FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自治の人・屋嘉比収さんを悼む

9月30日、屋嘉比収さんが亡くなれました。
昨日は、屋嘉比さんのことを思いながら一日を過ごしました。

屋嘉比さんとは、私が学生の頃から、『けーし風』の読者の集いでお会いしたのが初めてではないでしょうか。
久高島にも一緒に行った思いでもあります。
物腰や、話し方が丁寧で、冷静であり、一言一言が心に響く方でした。

屋嘉比さんのご著書も何冊か頂戴しまたしたが、屋嘉比さんが書かれる論文や書物は。物事の本質をえぐる洞察力に満ちており、私も多くのヒントや励ましをいただきました。

玉野井芳郎さんのお弟子さんであることを常に意識しながら、屋嘉比さんを考えてきました。専門は沖縄近代政治思想、沖縄戦ですが、経済の根本の在り方、人間の生き方を常に問うていたように思います。

2年前に沖縄県立博物館で行われた「マーカラワジーシガ」でお会いしたのが、最後になったかもしれません。
その時の基調報告は私自身にとっても、大きな刺激になり、勇気を与えてくれました。

大きな体で物静かに、しかし、揺るがぬ信念で沖縄にこだわりつづけた人生であったと思います。

晩年は沖縄戦の集団死に強くこだわり、沖縄社会に対して声を大にして主張されていました。今の基地問題、振興開発問題、尖閣問題等を考えるにあたって、もう一度、屋嘉比さんの本を読み返し、本質的に、足元から物事を考えてみる必要があるのではないでしょうか。


屋嘉比さんは自分の頭で考え、そして行動した自治の人であったといえます。
スポンサーサイト



<< 太平洋島嶼国と中国・台湾、島嶼における伝統的リーダーの役割 | ホーム | 龍谷大学にてミノル・ウエキパラオ大使の講演会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP