FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第3回バブイサミットin台湾2010

石垣金星さんより第3回バブイ(イノシシ)サミットin台湾のお知らせが届きました。ご参加される方は、下記の方までご連絡ください。




第3回バブイサミットin台湾2010
(台日山豬國際交流研討會2010)


開催のご案内



日本の猟師、研究者 各位

拝啓  初秋の候、ますますご清祥のことと存じます。
さて、私は今回のバブイサミットin 台湾 の主催者であります猟人学校(Hunter School)の校長を務めておりますサキヌと申します。このたびの台湾での本サミットに日本のみな様をお誘いできることを非常に光栄に存じ、喜んでおります。

日本からできるだけ多くの方々に台湾へお越しいただき、サミットに参加いただくことが、私どもの今回の活動にとってもっとも大きな励みとなります。

今回のサミットでの交流を通じ台日の狩猟文化についての相互理解を深めることにより、両国の友好関係のいっそうの深化につながることを希望しています。

つきましては、台湾での開催が特別な意義を有する今回のバブイサミットに、なにとぞ奮ってご参加くださいますようにご案内申し上げます。

敬具


             台湾原住民族文化園區管理局 局長  鍾興華
                  猟人学校 校長  亞栄隆•撒可努(Sakinu)



期日:2010年11月20日~11月22日  
会場:台湾屏東県先住民文化園區、および屏東県古楼部落・台東県新香蘭拉労蘭部落
 先住民文化園區の公式HP(http://www.tacp.gov.tw/home01.aspx?ID=1)

 日本語の紹介HP
  (http://www.maolin-nsa.gov.tw/user/Article.aspx?Lang=3&SNo=04000089)
実行共催団体:猟人学校協会/ 先住民文化園區




プログラム
11/20(土) 一日目
 10:00-11:00 受付
 11:00-11:40 開会挨拶および趣旨説明
  石垣金星(第2回カマイサミット実行委員長)&サキヌ(猟人学校校長)

 11:40-12:30
講演1「地球環境時代における伝統的狩猟者の新たなる役割」
 花井正光(特定非営利活動法人 沖縄エコツーリズム推進協議会 会長)

 12:30-14:00  昼食
 14:00-15:30 台湾と日本とのイノシシ研究および狩猟文化・現状に関する情報交換
   日本側からの発表(研究者・狩猟者など、改めてお知らせいたします)

 15:30-15:50 休憩
15:50-17:30 台湾と日本とのイノシシ研究および狩猟文化・現状に関する情報交換
   台湾側からの発表(研究者・狩猟者など、改めてお知らせいたします)

 17:30-19:00 夕食

 19:00-19:50 
 講演2「日本列島の獣・狩猟の歴史と現在-屋久島の例」
    湯本貴和(総合地球環境学研究所 教授) 

19:50-21:30 パネルディスカッション
   日本および台湾の猟師達パネリストによる各地元でのイノシシ猟の様子、食べ方などに
   ついての紹介

 21:30- 交流会
                      (宿泊:屏東県先住民文化園區 伝統建築屋)


11/21日(日) 二日目
  9:00-10:30 台湾と日本とのイノシシ研究および狩猟文化・現状に関する情報交換
   台湾側からの発表(研究者、改めてお知らせいたします)

  10:30-11:00 休憩
  11:00-15:00 狩猟文化研究会(狩猟技術ワークショップ)&昼食

  15:00-18:00 文化園區周辺散策および八八災害地(永久屋など)見学
18:00-19:00 晩食(伝統風味)
19:00-21:00 送別会および閉幕会
                       (宿泊:屏東県先住民文化園區 伝統建築屋)


11/22日(月) 三日目(見学ツアー)
  9:30-12:00 屏東県古楼部落訪問
12:30-14:00 昼食(古楼で)

15:00-17:30 台東県拉労蘭部落訪問
  17:30-19:30 晩食(伝統風味)&交流会
                        (宿泊:台東県太麻里 日昇会館)

開催要項

◇参加費 無料

◇宿泊および食事について
 会期中の宿泊場所および食事は全て実行委員が手配いたしますので、サミットへの参加を希望される方は必ず事前に下記の西表事務局宛にお申し込み下さい。
  
◇会場への行き方について
 会場へはバスなど公共交通機関がありません。そのため、19日朝8:00(現地時間)に高雄駅よりマイクロバスで会場までみなさまをお連れいたします。

 待ち合わせ場所:高雄駅正面出口
 
  *万が一、これに間に合わない方は予め実行委員までその旨お知らせ下さい。
   また、前日(19日)から現地に宿泊していただくことも可能ですので、ご希望の方はお知らせ下さい。

◇解散について
 なるべく多くの方に22日も全日部落見学に参加していただきたいと考えていますが、帰路の都合上、全日参加が難しい方は、22日の昼食前(もしくは後)に最寄りの台東駅までお送りいたします。

◇参加申し込み
 日本側からの参加希望者の受付は第2回カマイ(イノシシ)サミットの西表事務局がとりまとめをおこないます。
 下記宛にEメールもしくはFAXで、以下の必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

締め切り:11月13日(土)
 
   西表事務局(代表 石垣金星)
   Eメール:khamaisummit07@gmail.com、FAX:0980-85-6018(石垣金星宛)

#必要事項
1、お名前(代表者)と連絡先(Eメールアドレス、電話など)
2、同行者数(男性と女性をわけてお教え下さい)

3、22日(最終日)のご予定(次のA~Eでお答え下さい)
A)全日参加し、夜も現地宿泊を希望(翌朝(23日)最寄り駅までお送りいたします)
B)全日参加し、夕方に帰る

C)午前中のみ参加し、昼食後に帰る
D)参加せず22日の朝に帰る
E)その他(具体的に)

4、その他(備考)
 旅程などに関し、何かございましたらお知らせ下さい。

その他にご不明な点がございましたら遠慮なく下記までお知らせ下さい。
  西表事務局(khamaisummit07@gmail.com)
スポンサーサイト



<< フィジーと中国人、アントニオ猪木氏とパラオ、反ギャンブルのパラオ世論 | ホーム | ミノル・ウエキパラオ大使の龍谷大学での講演 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP