FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自衛隊の辺野古共同使用、オスプレイ導入の問題性

9月8日の琉球朝日放送で、オスプレイという恐ろしい米軍輸送機の琉球への導入、自衛隊の辺野古新基地共同使用についての報道がありましたので、お伝えします。

自衛隊は宮古八重山諸島への陸上自衛隊を増加させようとしており、米軍との基地の共同使用、共同訓練を強化しています。

尖閣諸島の問題にかこつけて、日本軍も増強しようとしています。かつて日本軍は沖縄戦で住民をまもらず、帰って虐殺、集団死を強制しました。島嶼の戦争を考えると、琉球で軍備増強すると住民にとってとんでもないことになるというのが歴史の教訓です。

またオスプレイという頻繁に事故を発生させている米軍輸送機が琉球に導入されようとしています。日本政府は琉球人を国民として守る意思があれば、米軍にその導入を明確に反対すべきです。





アメリカ軍の新型輸送機オスプレイを辺野古に造る新たな基地でも使用することについて、政府は日米間で協議していることを始めて明らかにしました。

さらに自衛隊も辺野古に常駐することを目指している事実が明らかになり、普天間基地の代わりの施設というイメージから程遠い実像が見えてきました。

この映像はアメリカのCNNで放送されたシーン。ニューヨークで行われた海兵隊のイベント中、公園内のグラウンドに着陸しようとしたオスプレイが木立の上を通過したそのとき、猛烈な風圧で木の枝が折れ、枝が見物客を直撃。10人がけがをしました。

事故の原因は機体のトラブルではないということですが、オスプレイのローターの力の凄まじさがわかります。

岡田外務大臣「オスプレイをどうするかという議論もある」

先月31日、辺野古に造る基地の位置や工法を検討した日米専門家協議終了後の会見。岡田外務大臣は報告書に飛行経路を記せなかった背景に、オスプレイの配備があることを明かしました。

オスプレイの配備について、政府はこれまで隠し続けてきました。

辻元衆院議員「オスプレイの配備について、アメリカから打診、または提案、日本側と一切協議していないと考えていいのですか」

額賀防衛庁長官(当時)「私は承知しておりません」

政府担当者「今ご質問のオスプレイに関しては、SACOの時点でも米国側として日本にオスプレイを配備する計画はないということで確認しています」

しかし、1996年のSACOの最終報告の素案に「海上基地はヘリコプターとオスプレイの部隊の所属基地として設計される」と書かれたのが、日本の強い要請でオスプレイの文字が消されたことがわかっています。

ウェバー四軍調整官(当時)「我々はオスプレイを2014年から2016年の間に沖縄に配備する予定です」

2006年には当時の四軍調整官が業を煮やしたようにこう記者団に明かしますが、政府は一貫して知らぬ存ぜぬを通してきたのです。

北沢防衛大臣「私が特に重要で真剣に検討していきたいと考えているのが、代替の施設を自衛隊が米軍と一緒に使用できないかということでありまして」

辺野古に造る計画の基地を自衛隊も使いたいと意気込む北沢防衛大臣。

名護市民「(Q:辺野古に基地を造ろうとしていて、そこに北沢防衛大臣が自衛隊も使いたいと言っていますが)

私は反対ですね。安全じゃないから。なんか怖い。また戦争でも来たら怖いから、私は反対です」「それはやっぱり反対ですね。基地自体も反対なんですけど、さらに日本の国の自衛隊まで一緒にそういう戦争につながるそういったことで使うというのは、やっぱり反対ですね」

「米軍と一緒の訓練が行われるんじゃないかっていう懸念もやっぱり出てくると思うんですね」「反対だな。自衛隊そのものが発足当初から沖縄の人は絶対反対じゃなかったですか、自衛隊を持つということはね」

北沢大臣の発言はこれにとどまりません。

北沢防衛大臣「施設を自衛隊と米軍が共同使用することが、日本の安全保障はもとより、地元の方々と自衛隊と米軍の三者の間で、より強い絆を作っていくための一助となるのではないかというふうに考えております」

名護市の稲嶺市長は不快感をあらわにします。

名護市・稲嶺市長「大臣もそうでしょうけれども、本土の皆さんが自衛隊に対する受け入れの感情と、沖縄県民が持っているその感情というのは違うと思うんです。

共同使用することによって、基地の機能は強化される。強化されることによって地元にはさらに負担が増える、というだけのことであって、それ(自衛隊が来ること)が地元にとっても受け入れやすいものになるということは、これは大きな誤りだと思う」

沖縄の本土復帰。アメリカ軍基地は減らず、そのうえ自衛隊が配備されるということに、県民は憤りました。

石原昌家・沖縄国際大学名誉教授「なんとも恐ろしいことを話してると」

沖縄戦研究の第一人者、石原昌家名誉教授はこう語ります。

石原名誉教授「沖縄戦の体験者や亡くなった人たちにとっても、死者を冒涜するような言葉。沖縄県民の中には、米軍の基地を撤去したら今度は逆に自衛隊が配備されるのではという懸念というのはかなり前からあった。この北沢大臣の発言というのは、それを裏付けるような発言だと思う」

そして、県内で自衛隊を誘致する動きがある中でこう警鐘を鳴らします。

石原名誉教授「沖縄は、アメリカ軍の関わる戦争にもう戦後65年、一貫して関わらされてきているわけです。これはまさに『加害者』と言う立場も、他国から見ればあるわけで、そのへんをやっぱり強く認識しないといけないと思う。そうでないと『世界平和の発信地』というふうには言えないと思う」

自衛隊の南西諸島の展開は明らかに強化の一途をたどっていて、沖縄戦を研究する石原名誉教授でなくとも危惧するところですが、辺野古への基地を自衛隊が使うという大事な話がなぜ今、ついでのような形で出てくるのでしょうか。

2006年にV字型で日米合意したとき、キャンプハンセンなどの共同使用は書かれていて、その後、実際に進められてきました。

当時の佐藤那覇防衛施設局長は、共同使用を拡大していくとも言っていましたが、辺野古に造る基地について明らかになったのは今回が初めてです。

オスプレイについては政府は隠していて、メディアも何度も追求してきた。一方で共同使用については比較的注目されてこなかったということもあると思います。こうしてどんどん進められることに危機感を感じます。
スポンサーサイト



<< 独自な言語としての琉球の言葉 | ホーム | 第8回ゆいまーるの集いin 伊平屋島へのお誘い >>


コメント

通りすがりながら失礼いたします

>またオスプレイという頻繁に事故を発生させている米軍輸送機が琉球に導入されようとしています。

えぇと・・・
一体、何年前の認識でいらっしゃるのでしょうか?

試験期間に事故を起こしたことは確かですが
既に、事故原因の究明及び対策はなされています

制式配備後は、“頻発”と呼べるほどの事故は起こしていません

>ニューヨークで行われた海兵隊のイベント中、公園内のグラウンドに着陸しようとしたオスプレイが木立の上を通過したそのとき、猛烈な風圧で木の枝が折れ、枝が見物客を直撃。10人がけがをしました。

引用されている事故の原因は機体の設計や欠陥ではなく、運用(使用)上のミスによる事故ですから、オスプレイを避難するのは筋違いです

もし、一回でも墜落したことのある機体を欠陥機呼ばわりするなら今世界中で飛んでいる航空機のほぼすべてが欠陥機になりますけれども・・・

と言うことは、当然
沖縄県で使用されている警察、消防、防災ヘリの運用に対しても即時中止する活動もされておられるんですよね?

世界への発信を

やはり沖縄・琉球列島の状況を国内に限定せず世界に発信する運動の展開が必要だと思います。あるいは世界でこの不合理を強行しているアメリカや日本に批判的な組織がありますから。彼らとまた連帯する必要がありますよ!その多言語的展開を模索してはどうでしょう?

Re: タイトルなし

> 通りすがりながら失礼いたします
>
> >またオスプレイという頻繁に事故を発生させている米軍輸送機が琉球に導入されようとしています。
>
> えぇと・・・
> 一体、何年前の認識でいらっしゃるのでしょうか?


>
> 試験期間に事故を起こしたことは確かですが
> 既に、事故原因の究明及び対策はなされています
>
> 制式配備後は、“頻発”と呼べるほどの事故は起こしていません
>
> >ニューヨークで行われた海兵隊のイベント中、公園内のグラウンドに着陸しようとしたオスプレイが木立の上を通過したそのとき、猛烈な風圧で木の枝が折れ、枝が見物客を直撃。10人がけがをしました。
>
> 引用されている事故の原因は機体の設計や欠陥ではなく、運用(使用)上のミスによる事故ですから、オスプレイを避難するのは筋違いです
>
> もし、一回でも墜落したことのある機体を欠陥機呼ばわりするなら今世界中で飛んでいる航空機のほぼすべてが欠陥機になりますけれども・・・
>
> と言うことは、当然
> 沖縄県で使用されている警察、消防、防災ヘリの運用に対しても即時中止する活動もされておられるんですよね?


オスプレイについては、琉球の様々な方が事故を起こす危険な軍用機という指摘しています。あなたのように、一般のヘリと同じようなもとする認識は初めてです。

それほど安全でしたら、もっとあなたのような意見があってもいいですが、どこのマスコミからも聞こえてきません。

それほど安全な軍用機でしたら、日本本土内でも米軍、自衛隊でも配備するよう主張されてはいかがでしょうか。少なくとも琉球には配備してほしくないです。

Re: 世界への発信を

> やはり沖縄・琉球列島の状況を国内に限定せず世界に発信する運動の展開が必要だと思います。あるいは世界でこの不合理を強行しているアメリカや日本に批判的な組織がありますから。彼らとまた連帯する必要がありますよ!その多言語的展開を模索してはどうでしょう?


コメントありがとうございます。
そのような組織をご紹介下さい。また、一緒に世界に発信してみませんか!

再度失礼いたします

>オスプレイについては、琉球の様々な方が事故を起こす危険な軍用機という指摘しています。あなたのように、一般のヘリと同じようなもとする認識は初めてです。

・・・その“琉球の様々な方”と言う方達がどれほど軍事、もしくは航空業界に対して“キチンとした情報収集”をされておられるのかは存じ上げませんが、既に米国では大量配備が既になされていますし、それ以降は少なくとも設計段階に起因する事故は起きていないんですがね。
「危険な航空機」と断言されている以上、判断の基準となった“正確な情報”をお持ちだと思うのですが、それを教えていただけませんか?

>それほど安全でしたら、もっとあなたのような意見があってもいいですが、どこのマスコミからも聞こえてきません。

軍事系、航空系業界では、ずいぶん前からオスプレイの事故原因とその対策については報道されていますけれども、ご存じなかったのですか?
まぁ、テレビ等のマスコミ関係は事故の起こった派手な映像でしか判断しない場合が多いですし、その後の継続取材などもほとんどしませんから、一旦流布した“欠陥機”と言うイメージがぬぐえないのは仕方がないのかもしれませんが・・・

ちなみに、他の方のブログですが、オスプレイに関してのいくつかの記事です。

>V-22オスプレイの安全性について
>http://obiekt.seesaa.net/article/144686062.html

>アフガンで墜落したCV-22オスプレイの事故原因は機体の欠陥ではない
>http://obiekt.seesaa.net/article/148155312.html

>MV-22オスプレイはCH-46ヘリコプターよりも6倍静かです
>http://obiekt.seesaa.net/article/140920363.html

>それほど安全な軍用機でしたら、日本本土内でも米軍、自衛隊でも配備するよう主張されてはいかがでしょうか。少なくとも琉球には配備してほしくないです。

沖縄も「日本本土の一部」なんですが・・・
という、ツッコミは兎も角W

オスプレイ(というか、V-22系)の装備を主張されておられる方は結構あちこちにいますよ。
ただし、現在のところ九州以北の米軍部隊でオスプレイを装備するのに適した部隊は存在しません。
また、航空自衛隊では期救難ヘリコプターの選定が勧められていますので、ボーイングが提案すれば装備する可能性もありますが、予算状況の厳しい現在、製造及び整備コストを抑えるため現有のUH-60系をベースに改良したモデルが有力とされております。
(個人としては、機内スペースがバードル並に広いV-22系やEH101系を装備した方がいいとは思っていますが)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。


> 再度失礼いたします
>
> >オスプレイについては、琉球の様々な方が事故を起こす危険な軍用機という指摘しています。あなたのように、一般のヘリと同じようなもとする認識は初めてです。
>
> ・・・その“琉球の様々な方”と言う方達がどれほど軍事、もしくは航空業界に対して“キチンとした情報収集”をされておられるのかは存じ上げませんが、既に米国では大量配備が既になされていますし、それ以降は少なくとも設計段階に起因する事故は起きていないんですがね。
> 「危険な航空機」と断言されている以上、判断の基準となった“正確な情報”をお持ちだと思うのですが、それを教えていただけませんか?


真喜志好一さんという琉球の建築家、平和運動家が、沖縄大学で開かれた国際開発学会でオスプレイの危険性について映像で墜落する場面を見せてもらいました。琉球の新聞でもその危険性についてのコラム、記事をみたことがあります。

「オスプレイは安全で、沖縄に配備してもなんも問題ない」という正確な、客観的で具体的な情報をお示しください。本ブログで紹介させていただきます。


>
> >それほど安全でしたら、もっとあなたのような意見があってもいいですが、どこのマスコミからも聞こえてきません。
>
> 軍事系、航空系業界では、ずいぶん前からオスプレイの事故原因とその対策については報道されていますけれども、ご存じなかったのですか?

> まぁ、テレビ等のマスコミ関係は事故の起こった派手な映像でしか判断しない場合が多いですし、その後の継続取材などもほとんどしませんから、一旦流布した“欠陥機”と言うイメージがぬぐえないのは仕方がないのかもしれませんが・・・

琉球では沖縄国際大学にヘリが墜落したという事故が発生しました。オスプレイであれ何であれ、人口が密集した島に軍用機を配備すること自体が大きな、非人道的な問題です。


> ちなみに、他の方のブログですが、オスプレイに関してのいくつかの記事です。

ブログではなく、公式な軍事研究機関、研究所等による、「オスプレイは安全だ」という証拠はありますか



>
> >V-22オスプレイの安全性について
> >http://obiekt.seesaa.net/article/144686062.html


>
> >アフガンで墜落したCV-22オスプレイの事故原因は機体の欠陥ではない
> >http://obiekt.seesaa.net/article/148155312.html
>
> >MV-22オスプレイはCH-46ヘリコプターよりも6倍静かです
> >http://obiekt.seesaa.net/article/140920363.html
>
> >それほど安全な軍用機でしたら、日本本土内でも米軍、自衛隊でも配備するよう主張されてはいかがでしょうか。少なくとも琉球には配備してほしくないです。
>
> 沖縄も「日本本土の一部」なんですが・・・
> という、ツッコミは兎も角W


日本本土の一部ではありません。本土は鹿児島以北を指します。沖縄は琉球列島の中にあります。


>
> オスプレイ(というか、V-22系)の装備を主張されておられる方は結構あちこちにいますよ。
> ただし、現在のところ九州以北の米軍部隊でオスプレイを装備するのに適した部隊は存在しません。
> また、航空自衛隊では期救難ヘリコプターの選定が勧められていますので、ボーイングが提案すれば装備する可能性もありますが、予算状況の厳しい現在、製造及び整備コストを抑えるため現有のUH-60系をベースに改良したモデルが有力とされております。
> (個人としては、機内スペースがバードル並に広いV-22系やEH101系を装備した方がいいとは思っていますが)



オスプレイを装備するのに適した部隊とはどのような部隊ですか。なぜ自衛隊では、九州以北ではだめですか。
非常に興味深いご意見だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP