FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ミノル・ウエキパラオ大使の龍谷大学での講演

今日の午前中、ミノル・ウエキ大使の講演が終了しました。

パラオの歴史、日本との関係、アメリカとの関係、そして独立に至る過程、独立後パラオが抱える問題、そして可能性を、写真をお見せしながら、具体的に話していただきました。

「日本時代にパラオの経済が発展したが、それは日本のための経済、日本人のための経済」であったという言葉が印象に残っています。

また現在、パラオ人によるパラオ人のためのパラオ人の経済自立を進めているという、非常に感動的なご講演でした。

さらに学生さんたちにパラオに関する研究、パラオ経済の問題点を調査研究し、ぜひともパラオに改善点を示してほしいという、大使のパラオを思う熱い気持ちが伝わりました。

昨日は、龍谷大学学長とも会談し、パラオコミュニティカレッジと龍谷大学との学生交流の推進について話が盛り上がり、学長もパラオに行きたいとおっしゃりました。

今回の公演は、龍谷大学大学院経済学研究科主催で行われました。昨日は大学院関係者と懇親会をもち、楽しい人と時を過ごしました。

今日は、三田さん、岩本さんも遠くから駆け付けてくれました。パラオに心を寄せる人の輪がもっと増えたらいいと思います。

お世話になった大学学部、大学院事務局の方々にも心よりお礼申し上げます。

また東京でいま開催されている太平洋フェスタで磯がいい中、わざわざ京都にまでお越し下さり、パラオの話をして下さったウエキ大使の心よりお礼申し上げます。



スポンサーサイト



<< 第3回バブイサミットin台湾2010 | ホーム | 基地問題は沖縄全体の問題である:国の沖縄分断戦略への対抗 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP