FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンダースみのりさんの琉球改革政策案

本ブログに投稿されている、アンダースみのりさんは、沖縄知事選への立候補を考えておられます。アンダースさんのご許可をいただき、政策案をご紹介します。ちかくHPで本格的な政策案を発表される予定ですので、詳しくはそちらをご覧ください。琉球の自立、自治、独立に関する議論が活発になればと思い、紹介することにしました。




周知の通り、基地による健康被害、自然破壊、経済損失は沖縄の大きな負担で、未来に引き渡してはいけないものだと思います!

人道的にも、即普天間、嘉手納を先頭に段階に分けて飛行減少、停止を迫ります。

日米はもちろん反対しますので、軍被害の国と連帯した国際的な世論と、沖縄独立論を提案する事になる事になると思います。本気で基地をどけるなら、独立してでもやるぞという真剣さ、そして経済状況を自分たちで作る、という強さを少なくとも県知事が持っていることが必要だと思います。この辺が国際間では、重要な意思表示になってくると思います。


私は日米の軍両方とも撤退させ、沖縄に合った救援のための救助隊を置けたらいいと思っています。

軍隊を持たない国を参考に安全保障の同盟を組むことも考えられるし、その独特の自然を守るための国防でもいいと思います。戦争による環境破壊をこれからの時代は、他の国々とも連帯して守っていければいいと思っています。

基地の全面撤去に先立ち、今年中に汚染の調査、回復への段取りを既に開始したいです。これは我々県民の財産であり、守る義務が私たちにはあるからです!
ヨーロッパの感覚では本当に考えられません!




教育では、まず始めたいユニークな勉強会を提案します。

農業文化協会出版の、自然の中の人間シリーズという本があります。自然の中で人間が今までどんなふうに産業を興してきたのか、分かりやすく書いてあります。絵本の様なものですが、土、海、川、森林、菌、虫、、、などとの関わりや気をつけて守っていかなければならないことなどが、かなり良く分かるようになります。まだ模索中ですが、こういうのを参考にしてもいいと思います。

毎日90分間、会社や学校、主婦なら公民館などを利用して半年間ほど字が読める、県民全員に試みたいと思っています。


キューバやブータンと違い、民主主義の沖縄は市民の意思によって行政が行われます。今は、環境や事業もほんの一部の人によってしか理解されていない、問題視されない事が消化不良の原因になっていると思います。

知識的にはまだまだきっかけに過ぎないかもしれませんが、学習の中で、砂で山を作り、川の構造を実際に流すことで知る、地下水の仕組み、、、などをほとんどの県民が知っているという地域は他には例がないと思います。
私は初めは私や他の人の提案を行政として試してもらいたいと思っています。しかし、そのあとの行政は商売にしろ、鉄道や街づくりでも、市民一人一人が時間をかけて手作り感覚で紡いでいってほしいのです。それこそ1000年計画で。



もし、うまくいけば、勉強会を引き続き子育てや夫婦間をテーマにした学習(離婚が多いので)、琉球文化へと続けていきたいと思っています。

これによって、勉強する習慣をつけること、コメの育ち方や生活に関わる身近な物の事を理解できれば、生活の上で生きるし、今までずっと使っていて不思議だと思っていた事が分かるという事は楽しいです。希望や可能性、無駄も分かるようになると思います。


そして何よりの効用は、子供たちに親が野球中継やパチンコ、夫婦げんかばかりしている姿ではなく、何か学ぶ、学んだことについて話し合う親の姿が見られる機会が増えるという事です。


教育では北欧のシステムで成功している、少人数制や課外活動、小学校後の学童、、また大学、専門学校の無料化が挙げられます。これは大人でもそうです。また、入学資格の拡大、卒業時のレベルアップも考えています。また、既に支払った方への段階的な支払いも必要だと思います(そうでないとやはり不平等感が否めません)。

2ヶ月間の長期休暇を取り入れ、そのうち1か月はサマーキャンプなどの意味合いで、県内離島や、中学生では県外、高校生では海外へ企画したいです。環境の変化は人を成長させたり、新たな目を養う可能性を広げるだけでなく、子供がいなくなったときに両親が改めて子育てを考えて見れる機会になったりします。

また、違うところへの文化、語学、産業、、などの勉強の実践は机の上だけでは終わらない生き生きとしたものになると思います。




雇用とも関連するのですが、沖縄県は第一次産業が破滅的に少なく、県は特に穀物の生産に積極的に働きかけていけたらいいと思います。収入、技術支援、住居、その他、子育てや介護、英語研修、余暇施設等。

しかも、先見性のある、有機農業です。しかし、これもただやればいいというようなことでは、安定するまで10年も20年もかかってしまうのです。なので、他の職業と同じように、日に何時間かは勉強会、技術習得会をしていこうと思っています。

安定した雇用には、まず先に専門学校や短大くらいの学習期間が実は遠回りのようで、もっとも着実な方法ではないかと思うのです。

北欧では、学生の為の補助金が月2万程度、4年間支払われます(ドイツでは半額は就職2年後くらいから返済義務)。また、専門学校など、実際に労働を兼ねる場合は月5万くらいですが、収入もあります。また、保険、住居、交通費、劇場などの割引があります。子どもがいたり、借金返済が既にある場合はさらなる補助(無利子で貸す等)を考えるほうがいいと思います。

一度躓いたら貧乏から脱出できない、そして全く責任のない子供まで世代を超えて巻き込まれる負の連鎖は、広がりやすく地域社会を壊してしまいます。

ヨーロッパでは、観光業や輸出で稼いだお金、一定の高さを超えた高収入者からは税金を多くとります。また、65歳が定年です。
仕事は健康状態にもよりますが、歴史案内や民芸具制作など農業でも軽めのものを用意し、短時間でもいいと思います。逆に社会から必要とされる事で健康や生きがいを保つ為に良いと思います。




また、環境問題を含め、日米以外の中立国の複数の環境調査を直ぐにしてもらいたいと思います。
直ぐに環境保全をしなければならないところは、公共設備投資の一環で直ぐに取り掛かれたらいいと思います。大変なところは業者へ雇用になりますが、一般の参加を勉強と実践を兼ねて、みんなで行う事に充実感があると思います。
そして知事や首相が変わってもその貴重な自然が、永久に守られるように国際的な自然保護法を活用できたらいいと思います。

そして、観光ホテルをはじめ、テーマパークやゴルフ場は県が管理する方がいいと思います。後々は市町村に運営させる方がいいと思いますが、そうでないと環境破壊や県の文化に沿わない事業を展開させられ、逆に損失になるからです。


産業では、基本的に自給自足、地産地消、プラス 教育、医療、自然エネルギー利用、です。一つ一つ数えると100を超えるプランになってしまいます。

食べ物はもちろん、衣類や紙、飲料水、、、等を品質チェックや県外、海外研修、しながら試行錯誤していきたいと思っています。生物多様性じゃないけど、生き方の可能性もいろいろあったほうが、経済が安定すると思うからです。

でも、私は基本的には提案と支援だけで、市民がやりたい事をやっていけるようにしていこうと思っていまーす。
スポンサーサイト



<< 石垣島とパラオとの交流、サイパンへの沖縄慰霊団の訪問、自由連合国としてのマーシャル諸島 | ホーム | 琉球独立と海洋 >>


コメント

周囲に対して、偏狭と恐れだけでは、独自性なるものは決して養われない 。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> 周囲に対して、偏狭と恐れだけでは、独自性なるものは決して養われない 。


琉球人さん、賛同人になってくださり、感謝します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP