FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島と台湾との貿易

9月7日の八重山毎日新聞が与那国島と台湾との貿易について報じていましてので、お伝えします。
近い島同士の貿易、交易が島嶼経済の問題を解決する基本的な方法です。

本来なら、与那国島と台湾との直接貿易が望ましいのですが、日本政府がそれを妨害して、島の経済状況を困難に追い込み、自衛隊の受け入れしか「経済の活性化」がないように追い込んだと考えます。

日本国の妨害に負けず、島人が島嶼間貿易をこれからも継続してもらいたいです。





一般社団法人与那国花蓮縣交流発展協会(安里與助理事長)が町内の農家からの依頼を受け、台湾から輸入した肥料500袋(1袋40キロ)20トンが5日午前、祖納港に到着。

依頼農家に引き渡された。交流協会として初の社会実験事業で、今後、日用雑貨や家具などの輸入に拡大し、将来的な人的交流につなげる方針。

 同協会は、与那国町と台湾花蓮縣との文化・教育・観光・経済・交易等の多元的交流を推進し、国境を越える新しい生活交流圏を創造することを目的に、2009年12月に設立した。

 今回の台湾からの肥料輸入は、理事でもある同町のサトウキビ農家の宮良正一氏(60)の依頼を受け、同協会が花蓮県の花蓮縣与那国交流発展協会の協力を得て輸入。台湾航路を持つ大東海運産業(株)の貨物船を利用し、先月23日に台湾の高雄港を出港。

那覇港を経由して5日午前、同町の祖納港に入港。荷揚げされた。

 輸入された肥料はサトウキビの肥料。20キロ換算で、系統肥料などが1700~1800円に対し1100円程度と格安。成分もほぼ同じという。

 輸入を依頼した宮良氏は「年間約800袋の肥料を使う。1袋で500円変われば全体で40万円の違いが出る。キビの値段は変わらないのに肥料は以前の1.7倍ぐらいに値上がりしている。(国内産と)成分が同じならば、安い方がいい」と話した。

 同協会の安里理事長(68)は「町民、協会にとっても記念すべき1歩となった。今回は宮良さんの個人輸入という形だが、今後は与那国の他の農家、石垣市の農家にも拡大し、安定的な輸入供給ができるよう取り組みたい」と話した。

 同協会では今後、肥料関係で与那国町内の農家の需要を満たした上で石垣市や竹富町の農家にも拡大。さらに、輸入品目も食物検疫に該当しない生活物資や家具類にも輸入を拡大。与那国町の自立に取り組む方針。
スポンサーサイト



<< 名護市の苦悩 | ホーム | パラオ共和国での調査旅行、琉球センターどぅたっちでの講演会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP