FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

八重山諸島における戦争マラリア事件の未解決

8月30日の八重山毎日新聞に戦争マラリア事件についての記事が掲載されていましたので、お伝えします。


石垣島に住んでいた私の母もマラリアに感染し、高熱に苦しんだ話を聞いたことがあります。

私の親族の中には亡くなった方もいます。日本軍による強制によってマラリア有病地に移動させられ、3600人以上の石垣島の方が亡くなりました。他の八重山諸島でも戦争マラリア事件が発生しました。

日本政府の責任である国家犯罪であるにもかかわらず、謝罪も賠償もいまだにされていません。






悲惨な歴史を後世へ

 戦争マラリア避難所めぐり(主催・八重山戦争マラリア遺族会、共催・八重山平和祈念館)が29日行われ、遺族や一般市民ら約30人が戦争マラリア犠牲者が一番多かった平得・真栄里(旧大浜村)地域の避難所を訪ね、戦争の悲惨さと平和の尊さを再確認した。

 戦争マラリアの避難所は白水地域がよく知られているが、それ以外にも多数の避難所があったことを伝えるため、今回、遺族会として初めて実施した。

 今回の避難所めぐりでは、旧大浜村の指定避難所だった於茂登岳ふもとの武名田原やオオタバル、ピナダ(名蔵)、平得山田、トゥンナーラーなど平得・真栄里地域の避難所を約5時間かけて回り、各所で実際の避難体験者から当時の話を聞いた。

 武名田原では、旧大浜村の水源地が近くにあり、そこが避難所として指定されたと説明を受けた。

 リースン道路近くの仲田原では、5、6歳当時に避難し、弟が避難所で生まれたという細工忠郎さん(70)が「目の前に水田があり、そこからタニシやフナなどを捕って食べた記憶がある。空襲時にはみんなの迷惑になるので母親と赤ん坊は避難所から離れ、アダンの中に隠れ、飛行機がいなくなったら戻ってきた」と話した。

 細工さんはまた、武名田原の避難所についても「長屋があり、そこで敵機が現れると皆で火を消してやり過ごしていた」と振り返った。

 参加した宮良純一郎さん(60)は「こんな所(山の中に)にほったて小屋を作り、過ごしていたことを考えると当時の悲惨な状況がうかがわれる」と話した。また、遺族会の前津栄信副会長は「戦争マラリアの避難所は白水だけだと思われているが、最も死亡率が高かった平得・真栄里の人たちの避難場所を忘れてほしくない」と述べ、今後、白保や宮良、大浜など旧大浜村の避難所めぐりを継続する考えを示した。
スポンサーサイト



<< 本浜さんの『手塚治虫のオキナワ』 | ホーム | 伊平屋島のモズク >>


コメント

一億総拝金主義者の民族 日本人からの決別

金で、人の心は買えない! 命も、延命はできても、所詮は一度っきりなのですよ! 日本人は金をちらつかせば、魂まで入れ替わるという錯覚を起こした人々の集まりです。
いい人、親切な人、理解ある人、知性を重視する人、などいるにはいるが、殆どの人は、金と物質の魔力取り付かれた、“孤独なきちがい達”である!
私には、愚直な集団なれども琉球の側で生まれ育った事の方が、どんなに貧しかろうとも幸福であったと断言出来ます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP