FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄での島サミット、自由連合国としてのマーシャル諸島、沖縄慰霊団と太平洋諸島

2003年4月、5月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

沖縄で日本政府主催の島サミットが開催されました。この機会に太平島嶼国の首脳、関係者は沖縄と太平洋諸島との近さを実感したとの声を私は聞きました。沖縄は島サミットの機会を活用して、実質的に太平洋島嶼国との関係を深め、沖縄の自治、独立のために何をするのかが問われています。


5/16 PIR
  沖縄で島サミットが開催される。

今日と明日、沖縄において第三回島サミットが開催される。太平洋諸島フォーラム加盟の16カ国の首脳、そして日本から小泉首相が参加する。

昨日、東京において、太平洋諸国の首脳は天皇陛下とのお茶会に参加した。島サミットの最終日に「沖縄イニシアティブ」が採択される予定である。太平洋諸島フォーラム議長のガラセ・フィジー首相は「われわれは、日本が太平洋諸島フォーラムの加盟諸国に対して貿易、投資を拡大することを希望している。

われわれには資源はあるが、貿易や投資の専門家がいない。」と述べた。また、島嶼国の首脳は、教育、環境に関して日本が、今後5年間にどれほど援助をしてくれるかについても大きな関心をもっている。



「沖縄イニシアティブ」とは、会場である沖縄の名前をつけただけであり、その中身は日本政府による島嶼国への援助でしかありません。島嶼国援助において沖縄での経験を具体的にどのように活かしていくかが、独立琉球の課題となるでしょう。

5/18 PIR
  第三回島サミットにおいて「沖縄イニシアティブ」が宣言された。

沖縄名護市で開催されていた島サミットにおいて採択された「沖縄イニシアティブ」の内容は次のようなものである。日本と太平洋等諸国は、人間の安全保障、ゴミ処理、教育、教育、健康、経済成長等の諸課題に対してともにとりくむ。

ガラセ太平洋諸島フォーラム議長は、過去の島サミットに比べて今回の島サミットが前進した諸点として、アクション・プランが策定されたこと、計画の実施内容を毎年検討することなどを挙げた。


マーシャル諸島は独立しましたが、国民の選択で米軍基地の存続を選択しました。自由連合国であるとこのような制約が生じます。何のために独立すのかを琉球側は考えないと、独立後もカネによって基地を押し付けられるおそれもあります。琉球の将来の政治的地位を選択するにあたって、太平洋島嶼地域及び国の歴史的過程は大変参考になります。




4/11 PIR
  マーシャル諸島と米国との間で新しい自由連合盟約が調印される。

今月の終わりまでにマーシャル諸島と米国との間で新しい自由連合盟約が調印されるだろう。新しい自由連合盟約について4年間の話し合いが行われたが、今後20年間に8億米ドル以上を米国がマーシャル諸島に提供することになるだろう。

そのほか、米国はクワジェリン環礁にあるミサイル迎撃実験地域を今後60年間借りる代わりに、23億米ドル支払うだろう。新しい自由連合盟約はマーシャル諸島の各リーダーにより検討され、米国務省により米連邦議会に提出されるだろう。


沖縄慰霊団によるミクロネシア諸島の民際交流という貴重な経験を次につなぐために具体的に、独立琉球として何をするのかが問われています。また現在の沖縄県は島と島とをつなぐために、具体的に何をしているのでしょうか。




4/17 PIR
  沖縄の慰霊団がテニアン島、ロタ島を訪問する

今年5月5日、沖縄からの慰霊団260人がテニアン島、ロタ島を訪問する。沖縄の慰霊団はこれまで33年間毎年、北マリアナ諸島を訪問しており、今年は34回目の慰霊祭を挙行することになる。沖縄の慰霊団は北マリアナ諸島だけでなく、パラオのような他の太平洋諸島をも訪問している。
スポンサーサイト



<< ブーゲンビル島の憲法、仏領ポリネシアの自治、パラオ法の伝統と現代 | ホーム | 奄美諸島の薗さん、前利さん、高良さんの活動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP