FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球経済、独立についての議論

琉球人さんからの琉球経済についてのコメントです。
貴重な提案、感謝します。



産業振興の在り方
有り難い事かどうか、大和は、満たそうと画策しながら、日本のシフトに組み込んで来る事で、琉球人自身のしたたかなる独創性を根絶やしにして来ました。

しかしながら、ウチナーンチュは本来、雑草の様な強さとしたたかさと伸びやかさをを秘めております。
私は独立を考える事によってかえって気が軽くなります。

独創性は信じる者だけに必ず微笑みを讃えてくれる


一億総拝金主義者の民族 日本人からの決別
金で、人の心は買えない! 命も、延命はできても、所詮は一度っきりなのですよ! 日本人は金をちらつかせば、魂まで入れ替わるという錯覚を起こした人々の集まりです。

いい人、親切な人、理解ある人、知性を重視する人、などいるにはいるが、殆どの人は、金と物質の魔力取り付かれた、“孤独なきちがい達”である!

私には、愚直な集団なれども琉球の側で生まれ育った事の方が、どんなに貧しかろうとも幸福であったと断言出来ます。

アメリカに反戦反基地運動を展開している数十万人規模の市民団体(沖縄にも度々来ているらしい)があります。 独立運動の展開もお互いに協調しながら活動できるのではないでしょうか?

アメリカの友人や知人も関心を持っており、双方が歩み寄り手を携えて大きな活動に発展出来ると思います。
とにかく、世界的にも国内的にも、きっかけを最大限増やして行く事が最も重要です。



アバターさんからのコメントです。



日米の植民地から琉球民族独立も近いですね
琉球独立宣言たいへん感激です。

日本から独立した政府・議会なども早く作ってください。
国語は琉球語にして、日本語は第二外国語以下にして
琉球語を回復してください。

伝統文化を復活するために、
共和国より、王国を復活建国の方が魅力的と思います。



王国復活につきまして、そのメリット、誰が王になるのか、具体的にご提案してくださると、有り難いです。

松島
スポンサーサイト



<< 太平洋文化と独立 | ホーム | 琉球は中国のものでも、日本のものでもない、琉球人は自らの足で立つ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP