FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「沖縄問題」とは何か

藤原書店から『環』43号が発刊されました。特集は「沖縄問題」とは何か、です。
本特集の中に拙論「沖縄は日本の植民地である―沖縄問題の根源とその解決」がおさめられています。
またアイヌ民族の結城さん、琉球民族の海勢頭さんと小生との対談も掲載されています。

他の沖縄問題についての論考も非常に刺激的ですので、是非お読みください。

また、本書の小特集で紹介されている竹内敏晴さんが実践され、考えてこられた、ことば、出会い、からだについて本源的に考え、演劇と教育との融合について大変、関心を持ちました。




●【特集】 「沖縄問題」とは何か
■ 「琉球処分」から考える

    いまだに続く「琉球処分」【同化と異化のはざま】 / 大城立裕

    「琉球処分」という負の遺産 / 西里喜行

    沖縄独立【地域主権革命の延長線上で】 / 平恒次

■ 沖縄米軍基地と日米安保

    「私たちに近づくな」【政権交代後の外交立て直しの挫折】 / 川満信一

    本土メディアの歪んだ報道【普天間問題とは何か】 / 屋良朝博

   「新・沖縄密約」を情報公開せよ【普天間は「移設」ではなく「閉鎖」を】 / 真喜志好一

    普天間・辺野古は安保に必須ではない【「抑止力」を支えるのは嘉手納】 / 佐藤学

    近代日本と沖縄の「位置」 / 櫻田淳

    「現実主義」からみた沖縄問題 / 中本義彦

    約四十年、何も変わっていない【基地集中の真の原因】 / 三木健

    沖縄県民は生け贄? / 上原成信

    日米の軍事基地はヤマトへ / 照屋みどり

    沖縄問題は日琉米中問題である【植民地主義パワーバランスか平等互恵体制か】 / 武者小路公秀

■ 沖縄の独立と自治
    沖縄は日本の植民地である【沖縄問題の根源とその解決】 / 松島泰勝
    チヤースガ、ウチナー(どうする沖縄)!【政治だけではない沖縄問題】 / 金城実

    沖縄は日本ではない / 島袋マカト陽子
    琉球問題へ / 高良勉
    「琉球自治共和国連邦独立宣言」をなぜ発したか / 石垣金星

    「琉球政府」という歴史的経験【沖縄の自治と未来】 / 増田寛也
    今に生きる復帰前の民衆自治の成果【「屋良覚書」と下地島空港】 / 下地和宏
    琉球の平和思想と龍宮神ジュゴン【私の謎解きの旅】 / 海勢頭豊

■ 「境界」としての沖縄
    境界研究からみた「沖縄」【「歴史的日本」の虚像を越えて】 / 岩下明裕
    沖縄とパレスチナから考える「占領」と「独立」 / 早尾貴紀
    それは日本問題である【日本兵の遺骨が訴えるもの】 / 後田多敦

    沖縄に向き合う【徳之島案反対から生まれた連帯】 / 久岡学
    徳之島移設案と「琉球処分」【奄美から沖縄米軍基地を考える】 / 前利潔

    奄美から見た民族自決問題【奄美・沖縄・琉球】 / 新元博文
    「辺境」をつくり出すのは誰か? / 西川潤
    「沖縄問題」は「南北問題」 / 勝俣誠



●【小特集】
◎昨年急逝した演出家・竹内敏晴。その〝からだ〟の稀有な来歴にふれた人々が語る。
竹内敏晴さんと私  名著『ことばが劈かれるとき』を遺した演出家・竹内敏晴とは何者か。
   竹内敏晴 箴言集 
   伊藤伸二 稲垣正浩 岩川直樹 大城立裕 岡嶋正恵 加藤博史 木田元
   
栗原彬 鴻上尚史 今野哲男 申谷雄二 芹沢俊介 徳永進 中嶋廣 西堂行人
   藤本由香里 松井洋子 三井悦子 三砂ちづる 見田宗介 光元和憲 明定義人 
   吉岡友治 米沢唯

◎詩人・作家の森崎和江が、その彷徨の半生において抱えつづけるものとは何か。
いま、なぜ森崎和江か
森崎和江 今もなお心にかかる二つのこと
姜尚中+森崎和江 異郷と故郷のはざまで
水溜真由美 「筑豊」を問い直す【大正闘争後の森崎和江】

◎二度とはかなわない、 奇跡の邂逅。
  〈対談〉 詩とはなにか
  【二人の詩人をつなぐもの】  互いの詩と格闘し生まれる対話
       金時鐘(詩人) / 吉増剛造(詩人)

◎北と南からの提言
  〈鼎談〉琉球とアイヌをつなぐ 
   独自の歴史と文化を持ちながら、土地と文化を奪われてきた両者の対話から
   見える希望とは?
       海勢頭豊(シンガーソングライター・作曲家)
       結城幸司(版画家・ミュージシャン)
       松島泰勝(「ゆいまーる琉球の自治」代表)

● 寄稿
    北沢方邦 今、なぜ丸山眞男を批判するか【戦後民主主義批判】
    松岡利道さんを偲ぶ  太田仁樹 / 正木八郎
   青木やよひさんを偲ぶ 井上輝子 / 江原由美子 / 大橋由香子 / 倉橋玲子 / 藤本一子
● 連載
■ 新連載 儒教の経典の筆頭であり、古代中国の哲学と宇宙観の集大成『易経』を読む。
 易とはなにか 1 【知られているようで、知られていない易】 黒岩重人
■ 金子兜太の句 無言館にて / 石牟礼道子の句 ねむれる貝

■ 天に在り――小説・横井小楠 3 「実学党の章」 小島英記
■ 竹山道雄と昭和の時代 4 「西欧遍歴」 平川祐弘
■ 近代日本のアジア外交の軌跡 11 「辛亥革命への外交的対応」 小倉和夫

■ 水の都市論――大阪からの思考 12 (最終回) 「水 景」 橋爪紳也
■ 伝承学素描 19 「ユーラシア東辺島嶼文明の構図」 能澤壽彦
●〈書物の時空〉
■ 名著探訪  『洛中書問』(大山定一・吉川幸次郎著) 一海知義

『とこしへの川』(竹山広著) 佐佐木幸綱
『スペイン革命全歴史』『スペイン内戦』(R・ボロテン著) 速水融
『大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清』(松元崇著) 塩川正十郎

■ 書 評
  『「歴史」の体制』(F・アルトーグ著) 【メタヒストリー的思考の現在】 鹿島徹
  『趙紫陽 極秘回想録』(趙紫陽ほか著) 【趙紫陽の「政治的遺言」】 及川淳子
■ 連載 明治メディア史散策 6 「時代区分について」 粕谷一希
■ 本をめぐる対話 6 「雑誌の創造力」 森まゆみ+粕谷一希

読者の声 / 執筆者紹介


スポンサーサイト



<< オスプレー沖縄配備の問題性 | ホーム | 世界への発信、オスプレイ続き >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP