FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

横浜と東京での太平洋諸島、琉球の従属・自治・独立に関する講演会

今日、横浜、東京におきまして2回、太平洋諸島、琉球の従属・自治・独立に関する講演会を行います。
来場の皆様と真剣な議論をしたいと思いますので、ご関心があり、お時間がある方は是非、お越しください。


主催者側のチラシ内を以下に紹介します。




講師・松島泰勝さん(龍谷大学教員、NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表)
演題・APECと太平洋諸島・琉球弧の経済・軍事支配の実態

連帯アピール

・沖縄の自立解放闘争に連帯し反安保を闘う連続講座
・原子力空母の母港化に反対し基地のない神奈川をめざす県央共闘会議
・一坪反戦地主会 関東ブロック
・あすじゃ

主催参加団体からの決意表明

・当日のビラは下記です。(アプリがワードではないので、張り付けます)

横浜APEC反対!
普天間基地撤去―辺野古新基地建設阻止!
日米新安保体制粉砕!
9/20横浜行動

9月20日(月・休日)午後1時半~午後4時半 集会後デモ
会場・かながわ労働プラザ第5、6会議室

http://www.zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp/?l-plaza/map.html

   JR 根岸線石川町駅中華街口(北口)徒歩3分
講師・松島泰勝さん(龍谷大学教員、NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表)
演題・APECと太平洋諸島・琉球弧の経済・軍事支配の実態

大国―独占資本の利益と特権を拡大する横浜APECに反対しよう

 11月13~14日、APEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会合が、横浜市西区のみな
とみらい地区(「パシフィィコ横浜」)で開催される。1989年からはじまったAPECの
歴史は、米日帝国主義による新たなアジア・太平洋支配の場として機能してきた。

 APECの目的は域内の「貿易と投資の自由化、貿易と投資の円滑化」であり、IMF
(国際通貨基金)・世界銀行、WTO(世界貿易機関)、ADB(アジア開発銀行)などの
新自由主義経済政策と一体に、大国―独占資本の利益と特権を拡大するための会議で
ある。

また2001年9・11後の上海APECでは、米日主導により「テロ対策に関するAPEC
首脳宣言」を採択し、現在も続いている米帝国主義主導の「対テロ」戦争を支持する
「安全保障」問題も推進してきた。

 今年は、「先進国は2010年、開発途上国は2010までの完全貿易自由化を実現する」
目標を掲げてきた「ボゴール宣言」(1994年)の節目の年である。横浜APECでは新た
な目標として、成長戦略の策定」「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)」「防災・
テロ対策」などを掲げ、アジア太平洋の労働者人民に対して搾取と収奪を強化しよう
としている。

一方警察権力は「対テロ」を口実に治安管理を強化し警備訓練を行い、
神奈川県内ではすでに「野宿者」排除攻撃も強行されている。戦争と貧困、不平等と
格差を拡大する横浜APECに反対しよう。

日米新安保体制を粉砕しよう

 日米両政府は、11月横浜APECにオバマ米大統領来日時に「新日米安保共同宣言」を
行おうとしている。

今年は「日米安保条約改定」から50年でもある。5月28日、日米両政府は沖縄民衆を裏切り、
「日米共同声明」を発表し辺野古新基地建設で「合意」
した。

菅民主党政権は、自公連立政権と何ら変わらず「日米同盟」(日米安保体制)
を「国是」として「新日米安保共同宣言」によって、米帝国主義主導の「対テロ」戦
争に日米軍事一体化を押し進めようとしている。

神奈川県は沖縄に次ぐ在日米軍基地
が集中している。松沢県知事は、「日米安保条約50年周年記念式典」を「日米同盟の
象徴である米空母ジョージ・ワシントンの甲板の上」と日々放射能の汚染や基地被害
を受けている横須賀市民を踏みにじる暴言をはいている。

「新日米安保共同宣言」が、沖縄をはじめとして神奈川岩国、さらに韓国、フィリ
ピン、グアムなどのアジア太平のすべての米軍基地の強化拡大につながる事は明らか
だ。

私たち反戦闘争実は、反帝国際連帯の立場から横浜APEC反対闘争と「新日米安保
共同宣言」粉砕闘争を結合し、すべてのアジア太平洋の米軍基地撤去の闘いをつくり
だしていきたい。9・20横浜行動への結集を訴える。

主催・有事立法―改憲阻止 反帝国際連帯 反戦闘争実行委員会 





琉球弧の自立・独立を考える

沖縄講座 2
「琉球自治共和国独立宣言」

第1部 講演/松島泰勝
質疑

第2部 対談・松島泰勝×大嶺 隆 

6月23日、「琉球自治共和国連邦独立宣言」を発した松島泰勝さんに、お話を伺います。2部は、沖縄独立の具体的提言を続ける大嶺隆さんとの対談。


講演者プロフィール

松島泰勝 龍谷大学経済学部教授、NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表

大嶺 隆 元沖縄協会流動研究センター主任研究員・プロジェクトT&R代表,

 
2010/09/20 (月) 18:30~20:30
参加費・1,500円
琉球センター・どぅたっち  
(山手線駒込駅東口を左へ1分、居酒屋駒露地さんを

左折・南北線駒込4番出口から右へ、坂を下って4分)    
豊島区駒込2-14-7 03-5974-1333 


http://dotouch.cocolog-nifty.com/blog   
dotouch2009@ybb.ne.jp
スポンサーサイト



<< 第8回ゆいまーるの集いin 伊平屋島へのお誘い | ホーム | 移設反対派が名護市議会の過半数となる >>


コメント

邪悪覇権主義国家、中国の本音。

 9月19日、中国の「環境時報」は「沖縄は日本の明治政府が清朝から奪った。いまも日本政府は沖縄住民の独立要求を押さえ込んでいる」と報じ、更に尖閣諸島は「明らかに中国領であり、日本と話し合う資格なぞ日本にはない」とも。どうやら沖縄を侵略する気満々です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP