FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

松島ゼミ調査のお礼

昨日、無事、学生たちが関西に帰りました。
私は今日、戻ります。  

13日夜、交流会をRBCの後ろの食堂で行い、楽しく過ごしました。
14日
県庁では「沖縄21世紀ビジョン」のお話を伺い、学生たちとの間で真剣な議論が行われました。
関係資料も頂戴しました。

ポルシェのお菓子御殿では、工場見学、担当者からの説明で、琉球の素材を活用し、女性の役割を重視している
同社に感動しました。

謝花きっぱんでは、冬瓜づけ、きっぱんの歴史、地産地消をされている話を、店の中で社長自らがしてくれました。試食もち、久しぶりに食べる冬瓜づけ、きっぱんは大変おいしく、お土産を買いました。

沖縄県物産公社わしたでは、店長自らが独立採算制の経営、各種沖縄特産物の紹介、特産物の開発と販売方法などについて説明していただきました。

栄町にモノレールで移動し、黒島振興組合会長自らが、街を案内してくれました。ユニークな店が多く、店主や客が学生に話しかけてくれ、学生も楽しそうでした。前島アートセンターで栄町について話を伺いました。本当に生き生きした地域であると思いました。

夕食はSUDAKAさんで金城さんがつくった南米料理を頂戴しました。昨日、私は当銘さんご夫妻と、ふたたびお店に行き、金城さんからアルゼンチン、キューバの話をゆっくり伺いました。琉球も独立するのだったら、キューバみたいな国になったらいいと思いました。

15日
沖縄タイムスでは、タイムスの歴史をビデオでみて、与那嶺記者が司会になってくださり、上間さんの沖縄経済についての話を伺いました。リアルな沖縄経済の話で、非常に興味深かったです。次に論説委員長の長元さんが、非常に心にひびく沖縄の戦争、戦後史、基地の話をされました。沖縄の苦悩、現実、その現実に対する怒りが一つ一つの言葉に籠められていました。

昼は、牧志公設市場に行き、市場で昆布を販売されている振興組合の方に、市場の歴史、現状、将来についてうかがい、食事をしました。

その後、沖縄大学の学生さんたちと一緒に、3つの班に分かれて、街をめぐりました。私たちのグループは、むつみ橋通りのお店の方に話をうかがい、二階に上がり、若い人が営んでいるファッショナブルなお店をみたり、公設市場の方にお話を聞きました。

商人塾に戻り、稲垣さんが、伊是名島、渡名喜島の活性化の話をされました。これは次の日から行く伊平屋島のことを考える上で大変、参考になりました。沖縄大学の学生さんも、牧志市場の活性化に関心をもって活動をする理由について話してくださり、私たちと議論しました。

その後、後田多さんが、琉球近代史を中心に琉球独立について講演してくださいました。学生とも真剣に独立論について議論となり、夜の飲み会・食事会でも学生たちは後田多さんと有意義な話をしたそうです。また与那嶺記者も飲み会で学生に対して沖縄の諸問題について話をしてくださいました。

15日
バスと船で伊平屋島に行きました。もづくそば定食などをたべて、商工会で女性職員さんから島の概要、経済、信仰についてお話をうかがいました。次に漁業にいき、もずく工場で、もずくの商品化過程を詳しく、職員が説明してくださいました。生のもずくをタレとともに食べさせていただきましたが、大変おいしかったです。またもずくのクッキーも美味でした。特産物の生産にかける漁業の情熱を感じました。また魚の養殖場も見学しました。

米埼海岸に行き、皆で海水浴をしました。海の美しさ、海のもつパワーに感動しました。また学生さんが、私の顔を砂や貝で描いてくれました。暑い中でしたので大変だったと思いますが、よく似ていました。

16日
朝、私は6時から散歩をしまし、村の生活の一端を知ることができました。

役場に行き、職員さんが伊平屋島が沖縄県最北端にあることを大きな地図で説明してくれました。次に、島における外国籍の方の活動、民俗芸能の振興、特産物の生産、医療体制、若者の減少問題への対策、環境協力税などについて説明してくださいました。

民俗資料館では島の民俗、歴史を詳しく学ぶことができました。

次に皆でトラジ山に登り島を上から望みました。そして伊平屋島酒造所にいき、工場内を詳しく見せてもらい、一升瓶へのラベル貼りもさせてくださいました。試飲もしましたが、大変、まろやかで、味わいがありました。

島の北部にある、「神武天皇が誕生した」といわれている洞窟の中に入りました。中では小さな社があり、2人の方が祈りをささげていました。第一尚氏のお墓、共同売店、沖縄で最初の風力発電機などを見学しました。

よるはみんなでバーベキュー、花火をして、満天の星をみました。

今回の調査旅行では、多くの方から貴重な時間を頂戴し、心に残るお話を聞かせてくださり、真摯に学生からの質問や意見に答えてくださいました。

心より感謝申し上げます。






スポンサーサイト



<< 移設反対派が名護市議会の過半数となる | ホーム | 明日から龍谷大学経済学部ゼミ生と沖縄調査を行います >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP