FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立に関する「琉球人さん」のご提案

琉球独立に関する「琉球人さん」のコメントをご紹介します。
前向きのご提案ありがとうございます。




全ては〈独立〉から
独立してみないと、五分の一も全体像は掴めない! 憶測だけが、飛び交い合うだけです。 勇気と自信(過大評価と過小評価の両方共に気をつけなければならないが)を持って、世界に羽ばたく事、気概を身に付ける事。


琉球オリンピック開催を提案
沖縄で世界のスポーツの祭典オリンピックを開催する。どうでしょうか?



私のご返事です。

興味深いご提案ありがとうございます。平和を希求する島において、平和の祭典オリンピックを開催することは
非常に望ましいことです。しかし、現状では、平和に対立する米軍基地が琉球を占拠しており、ボイコットする国や地域がでるかもしれまん。琉球独立後、基地を全て撤去したあとに、カネもうけ主義ではない、本来の平和の祭典としてオリンピックが開催できたらいいですね。



琉球人さんのコメントです。


先ずは自然環境を捉える意識改革
ウチナーンチュみんなが、精神、感性のゆとりを保ち続ける為にも、これからはより重要になってくると思われますが、珊瑚もそうですが、動物植物それから自然環境を鋭敏に捉える意識改革と広範な発展性のある情報ですね。周囲、近隣の国々、あらゆる民族との繋がりは大自然を通じ、初めて理解し合える訳です。

そして、大自然は保全するだけでなく、人間の情緒性の発展に深く寄与してきますから、特に、生まれた郷土でもある訳で、私達自身、強い意思を持って、大自然に対する慈しみの心をより一層養う事ですね。


頭でっかちに陥らない!
琉球=沖縄問題は、とかく、頭でっかちな議論ばかりに終始して、基本であり、至上である、感性、感受性、情操性はいつも後回しの蔑ろにされていっている様で辛い思いばかりしています。

単純に生きれる、大自然を語り尽くせる素晴らしさは、どんな政治談議にも勝っていると思います。 複雑怪奇なモノではないですか。所詮、世の中は。

琉球には世界中の枠を越えた文化交流センターが必然
琉球人自身の世界知らずの無知蒙昧を戒める為にも、世界の新しい試みと発展を図る上でも、あらゆる地域の人種民族の垣根を越えた、文化交流センターと、更に、地球上のあらゆる動植物までも包括的に含められる博物館の建設を提案したい



私の回答です。


琉球人自身の世界観をさらに広げる必要がありますね。世界の中に琉球、琉球人を位置づけ、考えるということが現在においても必要とされています。世界中の人々、民族が平和、自治、平和について語り、交流する島に琉球がなれば、それが琉球の安全保障となります。真の安全保障とは、武力の強化ではなく、世界中の人々から信頼されることです。
スポンサーサイト



<< 琉球独立宣言と最新の賛同者リスト | ホーム | 石垣島とパラオとの交流、サイパンへの沖縄慰霊団の訪問、自由連合国としてのマーシャル諸島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP