FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球とチベット・ウイグル

加計呂麻人さんからのコメントです。

琉球がチベットやウイグルと同じ状況ですって?正気ですか?いつ数百万人も沖縄人が虐殺されました?

アメリカが人種差別的なのは1924年の排日移民法でに明らかですし、オーストラリアでは今もヨーロッパ人の国籍取得は簡単なのに有色人種は永住権さえなかなか貰えません。大東亜戦争はそんな白人支配の世界の中で日本が有色人種の国として安全保障を求めた戦争でした。勿論、戦争末期には国内でも沖縄や樺太や千島で激しい地上戦があって多大の犠牲者が出たのも確かですが、その結果、世界中の植民地が開放されるキッカケとなった点で日本の戦争は歴史的意義があったと思います。

ところで現在の世界中の脅威は中国です。今の日本に単独で尖閣諸島を守る力があると思われますか?沖縄人があのヤクザ国家の中国から沖縄を守る力があると思われますか?最近も、中国政府の息がかかった研究者から沖縄は元々中国の属国で、今も主権は中国になるという研究が発表されていますよ。

私も沖縄は将来独立すべきだと思いますが、すぐ隣に牙をむいた無法国家がいる今はとても無理です。独立するのは中国共産党が崩壊してからでしょう。今は好むと好まざるにかかわらずアメリカに頼らざるを得ません。何もアメリカが正義だなどとは思っておりませんが、無法者の中国よりは百倍マシです。

> アメリカが人種差別的なのは1924年の排日移民法でに明らかですし、オーストラリアでは今もヨーロッパ人の国籍取得は簡単なのに有色人種は永住権さえなかなか貰えません。



私の回答です。

> 琉球がチベットやウイグルと同じ状況ですって?正気ですか?いつ数百万人も沖縄人が虐殺されました?

沖縄戦、米軍支配、基地の押し付けによって琉球人は多くの人が犠牲になったのであり、人種差別であり、民族抹殺の行為であったといえます。中国の先住民族の場合と同じ構造的状況に琉球はおかれてきました。


コメントありがとうございました。

平和主義、基本的人権の尊重を掲げる日本国憲法のもとにある沖縄では人権はまもられず、平和でもありません。日本に「復帰」して38年もたっているのに、沖縄人が反対しているのに、押し付けている。これは人種差別以外の何物でもありません。

大東亜戦争はそんな白人支配の世界の中で日本が有色人種の国として安全保障を求めた戦争でした。勿論、戦争末期には国内でも沖縄や樺太や千島で激しい地上戦があって多大の犠牲者が出たのも確かですが、その結果、世界中の植民地が開放されるキッカケとなった点で日本の戦争は歴史的意義があったと思います。

世界の国が独立したのは、日本のおかげではなく、それぞれの地域で民族解放闘争を戦い、国連がそれを支援したからです。日本のおかげで独立したという国がどこにありますか。


ところで現在の世界中の脅威は中国です。今の日本に単独で尖閣諸島を守る力があると思われますか?

日本政府は、尖閣問題をきっかけにして島嶼防衛を強化して、中国と戦争をしようとしています。犠牲になるのは島人なのです。尖閣諸島を自分のものだといって守るのではなく、互いに活用する方向に知恵を絞るべきです。

沖縄人があのヤクザ国家の中国から沖縄を守る力があると思われますか?

日本は中国からはなれてどこか遠くに行くことはできません。地球が存在する以上、中国と隣国のままです。
互いに共存する方法を、一人の民として考え実践することが重要だと思います。


最近も、中国政府の息がかかった研究者から沖縄は元々中国の属国で、今も主権は中国になるという研究が発表されていますよ。私も沖縄は将来独立すべきだと思いますが、すぐ隣に牙をむいた無法国家がいる今はとても無理です。独立するのは中国共産党が崩壊してからでしょう。今は好むと好まざるにかかわらずアメリカに頼らざるを得ません。何もアメリカが正義だなどとは思っておりませんが、無法者の中国よりは百倍マシです。


沖縄にいる米軍も十分「無法者」ですよ。琉球帰属を主張する中国人研究者の存在を知っています。琉球は中国にも日本にも属しません。日本はいつまで米国に頼り、自分で何も考えないという戦後体制を続けるのですか。
日本人には自立心、自尊心がないのですか。

スポンサーサイト



<< 琉球と尖閣諸島、国連 | ホーム | 新元博文さんの授業 >>


コメント

加計呂麻人さんの解釈について

第二次世界大戦において、日本はナチスドイツ、イタリアファシスト党三国同盟による一致体制により、枢軸国連合作戦下によって戦争を遂行開始しました。ナチズムは、言い換えれば、究極的な白人主義とも言えると思いますし、ホロコーストは、許しがたい歴史です。
植民地解放運動の事実上の先達は、マハトマ・ガンジーのインドではないですか?
いずれにしろ、ナチズムと結託してしまった事は戦前の日本の不幸です。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

加計呂麻人さんの解釈について

中国は、日本及び琉球に対する脅威論とは、又、別に外交政策上問題がある国である事は自明の理です。
世界の人々との心からの連携で、変革していかなければならない全人類的課題と言えるでしょう。
とにかく、気難しい巨大な国で在る事も間違いない事実です。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 加計呂麻人さんの解釈について

> 第二次世界大戦において、日本はナチスドイツ、イタリアファシスト党三国同盟による一致体制により、枢軸国連合作戦下によって戦争を遂行開始しました。ナチズムは、言い換えれば、究極的な白人主義とも言えると思いますし、ホロコーストは、許しがたい歴史です。
> 植民地解放運動の事実上の先達は、マハトマ・ガンジーのインドではないですか?
> いずれにしろ、ナチズムと結託してしまった事は戦前の日本の不幸です。
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントありがとうございます。後日、ブログ本文にて紹介します。

Re: 加計呂麻人さんの解釈について

> 中国は、日本及び琉球に対する脅威論とは、又、別に外交政策上問題がある国である事は自明の理です。
> 世界の人々との心からの連携で、変革していかなければならない全人類的課題と言えるでしょう。
> とにかく、気難しい巨大な国で在る事も間違いない事実です。
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

このような国とどのように付き合っていけるか、付き合う意思があるかが問われています。

中国の沖縄への領土欲

■中国の沖縄への領土欲
http://elfire.blog73.fc2.com/blog-entry-118.html

自分のブログにも書きましたが、中国が琉球を『解放』しようという言説が、だんだんとオフィシャルになってきているのを感じます。

高官とは言えないものの、中国政府の公的機関の人間が、中国共産党の機関誌を発行している新聞社の専門誌で、「同胞が苦難に直面している時、我々はその独立闘争に手を差し伸べるべきだ」と発言した、というのは思った以上に大きなことかと思います。





Re: 中国の沖縄への領土欲

> ■中国の沖縄への領土欲
> http://elfire.blog73.fc2.com/blog-entry-118.html
>
> 自分のブログにも書きましたが、中国が琉球を『解放』しようという言説が、だんだんとオフィシャルになってきているのを感じます。
>
> 高官とは言えないものの、中国政府の公的機関の人間が、中国共産党の機関誌を発行している新聞社の専門誌で、「同胞が苦難に直面している時、我々はその独立闘争に手を差し伸べるべきだ」と発言した、というのは思った以上に大きなことかと思います。



どのように中国は琉球の独立闘争に対して具体的に支援しようと提案しているのでしょうか。また、琉球独立後の、中国との関係についても提言がなされていますか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP