FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

前原大臣による基地建設容認派への接触

8月25日の琉球朝日放送で、前原大臣が島袋前市長と会談していたことについて報じていますので、お伝えします。

辺野古への基地建設に向けて、キャンプシュワッブ内では兵舎が建設されているだけでなく、沖縄担当大臣による基地建設容認派との接触、話し合いが行われています。

カネによる切り崩し工作が始まったのでしょうか。名護市も日本政府による基地に関連した補助金による事業を一日も早くなくし、日本政府に揺さぶられないようにしなければならないと思います。







検証・動かぬ基地です。前原沖縄担当大臣が先週、名護市の島袋前市長と秘密裏に会談していたことが分かりました。現職の大臣が基地建設を容認する前の市長と密談、疑いの声も上がっています。

先週、前原沖縄担当大臣が東京で名護市の島袋前市長と会談、この席には基地を条件付で受け入れる姿勢の「辺野古区長と豊原区長も同席した」と報じられました。

大城康昌辺野古区長「何もしてないよ僕は、僕らは、(Q.前原大臣と)会ってないよ、誰から聞いたあんたら、(Q.東京では目撃されてますから)目撃?うそつけ、何を言ってる、会ってないですよ、(そうですか?)うん、絶対会ってない、豊原に聞いてごらん。」

城間正昭豊原区長「(Q.前原大臣)と会ったということになってますでしょ、会ってないもん私は。」

市長と我々はホテルで偶然に,「前市長は会ったかもしれない、我々は同席してないから分からないでしょ、同席はしてないから分からないじゃない。」前原大臣との会談をそろって否定する二人の区長。一方、島袋前市長は。

島袋吉和前名護市長(Q.先週の17日の夜に東京に行かれて前原大臣とどんなお話をされたんですか)「いや、別に、情報交換ですよ。だから別に変わったあれはないですよ。どんなお話ですか、例えばいまは市長という立場ではないですから、いや、だから情報交換ですよね、私人ですからやっぱり、市長としてじゃなくして、当然、あの、自由ですから、

(Q.これは前原大臣のほうから、ちょっと会いましょうという話だったんですか)え、まあ、それはもう言わないことにしておりますんで、(でもこれ、まあ、ちょっと会いましょうとこちらから言うわけにはいかない立場ですからね、いま。あの、その席には豊原の区長と辺野古の区長もいらしたんですか)いま言わないでおきましょうね、もう…」

会談についてあっさり認めたものの、それ以外は『言わないことにしている』と、足早に去っていきました。政府が辺野古への基地建設を進める姿勢に戻った中で、沖縄担当大臣が、基地建設を容認している前の市長と密会するという異様な事態。会談の事実を問われた前原大臣は。

前原大臣「まああのー、こういう仕事をさせていただいておりますといろんな方とお会いをいたします。えー、その方々と会ったかどうかということも含めて、いちいち皆さんがたにそれを申し上げることは、そこまで必要ではないんではないかというふうに思いますので、コメントは差し控えさせていただきたいと思います。」

前原大臣の動きに、辺野古、豊原とともに久辺3区をつくる久志区の行政委員長で、稲嶺市長を支える会の森山さんは。

森山憲一さん「市長である稲嶺市長をですね、差し置いて、ものごとを進めていくというやり方はですね、これはやっぱり手続きとして私はおかしいと思いますし、変なことするなーと」

一方、名護市の稲嶺市長は取材に対し「特にコメントはない」と答えるだけでした。先月末、沖縄を訪れ、北部12市町村長と懇談した前原大臣。

前原沖縄担当大臣「民主党政権は基地問題と振興は切り離して行うと申し上げてきたし、今後もその姿勢で臨んで行きたいと考えております」

このあと、北部市町村長を代表して名護市の稲嶺市長は、来年度末に期限が切れる北部地域の振興事業の継続を要請しました。稲嶺市長がコメントを拒む背景には、大臣との摩擦を避けたいという考えがあるようにも思われますが、市長を支える会の森山さんはこう述べます。

森山憲一さん「中身がわからない段階でですね、コメントはそれは責任ある市長ですから、できないと思うんですよね」

こうした動きのそばで、キャンプシュワブでは兵舎などの建設が進められています。政権交代後も工事は続けられたままで、自公政権がアメリカと合意した辺野古への基地建設計画のままの工事が、着々と進められているのです。

そして、自公政権に抗って普天間基地の国外・県外移設を掲げて政権交代を果たし、その後方針を翻した民主党政権。

岡田外務大臣「自由民主党はもともと辺野古沖ということで、当時の政府としての考えを持っていたわけでありますので、まあ話し合いをきちんと行うことによってですね、共通点を見出していきたいと(いうふうに思っております。)」

野党自民党にも協力を求める発言まで飛び出しています。「陸にも海にも基地は造らせない」と、市民への約束を貫く稲嶺市長。その目を盗むように基地容認派と秘密裏に会う政府。基地建設包囲網をじわじわと造っているようにも見えます。

-------------------------------------------------------

普天間基地の移設先について政府が国外、県外と言った約束を反故にして辺野古に戻しただけに、辺野古への基地建設を容認する名護市の前市長との密談は見過ごせないですね。

「基地と振興策は別、切り離して行う」と前原大臣は言っていますが、辺野古に基地を造るために何か模索していると受け取られても仕方がありません。市議会議員選挙、そして知事選に向けた話も出たのではと、憶測も広がっています。
スポンサーサイト



<< 明日から龍谷大学経済学部ゼミ生と沖縄調査を行います | ホーム | 名護市の苦悩 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP