FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

本浜さんの『手塚治虫のオキナワ』

『島嶼沖縄の島嶼経済』を西川潤先生と私とともに編集した本浜さんから本を送っていただきました。心より感謝申し上げます。勉強させていただきます。


本浜さんは西川先生のゼミの先輩にあたる方で、本浜さんが琉球新報で働いていたときから、いろいろとお世話になりました。

その後、ペンシルベニア大学に留学し、沖縄文学に関してドクター号を受理されました。文学や表象文化から琉球の問題を考えています。

今年秋に早稲田大学で開催される国際開発学会の沖縄の振興開発に関するセッションにおいても、一緒に報告する予定です。

オキナワ、太平洋諸島、南、島と手塚治虫との関係が論じられ、大変、刺激的な本だと思います。

次の本の紹介を添付します。




『手塚治虫のオキナワ』2010年7月春秋社刊


[日販MARCより]
手塚治虫を漫画家として復活させたものは、オキナワだった。戦争、基地、アメリカ、ハーフのヒロイン、海と島。その描写にこめたものは何だったのか。かつてない手塚論にして、出色の戦後日本考。

[BOOKデータベースより]
手塚をマンガ家として“復活”させたもの―それは、オキナワだった。戦争、基地、アメリカ、「ハーフ」のヒロイン、海と島…。その描写にこめたものは何だったのか。オキナワ、そしてその先へと広がる「水平線の思想」とは。かつてない手塚論にして、出色の戦後日本考。


はじめに 「海の未来」、アクアポリス、そして手塚マンガ;
第1章 「顔」と「身体」の表象;
第2章 「南」への欲望―「少年」「孤児」「南の島」;

第3章 「野蛮」のエロティシズム;
第4章 「戦後日本」とアメリカ;
第5章 地図の欲望―「島」と「海」;

第6章 すべては物語のために―手塚が手にした神の視点;
無意識と意識の「手塚治虫」―おわりにかえて
スポンサーサイト



<< 琉球独立宣言と最新賛同者名 | ホーム | 八重山諸島における戦争マラリア事件の未解決 >>


コメント

アメリカに反戦反基地運動を展開している数十万人規模の市民団体(沖縄にも度々来ているらしい)があります。 独立運動の展開もお互いに協調しながら活動できるのではないでしょうか?
アメリカの友人や知人も関心を持っており、双方が歩み寄り手を携えて大きな活動に発展出来ると思います。
とにかく、世界的にも国内的にも、きっかけを最大限増やして行く事が最も重要です。

できるだけ手を広げるのは大事だと思います。
知られないことは最も忌避すべきことでありますから。

しかし、それと同時に、ある主義主張のために運動が利用されることも避けなければなりません。

Re: タイトルなし

> アメリカに反戦反基地運動を展開している数十万人規模の市民団体(沖縄にも度々来ているらしい)があります。 独立運動の展開もお互いに協調しながら活動できるのではないでしょうか?
> アメリカの友人や知人も関心を持っており、双方が歩み寄り手を携えて大きな活動に発展出来ると思います。
> とにかく、世界的にも国内的にも、きっかけを最大限増やして行く事が最も重要です。


貴重なご提案ありがとうございます。
その団体名、サイトアドレスなど、ご教示ください。連絡をとってみます。松島 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP