様で辛い思いばかりしています。
単純に生きれる、大自然を語り尽くせる素晴らしさは、どんな政治談議にも勝っていると思います。 複雑怪奇なモノではないですか。所詮、世の中は。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP