FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋文化と独立

エルファイアーさんからのコメントとです。



できるだけ手を広げるのは大事だと思います。
知られないことは最も忌避すべきことでありますから。

しかし、それと同時に、ある主義主張のために運動が利用されることも避けなければなりません。



こんばんは。
夜だけは涼しくなってきて、ようやっときちんと眠れそうです。
今年は二つの異常気象の相乗効果で更にオカシクなった年みたいですね。



>上のような結論は推測の域をでません。戦後、中国政府による沖縄に関してどのような公式見解を出してきたのか調べましたか。

公式云々じゃなく、肌で感じたことです。
本音ってものは、ポロっとこぼれ出るものなのだなぁ、と、まあ、思うわけですよ。面と向かって話すと。身バレしたくないんで、あんまり書きませんけどね。


>> >太平洋諸島にすむ民族の源流は、台湾、東南アジア諸島であるといわれています。広大な太平洋を民族はカヌーにのって移動してきました。
>>
>> オーストロネシア語族が急速に南下したのは、当時の東南アジア海洋部が新石器革命をしていないために人口密度が薄く、進出が容易であったためらしいです。
>>
>> その点、沖縄は既に新石器革命を通過しているために、直接的な大量移民が起こらなかったらしいです。
>
>これは誰の説ですか。
>

少し書き方が悪かったですね。
オーストロネシア語族の南下については『銃 鉄 病原菌』より。
当時の沖縄の状態については、考古学と『銃 鉄 病原菌』を組み合わせての推論です。


>東ユーラシアの範囲はどこまでですか。パプアニューギニアとオーストラリアまで含むのですか。ミクロネシア、ポリネシア、メラネシアの人々はどこに属するのですか。


東ユーラシアは、大体のところ、ビルマ~チベット~甘粛省~モンゴル~東シベリア、よりも東の一帯です。地形的にはパプアニューギニアとオーストラリア、オセアニアを含まないような表記ですが、ある程度に御文化的遺伝的共通性があるので含みます。

ミクロネシア、ポリネシアの一帯は、オーストロネシアに含めて考えますが、ハルマヘラ島とメラネシア一帯は、オーストリックとオーストロネシアが混在したり、混ざったりしています。
無論、あくまで大づかみな考え方ですから、厳密にこう、というわけではありませんが。


>中部の文化とオーストリックの文化を沖縄人が理解するというとき、その「理解」は具体的に、何を、どのように理解できるのですか。

文化圏の違いは常識の違いを産みます。
ある文化圏では当然のことが別の文化圏では当然でない、ということは度々起こります。
文化圏と文化圏の中間地帯に居る人々は、ある文化にとっぷりと浸かっている人よりも見聞が広まりやすいのかな、と思った次第。



エルファイアーさんに対する私の回答です。


> こんばんは。
> 夜だけは涼しくなってきて、ようやっときちんと眠れそうです。
> 今年は二つの異常気象の相乗効果で更にオカシクなった年みたいですね。

昨日、パラオから帰ってきましたが、熱帯のパラオのほうが涼しかったです。


>
>
>
> >上のような結論は推測の域をでません。戦後、中国政府による沖縄に関してどのような公式見解を出してきたのか調べましたか。
>
> 公式云々じゃなく、肌で感じたことです。
> 本音ってものは、ポロっとこぼれ出るものなのだなぁ、と、まあ、思うわけですよ。面と向かって話すと。身バレしたくないんで、あんまり書きませんけどね。

中国政府が具体的に琉球に対してどのような見解をしめし、中国人研究者が考えているかについては『島嶼沖縄の内発的発展』の三田論文を読んでみてください。

>
>
> >> >太平洋諸島にすむ民族の源流は、台湾、東南アジア諸島であるといわれています。広大な太平洋を民族はカヌーにのって移動してきました。
> >>
> >> オーストロネシア語族が急速に南下したのは、当時の東南アジア海洋部が新石器革命をしていないために人口密度が薄く、進出が容易であったためらしいです。
> >>
> >> その点、沖縄は既に新石器革命を通過しているために、直接的な大量移民が起こらなかったらしいです。
> >
> >これは誰の説ですか。
> >
>
> 少し書き方が悪かったですね。
> オーストロネシア語族の南下については『銃 鉄 病原菌』より。
> 当時の沖縄の状態については、考古学と『銃 鉄 病原菌』を組み合わせての推論です。
>
>
> >東ユーラシアの範囲はどこまでですか。パプアニューギニアとオーストラリアまで含むのですか。ミクロネシア、ポリネシア、メラネシアの人々はどこに属するのですか。
>
>
> 東ユーラシアは、大体のところ、ビルマ~チベット~甘粛省~モンゴル~東シベリア、よりも東の一帯です。地形的にはパプアニューギニアとオーストラリア、オセアニアを含まないような表記ですが、ある程度に御文化的遺伝的共通性があるので含みます。

ユーラシアですと、梅棹忠夫さんの『文明の生態論』が有名ですが、基本的に大陸ではないですか。地政学でも大陸と島嶼(または海洋)はわけて論じていますね。


>
> ミクロネシア、ポリネシアの一帯は、オーストロネシアに含めて考えますが、ハルマヘラ島とメラネシア一帯は、オーストリックとオーストロネシアが混在したり、混ざったりしています。
> 無論、あくまで大づかみな考え方ですから、厳密にこう、というわけではありませんが。


私はメラネシアのフィジー、ニューカレドニアに行ったことがありますが、具体的にどのように何が「混在」しているのですか。

>
>
> >中部の文化とオーストリックの文化を沖縄人が理解するというとき、その「理解」は具体的に、何を、どのように理解できるのですか。
>
> 文化圏の違いは常識の違いを産みます。
> ある文化圏では当然のことが別の文化圏では当然でない、ということは度々起こります。
> 文化圏と文化圏の中間地帯に居る人々は、ある文化にとっぷりと浸かっている人よりも見聞が広まりやすいのかな、と思った次第。

これも、具体的な事例を示してもらわないと、「本当にそうだ」と心から理解できませんね。

スポンサーサイト



<< 琉球の産業振興、ウチナーンチュになること、琉球王国復活論 | ホーム | 琉球経済、独立についての議論 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP