FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第8回ゆいまーるの集い in 伊平屋島

いよいよ、ゆいまーるの集いが来週、金曜日から始まります。
最新のスケジュールをお伝えします。
以前紹介した報告者に追加があります。
ご参加されたい方は、私にご連絡ください。



「第8回ゆいまーるの集い in 伊平屋島」へのご招待 

2007年にNPO法人ゆいまーる琉球の自治が設立されました。これまで、久高島、奄美大島、伊江島、西表島、沖永良部島、平安座島、宮古島で住民の集いを開催してきました。島の課題は島の住民が自らの頭で考え、実践して解決
するしかないという「自治的自覚」を互いに持つための住民の集いです。

多くの方が集い、互いに学び合える場になればと思います。

1.場所:伊平屋島、前泊集落センター

2.島外からの参加者の宿泊場所
ホテルにしえ(0980-46-2145)にご予約下さい(現在10部屋分予約しています)

3.スケジュール
11月12日午後2時ごろから島内観光をします。レンタカーに分乗して、伊平屋島の史跡などを訪問します。西江重信さんがご案内します。
夕方よりホテルにしえの東屋にて交流会・海勢頭豊さんのオペラ「海の岩宿物語」ビデオの鑑賞

11月13日
午前9時より前泊集落センターにて集いを始めます
参加者の自己紹介
*「自治とは何か」藤原良雄(藤原書店)
*「琉球の自治・自立・独立と伊平屋島」松島泰勝(龍谷大学)

*「伊平屋島から見た琉球王国の成り立ち」海勢頭豊(平和音楽家)
*「ようこそ沖縄伊平屋島へ、私たちの取り組み」西江重信(グループエコライフ)

昼食
1時半より
*「伊平屋島民俗散歩」上江洲均(沖縄県民俗学会会長)
*「田名ぐすくの文化財的価値」當眞嗣一(沖縄考古学会副会長)

*「つながる力とつなげる力」大見謝るみ子(伊平屋島商工会女性部部長)
夕方よりホテルにしえの東屋にて交流会

11月14日
午前8時よりNPO法人ゆいまーる琉球の自治の会員総会
午前9時伊平屋島発フェリーに乗船

4.交通方法

那覇から高速バスで名護まで行き、名護からはタクシーで本部半島運天港へ、運天港から船で伊平屋島へ。または那覇からレンタカーで運天港までいき、そこから船で伊平屋島へ。
船のスケジュールについては、伊平屋島役場のホームページを参照してください。
12日午後の伊平屋島見学に参加される方は、運天港から11時発のフェリーに乗ってください。
スポンサーサイト



<< 琉球と中国、徳之島への米軍移設問題 | ホーム | 『日米同盟という欺瞞、日米安保という虚構』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP