FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美諸島の薗さん、前利さん、高良さんの活動

8月14日の南海日日新聞に、奄美諸島の自然を守る運動を長年されて、ゆいまーるの集いにも参加された薗さんと、ゆいまーる琉球の自治の理事である高良さんと前利さんの活動が報じられていましたので、お伝えします。





 貴重な動物が生息する奄美市住用町市集落の森林で伐採計画が進められているとして、奄美の自然と景観を守る会(薗博明代表)は13日、朝山毅市長へ「計画を中断するよう業者を説得し、伐採地を含む周辺一体の綿密な生態系調査を緊急に実施してほしい」と申し入れた。

 同会や市側によると、伐採計画地は市集落の大川上流付近の森林1・5ヘクタール。6月に市民から伐採届が市側に出され、市側は書類に不備がないことから現地を確認して7月に適合通知を出した。

 申し入れ書などで、同会は(1)伐採予定地には種の保存法で保護されているアマミノクロウサギ、アマミヤマシギや国天然記念物のオーストンオオアカゲラ、アカヒゲ、ルリカケスのほか、絶滅が危惧されているオットンガエル、イシカワガエルが生息、大川には世界中で奄美大島だけに残るリュウキュウアユがいる

(2)周辺一体の自然は奄美や県、日本、さらには地球のかけがえのない「公共財」で宝―と指摘している。

 同会は環境保護や観光関係の11団体で構成する。申し入れ後、薗代表は大島支庁記者クラブで会見し、「伐採が進められると、奄美大島の多様な生態系の破壊につながるだけでなく、世界自然遺産登録への大きな障害になる。

奄美の将来全般に影響する重大な事態であり、取り返しのつかぬ悔いを残さないために、市側は毅然たる態度で緊急に対応してほしい」などと語った。奄美の林業のあり方について林業関係者とも話し合いたいという。

 伐採計画地の現況確認調査には市教育委員会が立ち会い、市教委はオットンガエルやオーストンオオアカゲラ、ルリカケスなどを確認した。市集落後方の山林では別に3・5ヘクタールの伐採届が出ており、市教委は貴重な動植物が生息する森林の伐採を懸念している。

林業との共生も視野に、10月にも住用町を含む市内全域で生物多様性の調査をする考えだ。




徳之島の自然と平和を考える会(椛山幸栄会長)の勉強会が12日夜、徳之島町文化会館であった。8日にあった「徳之島への米軍基地移設反対」8・8徳之島一周命のタスキリレー&平和集会(同実行委員会主催)を検証したほか、詩人で批評家の高良勉さんと知名町役場職員で自治労大島地区本部副委員長の前利潔さんを招いて、米軍基地移設反対運動について議論を交わした。

 命のタスキリレーについてメンバーからは、「島民が心を一つに取り組んだ。気持ちがつながった。若い世代も参加してくれた」と評価する意見が多かった一方、「準備が足りなかった」「地区によっては盛り上がり過ぎて自制できない場面もあった」と反省の言葉も聞かれた。

 椛山会長ら幹部らは「若いメンバーからタスキリレーのアイデアが出たことがよかった。各地区を回ることで多くの住民が共有できる運動となった。今後も活動に参加しやすい雰囲気作りが大切だ」などと述べた。

 米軍基地移設問題で徳之島との連帯を図るために訪れたと説明した高良さんは「徳之島への移設案には怒りを覚える。琉球弧の歴史と文化に対する無知と侮辱」とした上で、「11月の知事選終了後に活発な交流を進めていきたい」と話した。

 辺野古・高江の新基地建設反対運動に参加している高良さんは「一番不幸なことは地域が分断されること。文化や自然も一体となった反対運動が必要。とにかく徳之島に基地は要らないということを第一に活動することが大事」などとアドバイス。

知名町誌にも記されていない半世紀前にあった米軍基地拡張反対運動について触れた前利さんは「歴史の記憶をしっかりと伝える必要がある。現在の活動にも生かすべき」などと呼び掛けた。

スポンサーサイト



<< 沖縄での島サミット、自由連合国としてのマーシャル諸島、沖縄慰霊団と太平洋諸島 | ホーム | 琉球独立に関する議論 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP