FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球と尖閣諸島、国連

読者からのコメントを掲載します。

> 先生の意見を賛成します。琉球は昔からずっと独立な王国であり、いまでも中国のものでも、日本のものではありません。中国の反日デモはただ少数の大学生が尖閣諸島での衝突
> 事件に対して不満を表した態度です。尖閣諸島の主権所有問題について先生の意見を聞いていただけませんか。



私の回答です。

> 先生の意見を賛成します。琉球は昔からずっと独立な王国であり、いまでも中国のものでも、日本のものではありません。中国の反日デモはただ少数の大学生が尖閣諸島での衝突
> 事件に対して不満を表した態度です。尖閣諸島の主権所有問題について先生の意見を聞いていただけませんか。

コメントありがとうございました。ご意見に感謝します。
尖閣列島を巡り、中国、日本、台湾がその所有権を主張しています。日本政府は「領土問題がない」とまでいっています。現実に日本以外の国が所有権を主張しているのですから、領土問題は存在すると思います。
日本の自衛隊は尖閣列島問題を理由にして沖縄の軍備を強化しようとしています。つまり、日本による沖縄支配を強めようとしているのです。

私としては、無人島を巡り、東アジアの平和が失われることはバカげたことであり、戦争がおこり儀礼になるのは琉球人なのです。

尖閣列島の共同所有、共同利用という方法もあります。しかしそれによる乱開発、海の破壊が発生するかもしれません。

私としては尖閣列島を東アジアの永久平和地域にして、東アジアの平和を話し合う場所にしたらどうかと思います。



加計呂麻人さんからのコメントです。

> 世界の国が独立したのは、日本のおかげではなく、それぞれの地域で民族解放闘争を戦い、国連がそれを支援したからです。日本のおかげで独立したという国がどこにありますか。

国連が支持した?とんでもないです。そもそも国連は〝連合軍〟そのもので、第二次大戦の戦勝国クラブです。その〝国連=連合軍〟を構成しているイギリスやフランスやオランダは戦後もアジア各地で再植民地化戦争を繰り広げています。比べて日本軍&日本人がアジア諸国の独立を助けた例はたくさんあります。

例えばインドネシアの独立記念日には3人の日本兵が出てきますが、これはインドネシアの独立に日本軍と日本人が多大に寄与したからです。

大東亜戦争でジャワを占領した日本陸軍第16軍はオランダ植民地に捕まっていた独立推進派のスカルノらをすぐに解放して独立軍を組織させ、将来の独立を約束しました。残念なが日本が戦争に敗れて一旦は頓挫しましたが、日本軍や日本人が育てたインドネシア独立軍は戦後再び舞い戻ってきたオランダと戦い、ついに独立を達成しました。

日本兵も多数その独立戦争の従軍しましたし、今も約千人の日本人がインドネシアの国営英雄墓地に埋葬されおり、その中の6人の日本人が独立名誉勲章であるナラリア勲章を受賞しています。他ではビルマ独立軍の主力戦車は日本の95式軽戦車や97式中戦車でしたし、多くの日本兵がビルマ独立軍に参加したのは有名な話です。

> 中国と隣国のままです。…互いに共存する方法を、一人の民として考え実践することが重要だと思います。…琉球は中国にも日本にも属しません。

「琉球は中国に属さない」とこちらが言っても相手が全く聞く耳を持たないのですからどうしようもありません。チベットやウイグルを見てください。ヤクザ国家の中国は自分が欲しいと思えばどんな理不尽な理由をつけても盗りにきます(例:尖閣諸島)。それが卑劣な独裁国家の本性です。ある日突然、隣のヤクザが自分の家にやってきて、ピストルを突きつけながらここは明日からオレの家だから命が惜しかったら黙って言うことを聞け、と言われるようなものです。

…日本人には自立心、自尊心がないのですか。

スミマセン、私は加計呂麻人です。



私の回答です。

コメントありがとうございました。

> > 世界の国が独立したのは、日本のおかげではなく、それぞれの地域で民族解放闘争を戦い、国連がそれを支援したからです。日本のおかげで独立したという国がどこにありますか。

>
> 国連が支持した?とんでもないです。そもそも国連は〝連合軍〟そのもので、第二次大戦の戦勝国クラブです。その〝国連=連合軍〟を構成しているイギリスやフランスやオランダは戦後もアジア各地で再植民地化戦争を繰り広げています。比べて日本軍&日本人がアジア諸国の独立を助けた例はたくさんあります。例えばインドネシアの独立記念日には3人の日本兵が出てきますが、これはインドネシアの独立に日本軍と日本人が多大に寄与したからです。大東亜戦争でジャワを占領した日本陸軍第16軍はオランダ植民地に捕まっていた独立推進派のスカルノらをすぐに解放して独立軍を組織させ、将来の独立を約束しました。残念なが日本が戦争に敗れて一旦は頓挫しましたが、日本軍や日本人が育てたインドネシア独立軍は戦後再び舞い戻ってきたオランダと戦い、ついに独立を達成しました。日本兵も多数その独立戦争の従軍しましたし、今も約千人の日本人がインドネシアの国営英雄墓地に埋葬されおり、その中の6人の日本人が独立名誉勲章であるナラリア勲章を受賞しています。他ではビルマ独立軍の主力戦車は日本の95式軽戦車や97式中戦車でしたし、多くの日本兵がビルマ独立軍に参加したのは有名な話です。


国連には脱植民地化委員会があり、これまで多くの国の独立を支援してきました。国連における「植民地付与宣言」等、独立、人民の自己決定権を保障するための国際法も国連を中心につくられ、運動が展開されてきたことも有名な事です。

インドネシアとビルマの独立を日本国として支援したのですね。それは本当にインドネシアゆあビルマの人のことを考えてのことでしょうか。

満州国のように、独立させて傀儡政権をつくり、日本が支配するためではなかったのですか。インドネシア、ビルマ以外に、日本国の支援によって独立を達成した国はありますか。


>
> > 中国と隣国のままです。…互いに共存する方法を、一人の民として考え実践することが重要だと思います。…琉球は中国にも日本にも属しません。
>
> 「琉球は中国に属さない」とこちらが言っても相手が全く聞く耳を持たないのですからどうしようもありません。

まったく聞く耳を持たないといって、何も主張しないのでは、相手の思うつぼです。

チベットやウイグルを見てください。ヤクザ国家の中国は自分が欲しいと思えばどんな理不尽な理由をつけても盗りにきます(例:尖閣諸島)。それが卑劣な独裁国家の本性です。ある日突然、隣のヤクザが自分の家にやってきて、ピストルを突きつけながらここは明日からオレの家だから命が惜しかったら黙って言うことを聞け、と言われるようなものです。


中国の国際社会の一員であり、国際的な評判を気にしながら外交戦略を練っています。世界に嫌われたら貿易もできませんからね。冷静に中国とどのように付き合えばいいのかを考えるべきだと思います。

>
> …日本人には自立心、自尊心がないのですか。
>
> スミマセン、私は加計呂麻人です。


加計呂麻人として、徳之島への米軍基地移設案をどう思いますか。

スポンサーサイト



<< 『日米同盟という欺瞞、日米安保という虚構』 | ホーム | 琉球とチベット・ウイグル >>


コメント

大日本帝国の日本兵が参加したのではなく、目覚めた一人の人間として、一個人として、活動したハズです。

「ビルマの竪琴」の、水島上等兵の話が思い出されます。
似た様な事情のドラマは沢山存在しています。

命令によって武装した兵隊が、任務を遂行したのではない!!

一個人が、一人の人間が、命令ではない自分自身の強い意思と人間愛によって、活動実行したのです。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

我々は、本当の友情と偽の友情を見極めなければならない!

様々な局面、我々を含め、様々な人間に言える真実ではあるが、必ずしも、純粋可憐な美しいモノは、“それを動かす人間によっては、それと反対の作用しかねない危険性も同時に存在している”のです。
同様に、一般的な経験上、理想と現実は分科すると、支離滅裂を必ず招きます。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

独りよがりや孤立する事は敵の思う壷である事も、又、自明の理である


第二次世界大戦で、エチオピアにイタリア軍が圧倒的近代武装をもって、進攻しました。開戦当初は、連合軍のどの国も助ける事が出来なかった。
戦略上重要な地点に位置しているが故にです。
だが、誇り高きエチオピアは、負けなかった。原始的な武器で勇ましく応戦しました。
国連で世界に向け、不当性を訴え続けました。

ナチスは、ポーランドを壊滅状態までに陥れ、バルバロッサ作戦を進攻させ、無惨にも、侵略した国の人々まで、多数民間人を殺害して来ました。
ソ連は、一千万人の戦死者を出して、国土を守りました。スターリンの粛正によって戦死者としてカウントされている数も少なからずいますが、ナチスは、ロシアの豊かな資源を是が非でも手に入れたかった為、東部戦線はかなりの激戦地帯だったことが想像つきますね。
私達は、同じ枢軸国の残忍非道さは、殆ど話題にはしません。

我々、日本人全体の第二次世界大戦論は、被害者意識ばかりの一方通行の議論ばかりで、非常に、残念です。

我々は、ナチズムに加担した国なのですよ。
ヒットラーと握手した国なのですよ。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

千島列島や樺太や満州や南モンゴル(内モンゴル)や台湾など、
最も日本が植民地支配していた地域が、
民族独立を果たすどころか、ロシア・中国の植民地になっています。
アイヌ民族、満州人、南モンゴル人、高砂族など、
植民地支配下のまま民族消滅へ追い込まれています。

そもそも満州や南モンゴルなど中国化した漢民族入植は、
日本植民地支配が北方民族の母なる大地を奪って、
開墾させ始めた政策ですね。

世界の国の独立と大げさに言いますが、
インドネシアやビルマの民族独立にちょっと関係したくらいで、
ほとんどの世界の民族独立には無関係です。
インドネシア・ビルマにしても多くの被抑圧民族が民族独立と逆に抑圧されています。

Re: タイトルなし

> 千島列島や樺太や満州や南モンゴル(内モンゴル)や台湾など、
> 最も日本が植民地支配していた地域が、
> 民族独立を果たすどころか、ロシア・中国の植民地になっています。
> アイヌ民族、満州人、南モンゴル人、高砂族など、
> 植民地支配下のまま民族消滅へ追い込まれています。
>
> そもそも満州や南モンゴルなど中国化した漢民族入植は、
> 日本植民地支配が北方民族の母なる大地を奪って、
> 開墾させ始めた政策ですね。
>
> 世界の国の独立と大げさに言いますが、
> インドネシアやビルマの民族独立にちょっと関係したくらいで、
> ほとんどの世界の民族独立には無関係です。
> インドネシア・ビルマにしても多くの被抑圧民族が民族独立と逆に抑圧されています。

マジョリティによる民族独立と、先住民族、少数民族の権利の対立は今でも世界中にあります。
先住民族としての各島々の人々の自己決定権をちゃんとふまえた独立でなくてはなりません。


Re: 独りよがりや孤立する事は敵の思う壷である事も、又、自明の理である

> 第二次世界大戦で、エチオピアにイタリア軍が圧倒的近代武装をもって、進攻しました。開戦当初は、連合軍のどの国も助ける事が出来なかった。
> 戦略上重要な地点に位置しているが故にです。
> だが、誇り高きエチオピアは、負けなかった。原始的な武器で勇ましく応戦しました。
> 国連で世界に向け、不当性を訴え続けました。
>
> ナチスは、ポーランドを壊滅状態までに陥れ、バルバロッサ作戦を進攻させ、無惨にも、侵略した国の人々まで、多数民間人を殺害して来ました。
> ソ連は、一千万人の戦死者を出して、国土を守りました。スターリンの粛正によって戦死者としてカウントされている数も少なからずいますが、ナチスは、ロシアの豊かな資源を是が非でも手に入れたかった為、東部戦線はかなりの激戦地帯だったことが想像つきますね。
> 私達は、同じ枢軸国の残忍非道さは、殆ど話題にはしません。
>
> 我々、日本人全体の第二次世界大戦論は、被害者意識ばかりの一方通行の議論ばかりで、非常に、残念です。
>
> 我々は、ナチズムに加担した国なのですよ。
> ヒットラーと握手した国なのですよ。
>

琉球人も日本国民であり、ナチズムに加担した国の一員であったという加害者性を認識しなければなりません。
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP