FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

独自な言語としての琉球の言葉

9月17日の琉球朝日放送が「しまくとぅば」について報じおりましたので、お伝えします。


琉球大学の教員が琉球の言葉は日本の「方言」ではなく、ユネスコも認めた独自な言語であるとの論考を最近よみました。

琉球の島々の言葉は民族の言語であり、独立・自治・自立の基盤になります。







名護市源河。築100年になる風情あふれる家で一人で暮らす喜屋武達子さん(81)。とにかくおしゃれとおしゃべりが大好きなおばあちゃんです。

喜屋武達子さん「好きなの子どもの頃から。おばさんたちのクリーム盗んでつけるぐらいだからね。とにかくおしゃれが好き」

そんな達子さん、今回、あす行われる「しまくとぅば県大会」へ名護市代表として選ばれ、出場することが決まりました。

達子さん「しまくとぅばは、先祖が使った言葉ですよね。島の言葉でずっと生活をして、子どもたち、孫たちを育ててくださっていますから、そごく大事だと思います」

どこへ行くにも車で出かける達子さん。

達子さん「本当にこんな便利なものも昔の人はわからなくて、大きな動物と間違うぐらい驚いていますよね」


話す内容は、子どもの頃おじいちゃんから聞いた『初めて源河にタクシーがやってきた時のこと』です。

おじいさんとおばあさんが畑に芋ほりに行くと、向こうから大きな目を光らせた動物が近づいてきました。

見たこともないおじいさんとおばあさん。目をまん丸にしてみていると、その大きな動物は「ぷっぷー」とおじいさんを呼び、その後、それよりも大きく「ぱっぱー」とおばあさんを呼んだのです。

腰を抜かしたおじいさんとおばあさんの様子を源河の方言を使い、ユーモアたっぷりに表現されています。

しまくとぅば大会まで一週間前。子や孫、ひ孫たちが達子さんの家に集まり、おばあさんを激励していました。

60歳まで小学校の先生として働いてきた達子さん。島の言葉は好きだけど、時代背景からあまり子どもたちには、しまくとぅばを使って生活してこなかったと言います。

今回発表する話を子や孫の前で語りました。


聞きなれないしまくとぅば。内容や意味は分らなくても言葉の響きに孫たちからは、笑いが出ていました。

孫「あんまりほとんど意味は分らないんですけど、発音とか面白いなと思います。日本語離れしている感じが」

息子「母親は方言上手だから継承したいというか、方言やりたいなというのはあったんですけど、おぼえるのは難しい」

娘「私は母の話を聞いて、源河が好きになりました。ただ生まれただけなんですけど、もう源河のひとと思っていますから」

達子さんは、先祖から受けつかがれてきた風習や言葉を大切にしています。

達子さん「上手とか下手とかじゃなくて、こんな言葉がありますよって。やっぱり、山原は山原だねって思う人もいるだろうし、何?って思う人もいるだろうし。源河にはこんな言葉があります。しかも先祖がつかってきた言葉ですからね。わからせたい、広めたい」


最後に達子さん長生きの秘訣を教えてください。

達子さん「おしゃべりと笑うこと、仲良く生きることね。あんな素敵な若い男の子をみて喜ぶことも大事よー」
スポンサーサイト



<< ナウルに対するオーストラリアの新植民地主義、米国の植民地としての米領サモア、クック諸島の経済成長 | ホーム | 自衛隊の辺野古共同使用、オスプレイ導入の問題性 >>


コメント

さて、自分の中では沖縄語は疑いようもなく独立言語ではありますが、ある言語を独立と考えるか、方言と考えるかは多分に政治的なものであります。
言語・方言に関わらず、言語(のみならず文化)の保存と発展には力を尽くさねばなるまいと思います。

それと、参考までにEthnologueというキリスト教系の少数言語の研究団体の資料を貼っておきます。

http://www.ethnologue.com/show_family.asp?subid=1721-16

このサイトでは、『奄美北部語』『奄美南部語』『喜界語』『徳之島語』『国頭語』『中央沖縄語』『沖永良部語』『与論語』『宮古語』『八重山語』『与那国語』が独立言語となっております。

ところで、沖縄人の感覚からすると、どこまでが別言語なんでしょうか?

Re: タイトルなし

> さて、自分の中では沖縄語は疑いようもなく独立言語ではありますが、ある言語を独立と考えるか、方言と考えるかは多分に政治的なものであります。
> 言語・方言に関わらず、言語(のみならず文化)の保存と発展には力を尽くさねばなるまいと思います。
>
> それと、参考までにEthnologueというキリスト教系の少数言語の研究団体の資料を貼っておきます。
>
> http://www.ethnologue.com/show_family.asp?subid=1721-16
>
> このサイトでは、『奄美北部語』『奄美南部語』『喜界語』『徳之島語』『国頭語』『中央沖縄語』『沖永良部語』『与論語』『宮古語』『八重山語』『与那国語』が独立言語となっております。
>
> ところで、沖縄人の感覚からすると、どこまでが別言語なんでしょうか?


コメントありがとうございます。
ユネスコの分類でも琉球の島々の言葉は上のように独立言語と認められています。最近、琉球大学の言語学者も島の言葉を日本の方言ではなく、独立の言語として位置づける論考を地元新聞に発表しました。

しまくとぅばを語る会、しまぐち大会、しまくとぅばによって沖縄戦を語り記録する運動等、自らの言語にこだわった活動が活発になっています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP