FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋島嶼国と中国・台湾、島嶼における伝統的リーダーの役割

2002年7月、8月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

以下のように中国政府が警告を出しましたが、今でも台湾政府は太平洋島嶼国にODAを提供しています。


8/20 PIR
  中国政府が、台湾の太平洋に対する影響に対して警告を出した

 中国政府は、太平洋島嶼国が台湾にあまり近づきすぎないようにと警告した。中国の外務大臣補佐官は、台湾が太平洋島嶼国に大して経済的支援を公式に提供しようとする動きを容認することはできない、と述べた。

しかし、同補佐官は、台湾が非公式に太平洋地域に対し支援をすることに対して、中国政府は反対しないと語った。



太平洋島嶼国の国際機構である太平洋諸島フォーラムには、中国とともに台湾の両政府が参加しています。台湾は別会場を設けて、外交関係を結んでいる島国と協議を行っています。



8/22 PIR
  台湾の太平洋島嶼国への援助額が増加した

 台湾は太平洋島嶼14カ国に対する教育関連の援助額を50万米ドル分増やした。

援助増額は、フィジーで開催されていた太平洋諸島フォーラム総会の後において明らかにされた。さらに、台湾は2003年において130万米ドルを太平洋島嶼国に援助することを確約した。

この援助金は漁業、人間開発の分野に利用されるだろう。台湾の外務副大臣は、この援助により台湾政府は太平洋島嶼国からなにか見返りを期待しているわけではないと語った。過去九年の間、台湾政府は太平洋島嶼国・地域への援助金として780万米ドルを提供してきた。


今でも、ミクロネシア諸島だけではなく、他の太平洋諸島においても伝統的リーダー、慣習法、共有地制度が残っており、伝統と近代とが複雑に絡みながら、社会の安定をもたらしてきたといえるでしょう。。



7/2 PINA Nius Online
  7月15日から18日まで伝統的リーダー会議がポンペーイ島で開催される

 ポンペーイ島で開催される第二回伝統的リーダー会議には、ミクロネシアの7つの国、地域から代表者が参加する予定である。会議での主な議題は「伝統な統治システムにおける人々の権利」「伝統的、文化的遺産を維持・保護するにおいて、伝統的システムと、近代的政治制度との間で対立する利害」「伝統的な天然資源に対する近代的政治制度の影響」などである。

同会議は3年に1回開催されるが、前回はパラオで開かれた。今回の会議は第五回ミクロネシア競技大会の時期とも重なっており、参加者は競技大会を観戦する予定である。
スポンサーサイト



<< パラオ共和国、南アフリカ共和国各大使の龍谷大学での講演会 | ホーム | 自治の人・屋嘉比収さんを悼む >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP