FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新元博文さんの授業

昨日、新元さんが龍谷大学にお越しくださり、午前、午後、夕方と3回授業をしてくれました。

午前中は地域経済の授業において、約200人の学生を前にして、大きな声で、奄美諸島の歴史を中心に、地域経済と
奄美との関係について話をされました。

ゆいまーるの集いで撮影した写真もみせて、宇検村の豊かさ生活、現在抱える諸問題を提示し、一人ひとりの学生に語りかけるように島の話をされました。最後には、風でのどが痛い中、島の唄を歌って下さいました。

大雨で大きな被害を受け、今も台風が向かっている奄美大島から新元さんに感謝の言葉を述べていた学生の声が印象的でした。学生はこれから奄美諸島のことを他に人ごとではなく、「新元さんの島」として身近に感じ、関心を持ち、島に行き、考えてくれることを期待しています。

お昼時間も学生とともに食事をし、島の話を熱心にされました。

午後の私の演習では、30名近い学生から出された一つ一つの質問に対して、やさしく、心のこもった回答をして下さいました。島の文化、歴史、自然の権利、唄、黒糖焼酎、過疎化の問題、島おこしの実践、など、具体的に話して下さいました。

不便さについて学生が質問したのに対して次のようにこたえていました。奄美の近代化は沖縄、本土の近代化の速度に比べれば不便だとはいえる。しかし、不便だからこそ、これからは人が奄美を訪問するようになる。不便な場所に豊かな自然や文化があり、不便さをなくすために近代化を急ぐのではなく、それを活かす必要がある。

夕方の国際開発学会島嶼部会、民際学研究会の共同研究会、大学院演習の授業合同の研究会では、一人ひとりの大学院の学生の研究テーマにそったかたちで、「奄美大島の本当の豊かさ」について話してもらいました。

中国における格差問題、中国での森林緑化活動(新元さんは造園家でもあり、緑化活動をされています)、志布志湾での石油備蓄活動と宇検村での石油精製工場反対運動との比較、宇検村における農業等、具体的に話してくれました。奄美大島における振興開発と内発的発展のこころみを新元さんの実際の活動を通じて教えてもらいました。


そのあと、近くの食堂で交流会をして、さらに島の豊かさ、課題、新元さんの生活、生き方などについて学ばせていただきました。

朝から晩まで新元さんと一緒に過ごしました。
新元さんの言葉には島の生活がしっかりと根付いており、魂が声、言葉となって私の魂に響いてきました。学生さんたちも同じような一体感を感じ、奄美諸島を身近な存在として感じ、多くのことを学んだと思います。

大変な時期に、京都においでくださり、心より感謝いたします。
スポンサーサイト



<< 琉球とチベット・ウイグル | ホーム | 琉球語、チベット・ウイグル >>


コメント

昨年の5月に沖泳良部島で新元さんとお会いしましたが、豊かな時を共有できてとても楽しかったです。新元さんの言葉はこころが揺さぶられますよね。11月に伊平屋島で会えるかなーってとても楽しみにしています。

Re: タイトルなし

> 昨年の5月に沖泳良部島で新元さんとお会いしましたが、豊かな時を共有できてとても楽しかったです。新元さんの言葉はこころが揺さぶられますよね。11月に伊平屋島で会えるかなーってとても楽しみにしています。

新元さんは、ただ声が大きいだけでなく、島の自然、文化の中でつくられた、魂の声、ことばだと、改めて感じました。学生さんも、本来の人間の声にであったような、驚きの顔でした。

新元さんもお誘いしましたが、ぜひ来られたらと思います。

 松島

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP