FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブーゲンビル島の憲法、仏領ポリネシアの自治、パラオ法の伝統と現代

2003年年2月の太平洋諸島ニュースです。


ブーゲンビル島はパプアニューギニアの一部でしたが、独立運動が盛んになり、現在、非常に自治度が高い島になりました。新しい政治的地位を求めると状況が変わることを示しています。



2/6 PIR
  ブーゲンビル島の憲法草案ができた

 パプアニューギニアのブーゲンビル島で、新憲法草案が完成した。ブーゲンビル憲法委員会は、これから数週間にわたり島を巡回して憲法草案についての住民の意見を聞く予定である。ブーゲンビル島では、憲法を成立させることとともに、市街戦で使用された武器を処分する必要に迫られている。憲法が成立した後は、新しい自治政府の形成へという次の過程がまっている。



仏領ポリネシアでも自治度を高くするためにフランス政府と交渉してきました。




2/11 PIR
  シラク大統領とフロース知事による自治権拡大に関する協議

 フランスのシラク大統領と、仏領ポリネシアのフロース知事は、パリにおいて、同領土の自治権をさらに強化するための法案について協議している。同領土とフランスにおいて、法律専門家により「基本法」の起草作業が行われているが、二人はその「基本法」に関して多くの時間をさいて話し合った。また、二人は、太平洋諸国に対して援助を提供するために創設される、フランスの「太平洋基金」についても意見を交わした。




独立国パラオは、近代的な法律だけでなく、伝統的な慣習法をも憲法で保障しました。それができるのは独立国だからです。



2/12 PIR
  パラオの伝統と、現代の司法制度

 パラオ司法省は、伝統的な習慣を破った人を裁く際において、伝統的な首長と緊密に協力しながら、問題解決をはかりたいという意向を示した。ローゼンタール司法大臣は、「2001年、パラオ司法省は、司法制度にパラオ人の伝統的価値観を導入するためのプログラムを用意したが、それに多く首長が参加した。」と述べた。

裁判所に問題の解決をゆだねるかわりに、首長達の協議に問題処理を求めた人がいたが、司法省はこれを認め、首長達が問題の解決にあった。

スポンサーサイト



<< 伊平屋島のモズク | ホーム | 沖縄での島サミット、自由連合国としてのマーシャル諸島、沖縄慰霊団と太平洋諸島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP