FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島とパラオとの交流、サイパンへの沖縄慰霊団の訪問、自由連合国としてのマーシャル諸島

2003年5月、6月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

私がパラオに住んでいたときにもパラオと石垣島とは互いの近さ、技術交流の必要性を両島民とも認識していました。日本政府に頼らない、島同士の交流がさらに盛んになればいいと思います。



6/4 PIR
  石垣島からパラオへの黒真珠養殖の技術移転が実現する。

レメンゲソウ大統領は、今年、黒真珠の養殖技術が石垣島からパラオに導入されるだろうと述べた。これは沖縄で開催された島サミットの際、大統領が石垣島を訪問したときに決定された。

石垣島の黒真珠関係者がパラオを訪問し、州政府との間で合弁企業の設置に関する話し合いをする予定になっている。すでにパラオ内の4つの地域が黒真珠養殖に適しているとされている。また、大統領は、石垣島からの技術移転により害虫の駆除も行われるだろうと述べた。それが実現すれば、パラオ産果物の日本への輸出が可能になる。



琉球とサイパンは、日本政府による「捨て石」作戦の犠牲になったという共通の歴史をもっています。また、戦前、日本の委任統治領であったことから、多くの琉球人も島に移住し、ともに生活し、働くという経験もあります。これらを財産にして、これからも互いに連携できればと希望しています。

宜野座会長をはじめとする慰霊団による地道な慰霊活動、交流活動はもっと評価されてもいいと思います。



6/9 PIR
  沖縄県の慰霊団がサイパンを訪問した。

沖縄から150人の慰霊団がサイパンに到着し、バンザイ・クリフにおいて34回目の慰霊祭を行った。慰霊祭では、団員が死者の霊を鎮め、平和への祈りをこめて、「四つ竹」という沖縄の伝統的踊りを舞った。

また、サイパンのホテルにおいて、北マリアナ諸島と沖縄の友好パーティーが開かれ、地元の人々との交流が行われた。北マリアナ諸島議会の議員とベナベンテ知事代理は、慰霊団の宜野座団長に対し、34年間、北マリアナ諸島との友好関係を続けたことに対して、記念決議書を手渡した。



自己決定権行使の一つに自由連合国になるという選択肢があります。大国の軍事権を認める代わりに援助金を得るという関係です。琉球独立の最大の目的は、米軍基地の撤去ですので、自由連合国ではなく、完全独立が目標になると考えます。世界の島嶼国をみると、琉球は日本政府からの補助金がなくても、ひとり立ちできる可能性をもっていると思います。自治、自立、独立の精神があるか、そのための具体的な方策があるかどうかが課題となります。



5/2 PACNEWS
  マーシャル諸島が米国と20年間の自由連合盟約を締結した。

自由連合盟約によりマーシャル諸島は米国より、これから20年にわたり経済援助をうけ、さらに、2023年以後に利用できる信託基金も設立されることになる。1986年にマーシャル諸島と米国との間に最初の自由連合盟約が締結された際に、1940年代、50年代に行われた核実験による損害を補償するための信託基金として1億5千万ドルを米国は提供した。
スポンサーサイト



<< 琉球独立に関する「琉球人さん」のご提案 | ホーム | アンダースみのりさんの琉球改革政策案 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP