FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋諸国とともに自立心示し歴史変えよ

2008年の第一日が始まりました。

昨年は多くの方にお世話になりました。おかげさまでNPO法人ゆいまーる琉球の自治が設立され、本年は、さらに本格的に琉球の自治の実践のための議論、活動を実施する予定です。

皆様の温かい励まし、ご支援、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2000年6月15日の沖縄タイムスに「太平洋諸国とともに自立心示し歴史変えよ」と題するコラムが掲載されたましたので、ご紹介します。本年は、このような歴史を変えるという意気込みで一年を過ごしたいと思います。


今年四月、宮崎県で太平洋島しょ国と日本の首脳が一堂に会する島サミットが開催された。日本にとって、太平洋は次のような諸点で重要であるとされている。

(1)日本で消費するマグロ、カツオの約半分はこの地域からもたらされている。だが、近年、漁業資源の減少が指摘されている

(2)日本の原子力発電所で利用する放射性核廃棄物をイギリスやフランスから海上輸送するためには太平洋を通過する必要がある。しかし、太平洋島しょ民は、輸送船による事故が環境や観光業に与える影響を強く心配している

(3)太平洋の海底には重要な鉱物資源が存在しており、鉱物資源の調査のために日本政府も現在、協力を行っている

(4)太平洋島しょ国のうちツバルが今秋、国連加盟が認められる予定であり、日本は国連の場で太平洋島しょ国から十四票を得ることが可能となる。特に安保理常任理事会入りを目指す日本にとり、太平洋島しょ国からの支持は大きな意味を持っている―。

 島サミットにおいて日本政府は「太平洋フロンティア外交」を提唱した。

原子力発電に依存し、漁業資源や鉱物資源が少なく,国際舞台での活動の場を広げたいと考える日本にとり太平洋という広大な海は、二十一世紀の日本を支えるフロンティアとして認識されているといえる。

個々の島しょ国は人口規模も小さく、少ない援助金を提供することで日本の戦略に同意させるという効果も期待されている。

 沖縄もまた日米のフロンティアと見なされているのではないか。

補助金、法的な特別措置、サミットの開催、二千円札発行などの少ないコストを払うことにより、普天間基地移転問題の早期解決、そして日米軍事同盟の強化という大きな効果を得ようしている。

従属経済という類似した経済構造を抱える沖縄と太平洋島しょ国は、地政学的に重要であると大国からみなされ、新たな海上戦略の中に位置付けられつつある。

 新ガイドライン法により、自衛隊による米軍の後方地域支援が認められた現在、米国の軍事的影響化にあるグアム、ミクロネシア諸島は沖縄が有する軍事的機能と密接に結びつくようになった。

それは極東有事が生じれば沖縄と同地域の軍事機能が連動することを意味しており、すでにグアムにおいては自衛隊と米軍との共同訓練が行われた。

 沖縄や太平洋島しょ国が自らの地政学的有利性と引き換えに提供される援助により、従属型経済構造は解消の方向に向かうのであろうか。援助政策の背景に自由主義的な経済学の考えがある限り、島しょの従属性はさらに強化されるであろう。

 短期的には現在の生活水準を維持できるが、それは「つなぎ」でしかなく、継続的に援助金を投入し続けるという経済構造を変えることにはつながらない。

大国の戦略と結びついた「ひも付き援助」に頼るのではなく、島しょの多様な内発的発展を具体化していくことが必要であり、その点で、沖縄と太平洋島しょ国は共に学び合える多くの類似性を有している。

 太平洋島しょ国の人々もG8サミットの行方に注目している。沖縄がサミットという場を通して、島しょ民としての誇りと自立心を世界に対し明確に提示すれば、それは世界史における島しょの歴史を変える第一歩となろう。

スポンサーサイト



<< 特定非営利活動法人ゆいまーる琉球の自治の定款① | ホーム | 石垣島の島民会議からのお便り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP