FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国家主権と課税権、グアムでの日米合同軍事訓練、ニュージーランドに住むアジア人の増加

2002年、3,4月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

OECDという一つの機関が主権国家をかってに「ブラックリスト」にのせて、恐喝まがいのことをしています。
大国主導で世界の課税の在り方を決めて、大国にとって都合が悪くならないように、小国にも大国の課税制度を押し付けているという側面があります。

全ての独立国には自己決定権があり、自由に課税を含めた諸制度を決める権利があります。

4/19 PIR
 3つの太平洋島嶼国がOECDのブラックリストに残っている

 OECDが公表している非協力的な租税逃避地のリストに、太平洋諸島のマーシャル諸島、 ナウル、バヌアツが掲載されている。その他、ブラックリストに掲載されている国として はアンドラ、リベリア、リヒテンシュタイン、モナコがある。

2000年にOECDは35カ国を租税逃避地としてリストに乗せた。同年から、OECD は、租税逃避地を撲滅するキャンペーンを始め、ブラックリストにこれらの諸国を載せる ことで、外国投資家による投資を抑制させようとした。

 OECDの関係者は、来年の4月から、先進諸国がブラックリストに載っている諸国に対 する制裁措置を発動すると述べた。


グアムに日本政府のカネで基地が建設されますが、すでに日米両軍はグアムで共同訓練をしており、拡大した基地が完成したら自衛隊も米軍も狭いグアムで訓練を行い、チャモロ人の人権が大きく侵害されるおそれがあります。



4/26 PIR
 日米合同の軍事訓練がグアムで実施されている

 日米合同の軍事訓練がグアムにおいて実施されている。日程は4月15日から26日ま で、米空軍、海兵隊、そして日本の航空自衛隊が訓練を行っている。 米空軍の広報関係者は」訓練は非常にうまくいっており、全員が訓練の結果 に満足して いる。」と語った。

F16、F15,F/A18ホ―ネット等の戦闘機が訓練で使用されている。グア ムのアンダーセン米空軍基地で実施される日米合同訓練は現在まで四回、実施されており、 今回は600人の軍人が参加した。米空軍関係者によると、今回の訓練の過程で、軍人が 地元のホテル、レストラン、その他の商業施設を利用することなどにより、約50万ドル のお金が地元経済に投下されたと述べた。



アジアと太平洋諸島との関係が非常に深まっており、ニュージーランドに住むアジア人の人口が急増しています。



3/2 PINA Nius Online
  ニュージーランドに定住するアジア人の数が太平洋諸島民の数を上回った

 ニュージーランドにおけるアジア人の増加がこのまま続けば、12年後には、地元の先住民 であるマオリ人の数をも上回ると推測されている。昨年の人口統計によれば、ニュージーラン ドに住む約24万人(15人に1人)はアジア人であった。

一方、太平洋諸島民は約23万人であった。1991年に比べて、アジア人の数は141%増加したが、太平洋諸島民は39% しか増加しなかった。他方、昨年、全人口に占める欧州人の割合は80%であったが、1991年におけるその割合は83%であった。マオリ人は欧州人に次いで多く、526,281人 を数えた。

現在の人口増加率が今後も続けば、10年後にアジア人は578,400人になり、 マオリ人は636,800人になると予想されている。
スポンサーサイト



<< 米領サモアとアジア、バヌアツと課税権、北マリアナ諸島観光と中国市場 | ホーム | 人民の自己決定権と沖縄―自治・独立・平和の実現を目指して(日本平和学会) >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP