FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立に関する議論

エルファイアーさんからのコメントです。




うおー、賛同人増えてますね。

さて、気になることがあるので少し。
加計呂麻人さんの言葉通り、防衛は軍事的な抑止力を使うのが情動であります。
しかし、軍事的な抑止力については専門家や軍板で議論がなされておりますので、ここでは非軍事的な抑止力をどう成立させるかということに注力したほうが良いように思われます。


『沖縄が中国領』発言でございますが、これは誰が発言した、というよりも、日米に配慮して公式発言をしないだけで、中国人にとってはあまりにも当たり前のことで、ごく自然にこういう言説が出てきます。
現在は、中共政府が国民を押さえつけられているために何事もないですが、国民の突き上げを食らってポピュリスト的政権になった場合は注意が必要です。



>米軍は中国と一戦を交えるリスクを冒すほど、日本を守ろうとは考えていないのでは。


まあ、どの大国も大国同士の戦争なんて悪夢は見たくないのです。よって、大国同士では様々なレベルの挑発や声明、示威行為により会話めいたことをします。示威行為や経済制裁はしても、大国同士の戦争の一歩手前で泊まろうとします。(逆に言って、戦争にならないのならば、ギリギリまで利益主張してきます。)

>国際法で公海航行の自由は認められているので、違法行為ではないと思いますが。

違法適法ではなく、その行為がどの様な意志を以て行われているかです。
具体的に言えば、中国海軍は沖縄近海に船をうかべることで、米国に東シナ海における覇権の交代を要求したのです。

>シンガポールはマレーシアから分離独立しました。
本筋とは全く関係ありませんが気になったので。
シンガポールは自発的に独立したのでなく、放棄されてのです。
マレーシアの華僑対策の一環として華僑比率の高い領土(シンガポール)を放棄しました。
マレーシアの一州としてやっていくとばっかり思っていたシンガポールは晴天の霹靂で、慌てて独立国家を作ったそうで。
それが今では世界髄一の金融都市ですから歴史は分かりませんね。


米国と中国の対立が顕在化した件ですが、中国が世界の市場であることを放棄し始めたことに対する反発みたいですね、
世界の市場にならないのなら、単なる厄介者、ということでしょうか。
まあともかく、中国は、満洲利権をアメリカに開放しなかった大日本帝国みたいな間違いを犯そうとしているということです。

>太平洋諸島にすむ民族の源流は、台湾、東南アジア諸島であるといわれています。広大な太平洋を民族はカヌーにのって移動してきました。

オーストロネシア語族が急速に南下したのは、当時の東南アジア海洋部が新石器革命をしていないために人口密度が薄く、進出が容易であったためらしいです。

その点、沖縄は既に新石器革命を通過しているために、直接的な大量移民が起こらなかったらしいです。

>我々琉球人も海洋民族であり、オーストロネシア語族に含まれ、マダガスカルから太平洋諸島までに渡ってすむ民族を仲間であると考えています。私も太平洋の島々にいくと、琉球人、琉球との近さを感じます。

考古学から検証してみると琉球人はまさに境界線上の民です。
私は東ユーラシアを大体四つの集団に分けて(そんなに綺麗には分かれませんが模式的に)考えます。
北部(ウラル系、チュルク系、モンゴル系)
中部(古アジア系、ツングース系、日本、チベット、華北系、朝鮮)
オーストリック(オーストロアジア系、タイ・カダイ系、オーストロネシア系)
オーストラロイド(パプア系、オーストラリア先住民、アンダマン諸島民、オランアスリの一部)

このうち、中部の要素とオーストリックの要素の様々な境界線が沖縄の北や南に通っております。

もしかしたら、中部の文化とオーストリックの文化を両方理解しやすいのは沖縄の民だけではないだろうか、とも思います。




私のお返事、質問です。


> うおー、賛同人増えてますね。

少しでも多くの方が沖縄独立について自分の問題として考えてほしいと思います。


>
> さて、気になることがあるので少し。
> 加計呂麻人さんの言葉通り、防衛は軍事的な抑止力を使うのが情動であります。
> しかし、軍事的な抑止力については専門家や軍板で議論がなされておりますので、ここでは非軍事的な抑止力をどう成立させるかということに注力したほうが良いように思われます。

軍事的抑止力について専門家や軍人が語るものの考え方と、沖縄人が自らの生活から考えるものの考え方はまるで異なります。沖縄の米軍基地は日本の抑止力になるという結論が、沖縄人にとっては自分の生命に対する大きな脅威となります。

>
>
> 『沖縄が中国領』発言でございますが、これは誰が発言した、というよりも、日米に配慮して公式発言をしないだけで、中国人にとってはあまりにも当たり前のことで、ごく自然にこういう言説が出てきます。
> 現在は、中共政府が国民を押さえつけられているために何事もないですが、国民の突き上げを食らってポピュリスト的政権になった場合は注意が必要です。

上のような結論は推測の域をでません。戦後、中国政府による沖縄に関してどのような公式見解を出してきたのか調べましたか。

>
>
>
> >米軍は中国と一戦を交えるリスクを冒すほど、日本を守ろうとは考えていないのでは。
>
>
> まあ、どの大国も大国同士の戦争なんて悪夢は見たくないのです。よって、大国同士では様々なレベルの挑発や声明、示威行為により会話めいたことをします。示威行為や経済制裁はしても、大国同士の戦争の一歩手前で泊まろうとします。(逆に言って、戦争にならないのならば、ギリギリまで利益主張してきます。)
>
> >国際法で公海航行の自由は認められているので、違法行為ではないと思いますが。
>
> 違法適法ではなく、その行為がどの様な意志を以て行われているかです。
> 具体的に言えば、中国海軍は沖縄近海に船をうかべることで、米国に東シナ海における覇権の交代を要求したのです。

中国政府の「意思」をどのように具体的に検証しましたか。船を浮かべるだけで米国の覇権と交代できないでしょう。

>
> >シンガポールはマレーシアから分離独立しました。

> 本筋とは全く関係ありませんが気になったので。
> シンガポールは自発的に独立したのでなく、放棄されてのです。
> マレーシアの華僑対策の一環として華僑比率の高い領土(シンガポール)を放棄しました。
> マレーシアの一州としてやっていくとばっかり思っていたシンガポールは晴天の霹靂で、慌てて独立国家を作ったそうで。
> それが今では世界髄一の金融都市ですから歴史は分かりませんね。


独立の経緯はどうであるにせよ、立派な独立国になっており、琉球も独立国としてのシンガポールから学ぶことはたくさんあります。学ぶべき小国は他にも世界中にあります。

>
>
> 米国と中国の対立が顕在化した件ですが、中国が世界の市場であることを放棄し始めたことに対する反発みたいですね、
> 世界の市場にならないのなら、単なる厄介者、ということでしょうか。
> まあともかく、中国は、満洲利権をアメリカに開放しなかった大日本帝国みたいな間違いを犯そうとしているということです。
>
> >太平洋諸島にすむ民族の源流は、台湾、東南アジア諸島であるといわれています。広大な太平洋を民族はカヌーにのって移動してきました。
>
> オーストロネシア語族が急速に南下したのは、当時の東南アジア海洋部が新石器革命をしていないために人口密度が薄く、進出が容易であったためらしいです。
>
> その点、沖縄は既に新石器革命を通過しているために、直接的な大量移民が起こらなかったらしいです。

これは誰の説ですか。

>
> >我々琉球人も海洋民族であり、オーストロネシア語族に含まれ、マダガスカルから太平洋諸島までに渡ってすむ民族を仲間であると考えています。私も太平洋の島々にいくと、琉球人、琉球との近さを感じます。
>
> 考古学から検証してみると琉球人はまさに境界線上の民です。
> 私は東ユーラシアを大体四つの集団に分けて(そんなに綺麗には分かれませんが模式的に)考えます。
> 北部(ウラル系、チュルク系、モンゴル系)
> 中部(古アジア系、ツングース系、日本、チベット、華北系、朝鮮)
> オーストリック(オーストロアジア系、タイ・カダイ系、オーストロネシア系)
> オーストラロイド(パプア系、オーストラリア先住民、アンダマン諸島民、オランアスリの一部)
>
> このうち、中部の要素とオーストリックの要素の様々な境界線が沖縄の北や南に通っております。
>
> もしかしたら、中部の文化とオーストリックの文化を両方理解しやすいのは沖縄の民だけではないだろうか、とも思います。


東ユーラシアの範囲はどこまでですか。パプアニューギニアとオーストラリアまで含むのですか。ミクロネシア、ポリネシア、メラネシアの人々はどこに属するのですか。
中部の文化とオーストリックの文化を沖縄人が理解するというとき、その「理解」は具体的に、何を、どのように理解できるのですか。



アンダースみのりさんからのコメントです。



琉球独立について、ここまで知識人の方たちの熱意があるとは、、、驚きました。

私は個人的には、どちらでも良い。です。

しかし独立したほうが、琉球の経済、健康、文化、そして環境保護に良いと判断できる、今の状態では、独立に賛成です。

沖縄県で一番問題なのは、生活への自給自足力だと思います。それと医療、環境保護。
幸運なことに自然環境や気候には恵まれています。

他の国が困った時は、援助できるくらいを目標に先見性を持って復興していきたいものです。

自分たちだけ幸福ならいいではない、他の人たちの幸福も願う。
それが琉球の心、ゆいまーるですものね。

スポンサーサイト



<< 奄美諸島の薗さん、前利さん、高良さんの活動 | ホーム | 琉球独立と中国・台湾 >>


コメント

こんばんは。
夜だけは涼しくなってきて、ようやっときちんと眠れそうです。
今年は二つの異常気象の相乗効果で更にオカシクなった年みたいですね。



>上のような結論は推測の域をでません。戦後、中国政府による沖縄に関してどのような公式見解を出してきたのか調べましたか。

公式云々じゃなく、肌で感じたことです。
本音ってものは、ポロっとこぼれ出るものなのだなぁ、と、まあ、思うわけですよ。面と向かって話すと。身バレしたくないんで、あんまり書きませんけどね。


>> >太平洋諸島にすむ民族の源流は、台湾、東南アジア諸島であるといわれています。広大な太平洋を民族はカヌーにのって移動してきました。
>>
>> オーストロネシア語族が急速に南下したのは、当時の東南アジア海洋部が新石器革命をしていないために人口密度が薄く、進出が容易であったためらしいです。
>>
>> その点、沖縄は既に新石器革命を通過しているために、直接的な大量移民が起こらなかったらしいです。
>
>これは誰の説ですか。
>

少し書き方が悪かったですね。
オーストロネシア語族の南下については『銃 鉄 病原菌』より。
当時の沖縄の状態については、考古学と『銃 鉄 病原菌』を組み合わせての推論です。


>東ユーラシアの範囲はどこまでですか。パプアニューギニアとオーストラリアまで含むのですか。ミクロネシア、ポリネシア、メラネシアの人々はどこに属するのですか。


東ユーラシアは、大体のところ、ビルマ~チベット~甘粛省~モンゴル~東シベリア、よりも東の一帯です。地形的にはパプアニューギニアとオーストラリア、オセアニアを含まないような表記ですが、ある程度に御文化的遺伝的共通性があるので含みます。

ミクロネシア、ポリネシアの一帯は、オーストロネシアに含めて考えますが、ハルマヘラ島とメラネシア一帯は、オーストリックとオーストロネシアが混在したり、混ざったりしています。
無論、あくまで大づかみな考え方ですから、厳密にこう、というわけではありませんが。


>中部の文化とオーストリックの文化を沖縄人が理解するというとき、その「理解」は具体的に、何を、どのように理解できるのですか。

文化圏の違いは常識の違いを産みます。
ある文化圏では当然のことが別の文化圏では当然でない、ということは度々起こります。
文化圏と文化圏の中間地帯に居る人々は、ある文化にとっぷりと浸かっている人よりも見聞が広まりやすいのかな、と思った次第。

Re: タイトルなし

> こんばんは。
> 夜だけは涼しくなってきて、ようやっときちんと眠れそうです。
> 今年は二つの異常気象の相乗効果で更にオカシクなった年みたいですね。

昨日、パラオから帰ってきましたが、熱帯のパラオのほうが涼しかったです。


>
>
>
> >上のような結論は推測の域をでません。戦後、中国政府による沖縄に関してどのような公式見解を出してきたのか調べましたか。
>
> 公式云々じゃなく、肌で感じたことです。
> 本音ってものは、ポロっとこぼれ出るものなのだなぁ、と、まあ、思うわけですよ。面と向かって話すと。身バレしたくないんで、あんまり書きませんけどね。

中国政府が具体的に琉球に対してどのような見解をしめし、中国人研究者が考えているかについては『島嶼沖縄の内発的発展』の三田論文を読んでみてください。

>
>
> >> >太平洋諸島にすむ民族の源流は、台湾、東南アジア諸島であるといわれています。広大な太平洋を民族はカヌーにのって移動してきました。
> >>
> >> オーストロネシア語族が急速に南下したのは、当時の東南アジア海洋部が新石器革命をしていないために人口密度が薄く、進出が容易であったためらしいです。
> >>
> >> その点、沖縄は既に新石器革命を通過しているために、直接的な大量移民が起こらなかったらしいです。
> >
> >これは誰の説ですか。
> >
>
> 少し書き方が悪かったですね。
> オーストロネシア語族の南下については『銃 鉄 病原菌』より。
> 当時の沖縄の状態については、考古学と『銃 鉄 病原菌』を組み合わせての推論です。
>
>
> >東ユーラシアの範囲はどこまでですか。パプアニューギニアとオーストラリアまで含むのですか。ミクロネシア、ポリネシア、メラネシアの人々はどこに属するのですか。
>
>
> 東ユーラシアは、大体のところ、ビルマ~チベット~甘粛省~モンゴル~東シベリア、よりも東の一帯です。地形的にはパプアニューギニアとオーストラリア、オセアニアを含まないような表記ですが、ある程度に御文化的遺伝的共通性があるので含みます。

ユーラシアですと、梅棹忠夫さんの『文明の生態論』が有名ですが、基本的に大陸ではないですか。地政学でも大陸と島嶼(または海洋)はわけて論じていますね。


>
> ミクロネシア、ポリネシアの一帯は、オーストロネシアに含めて考えますが、ハルマヘラ島とメラネシア一帯は、オーストリックとオーストロネシアが混在したり、混ざったりしています。
> 無論、あくまで大づかみな考え方ですから、厳密にこう、というわけではありませんが。


私はメラネシアのフィジー、ニューカレドニアに行ったことがありますが、具体的にどのように何が「混在」しているのですか。

>
>
> >中部の文化とオーストリックの文化を沖縄人が理解するというとき、その「理解」は具体的に、何を、どのように理解できるのですか。
>
> 文化圏の違いは常識の違いを産みます。
> ある文化圏では当然のことが別の文化圏では当然でない、ということは度々起こります。
> 文化圏と文化圏の中間地帯に居る人々は、ある文化にとっぷりと浸かっている人よりも見聞が広まりやすいのかな、と思った次第。

これも、具体的な事例を示してもらわないと、「本当にそうだ」と心から理解できませんね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP