FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ミクロネシア連邦の自由連合延長、グアムにおける米海軍の強化、パラオと東チモールとの外交関係締結

2002年9、10、11月の太平洋情報をお送りします。

2022年までミクロネシア連邦は米国との間で自由連合盟約を延長しました。
米軍が安弁保障の権限をもつといっても、琉球のように大きな米軍基地があるわけではありません。
同国は中国と外交関係を結んでおり、中国からのODAも提供されています。



11/5 PIR
  米国とミクロネシア連邦は、自由連合盟約をさらに20年間延長した

 米国は、今後20年間、ミクロネシア連邦に対して援助金を提供するかわりに、安全保障上の権限を保持し続けることになった。米国の援助金は、特に教育、保健部門に重点的に提供されるだろう。また、これまで同国では米国の援助金が不透明に使用されてきたという問題があったが、米国の援助金をより有効に利用するために「経済財政透明化共同委員会」が設置される予定である。

さらに、20年後に米国からの援助金の提供が終了するのにそなえて、同国に信託基金が設けられるが、それは安定的な財政収入源になるものと見込まれている。

グアムの海軍関係基地の強化は2002年の時点においてもみられました。主に中国の海軍増強に対抗するためであるといわれています。



10/2 PIR
  米海軍の太平洋地域におけるプレゼンスが高まっている

 米海軍関係者は、グアムにはじめて攻撃型原子力潜水艦が配備されるなど、米国にとり、アジアの重要性が高まっていることを強調した。

今年、150人の将官や兵士が乗り込むロサンジェルス型の攻撃方潜水艦がグアムに配備され、今年の終わりまでに、他の2隻の潜水艦も配備される。

ロサンジェルス型潜水艦は、長距離のクルーズミサイルを搭載し、敵の艦船を追跡、攻撃することができる。今回の米海軍の発表は、米空軍によるグアム基地の機能強化を発表した後におこなわれた。


インドネシアから独立した東チモールがパラオと外交関係を結びました。両国は距離的にも近く、小国同士で協力するという海洋ネットワークをさらに具体的に強化してほしいと思います。



9/4 PIR
  パラオと東チモールが外交関係を締結した

 パラオは太平洋島嶼国の中で最も早く、東チモールと外交関係を締結した。パラオ政府の広報官は、両国は漁業、公務員の職務訓練等の分野における協力について東チモール政府と近々話し合う予定であると述べた。
スポンサーサイト



<< 菅政権に対する奄美諸島の方々の期待、思い、意見 | ホーム | 『「日米安保」とは何か』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP