FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

伊平屋島のモズク

8月29日の沖縄タイムスに伊平屋島のモズクについての報道がありましたので、お伝えします。
来月、大学の学生と沖縄島と伊平屋島に行く予定です。
伊平屋島は琉球王国の歴史とのかかわりが深く、また島の特産物の振興にも力を入れています。短い間ですが、多くのことを学びたいです。




伊平屋村の伊礼幸雄村長や村漁協の西銘仁正副組合長は28日、都内であったコープネット事業連合(関東・信越地方の8生協加盟)の組合員交流会で、村産モズクの商品1点購入で1円が環境保護を目的とした基金に寄付される取り組みを紹介し、モズク消費拡大をPRした。

 伊礼村長は、韓国などからの大量のごみ漂着に悩まされる実情を説明。「皆さんからのパワーを村づくりに生かしたい」と基金活用に意欲を示した。西銘副組合長は、今年2月の日照不足などが要因で減産傾向にあるとし、「(商品購入で)産地を支援してほしい」と呼び掛けた。

 組合員からは「伊平屋産は他商品と比べて歯応えが良い」などの感想が出たほか、村の環境保全対策への質問も出た。

 村と同事業連合、海産物のきむらや(木村隆之社長)ら5者は7月1日、伊平屋島の環境保全策に充てられる「コープネット美ら島応援基金」を設置。5者は共同でモズク商品開発に努め、初年度100万円を目標にしている。

スポンサーサイト



<< 八重山諸島における戦争マラリア事件の未解決 | ホーム | ブーゲンビル島の憲法、仏領ポリネシアの自治、パラオ法の伝統と現代 >>


コメント

産業振興の在り方

有り難い事かどうか、大和は、満たそうと画策しながら、日本のシフトに組み込んで来る事で、琉球人自身のしたたかなる独創性を根絶やしにして来ました。
しかしながら、ウチナーンチュは本来、雑草の様な強さとしたたかさと伸びやかさをを秘めております。
私は独立を考える事によってかえって気が軽くなります。

独創性は信じる者だけに必ず微笑みを讃えてくれる



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP