FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋における米中接近、9.11とマーシャル諸島、9.11とグアム

2001年9月の太平洋諸島ニュースです。

日本政府は米政府のためにグアムに公金を支出して基地を建設しようとしています。
中国はこれから政治経済的に大きな力を得てくるん中で、米国は中国との関係を深め、グアムを米中軍事協力の拠点にするかもしれません。日本政府は、グアムを日米軍事協力の拠点として考えているかもしれマンが、実態はその逆に進んでいます。



9/6 PIR
 米中両国の軍事関係者による会談がグアムで開催される。

 来週、グアムにおいてハイレベルの米中軍事関係者による会談が開催される予定である。双方の代表者は、今年、米軍の偵察機と中国戦闘機との接触のような事故を避けるための方法について議論を行うだろう。米側の代表者は米太平洋艦隊のスミス戦略計画政策局長である。

 アンダーウッド連邦下院グアム代表は、ブレアー米太平洋軍総司令官がグアムでの会談を提案したと述べた。アンダーウッド代表は、「この会談は、経済活動、安全保障、その他においてグアムが太平洋の重要な拠点として存在しており、太平洋地域の安定化にもグアムが大きな役割を果 たしている事実を世界中に知らせる良い機会である。」と述べた。

また、リアン・グアム知事広報官は、「この会談の決定は、米国とアジアを結ぶ架け橋というグアムが有している戦略的位 置の重要性を明らかにしている。」と述べた。



米国での同時多テロの時の太平洋諸島ニュースです。その時、私は沖縄に住んでおり、非常な驚きと、沖縄、太平洋への影響を予測しながらテレビを見たことを思い出します。

同時多発テロは太平洋諸島とも無縁ではありません。



9/11 PIR
米国同時テロに関するケサイ・ノート・マーシャル諸島大統領による声明

 マーシャル諸島と米国とは緊密な関係にあり、クワジェリン環礁 にある米国基地には米国市民が働いており、また、我が国民も米軍に軍人としての任務に就いている。我が国は米国と戦略的な関係で結ばれており、今後、安全保障の面 において米国を支援したいと考えている。

 デブルーム駐米マーシャル諸島大使は、テロが発生した同じ日の朝、ペンタゴンにおいて国防総省の大陸弾道弾ミサイル防衛局長と会談する予定であったが、幸いにもテロ事件に巻き込まれないですんだ。

我が国の戦略的パートナーである米国の人々が今回の攻撃によってもたらされた悲劇に対し、心より哀悼の気持ちを示すとともに、今後、米国が何らかの対抗措置を実施する場合、米国を支援することを明らかにしたい。


グアムには市民兵がおり、いつでも戦えるような体制におかれています。島嶼防衛を強化している日本政府もこのような島民全兵隊化という、沖縄戦の体制を今の沖縄にいて再現しようとしているのではないでしょうか。

9/15 PIR
 国防総省はテロリストの攻撃に備えてグアムにおける戦闘力を強化している。

 昨日、海兵隊のFA―18フォーネット戦闘機がグアムのアンダーソン空軍基地に着陸した。3日~5日後にはイージス艦がグアムに寄港する予定である。

ボダリオ知事代理は、グアムにおける軍事力の強化は、米本土で発生したテロの更なる攻撃に備え、そして、グアム住民に安心感を与えるために実施されていると述べた。  グアム市民兵は、24時間配備体制から解除され、職場待機の状態になった。市民兵は有事に関連した諸機関と連絡を密にしながら警戒にあたっている。
スポンサーサイト



<< 世界への発信、オスプレイ続き | ホーム | フィジーとバヌアツとの貿易、太平洋諸島の遠隔教育、太平洋諸島の遠隔医療 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP