FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球と中国、徳之島への米軍移設問題

加計呂麻人さんのコメントです。


> インドネシアとビルマの独立を日本国として支援したのですね。それは本当にインドネシアゆあビルマの人のことを考えてのことでしょうか。

大東亜共栄圏構想は日本主導とはいってもアジア諸国の独立の上でのものですし、今も東南アジアや南太平洋の島嶼国家でも日本に感謝の念を抱いている国たくさんありますよ。先生のお好きなパラウもそうでしょう。

> 満州国のように、独立させて傀儡政権をつくり、日本が支配するためではなかったのですか。

そもそも満州の地は中国ではありません。それが証拠に歴代中国王朝の境をなす万里の長城は中国と満州の境界にあり、清朝時代、満州は漢民族禁足地でした。満州国の建国は、はじめに愛新覚羅溥儀の側近から関東軍に強い要請があった(RFジョンストン著「紫禁城の黄昏」)のが発端です。

関東軍は最初難色を示しましたが、1931年に入って中村震太郎大尉事件や万宝山事件などが起こり、あまりにも酷い中国人の仕打ちに業を煮やした在留邦人の要請もあり、板垣征四郎と石原莞爾が主導して満州を国民党からの影響から切り離すべく建国されました。

建国に際しての標榜としては王道楽土、五族協和であり、実際に素晴らしい成果を挙げていたと思います。因みに有名なリットンの報告書でも「満洲を巡る問題は極度に複雑であり、満洲事変も単に日本軍が侵略したというような簡単な事件ではない」と言っております。

> まったく聞く耳を持たないといって、何も主張しないのでは、相手の思うつぼです。

強く主張してると思いますよ。先般、石垣市市議会に於いて尖閣諸島防衛にむけた「上陸決議」が可決され、尖閣は日本の領土であるという主張がなされております。でも、中国は耳をかしませんよね。今になって一時棚上げにして共同開発なんて言っていますが、その反面、領土に於いて譲歩は一切しないとも言っております。そもそも共同開発なんて言っている時点で自分のものではないことを自覚しているのは明らかです。

つまり確信犯なんですよ。例を挙げれば大正9年5月20日に中華民国の駐長崎領事が中国漁民が尖閣列島に漂着した際、それを救助した当時の沖縄県石垣村村民に感謝状を贈っておりますが、その感謝状には「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島内和洋島」と書いてあります。とにかく自分に都合が悪いことは完全に無視です。

> 中国の国際社会の一員であり、国際的な評判を気にしながら外交戦略を練っています。世界に嫌われたら貿易もできませんからね。冷静に中国とどのように付き合えばいいのかを考えるべきだと思います。

中国が国際社会の一員としての自覚を持っているとはとても思えません。例えば反分裂国家法を策定し〝台湾独立の気運あらば武力行使する〟と明言しています。ことあるごとに恫喝を繰り返すヤクザと同じで、共産党幹部の私利私欲のためだけに動いているならず者国家です。こんな連中とどう冷静に付き合えと言うのでしょうか?

> 加計呂麻人として、徳之島への米軍基地移設案をどう思いますか。

私の叔母夫婦は戦後、日本本土と切り離された奄美ではとても食べて行けないということで沖縄に渡りました。今も沖縄では米軍基地勤務は非常に人気だそうですね。もし、アメリカ軍基地が沖縄ではなく奄美にあったなら叔母夫婦も沖縄に行かなくてもすんだかもしれません。

アメリカ軍基地は確かに悪かもしれませんが、終戦当時、雇用も食料も十分ではない地域にとっては生きていくための必要悪だったのではないでしょうか。人間が生きていくためには嫌でも泥を被らなければならない面もあると思います。徳之島でも米軍基地誘致の運動はありますが、私はそんな人々を非難する気にはとてもなれません。


松島先生も私も最終的に沖縄や奄美の自立と幸福を願っている点は同じだと思いますが、なかなか認識というか、アプローチの仕方で溝が埋まりませんね。ところで松島先生は人権問題に厳格なはずなのに、どうして中国による現代進行形の植民地支配(東トルキスタン、チベット、内モンゴル、満州等々)や人権抑圧問題には目を瞑るのですか?私にはそのあたりが非常に疑問です。

ただ、これ以上先生の貴重なお時間を割いて頂いては申し訳ありませんので、最後にひとつだけ。…1928年に満州を視察した米モルガン財団代表のモランドはオールズ米国務長官に出した書簡の中で「満州は全支那で唯一の安定した地域であり、日本人がいたからこそ満州は安定が期待でき、日本の満州開発は中国人の利益にもなっている。

今や中国人は他のどこにいても受けねばならない匪族や馬賊の略奪から逃れるために何千人という単位で陸続と南満州へ流れ込んでいる」と書いています。「満州国」の素晴らしい成果は決して日本人や日本企業だけのものではありませんでした。

もし、日本政府とアメリカの鉄道王ハリマンが結んだ南満州鉄道共同経営の契約が小村寿太郎の大反対で反故になっていなければ、決して太平洋戦争は起こらなかった(アメリカと日本の利害が一致したから)でしょうが、東南アジア地域が依然としてヨーロッパの植民地のままだった可能性はかなり高いと思います。




私の回答です。

コメントありがとうございました。

> > インドネシアとビルマの独立を日本国として支援したのですね。それは本当にインドネシアゆあビルマの人のことを考えてのことでしょうか。
>
> 大東亜共栄圏構想は日本主導とはいってもアジア諸国の独立の上でのものですし、今も東南アジアや南太平洋の島嶼国家でも日本に感謝の念を抱いている国たくさんありますよ。先生のお好きなパラウもそうでしょう。


先日、パラオのウエキ大使が龍谷大学で講演をされました。日本統治時代における経済発展は日本人のためであり、パラオ人のためではなかったと述べました。ミクロネシアの島々と日本との関係については拙書『ミクロネシア』早稲田大学出版部をお読みください。


>
> > 満州国のように、独立させて傀儡政権をつくり、日本が支配するためではなかったのですか。
>
> そもそも満州の地は中国ではありません。それが証拠に歴代中国王朝の境をなす万里の長城は中国と満州の境界にあり、清朝時代、満州は漢民族禁足地でした。満州国の建国は、はじめに愛新覚羅溥儀の側近から関東軍に強い要請があった(RFジョンストン著「紫禁城の黄昏」)のが発端です。関東軍は最初難色を示しましたが、1931年に入って中村震太郎大尉事件や万宝山事件などが起こり、あまりにも酷い中国人の仕打ちに業を煮やした在留邦人の要請もあり、板垣征四郎と石原莞爾が主導して満州を国民党からの影響から切り離すべく建国されました。建国に際しての標榜としては王道楽土、五族協和であり、実際に素晴らしい成果を挙げていたと思います。因みに有名なリットンの報告書でも「満洲を巡る問題は極度に複雑であり、満洲事変も単に日本軍が侵略したというような簡単な事件ではない」と言っております。

「満州国」の素晴らしい成果とは日本人、日本企業にとってのものではありませんか。


>
> > まったく聞く耳を持たないといって、何も主張しないのでは、相手の思うつぼです。
>
> 強く主張してると思いますよ。先般、石垣市市議会に於いて尖閣諸島防衛にむけた「上陸決議」が可決され、尖閣は日本の領土であるという主張がなされております。でも、中国は耳をかしませんよね。
今になって一時棚上げにして共同開発なんて言っていますが、その反面、領土に於いて譲歩は一切しないとも言っております。そもそも共同開発なんて言っている時点で自分のものではないことを自覚しているのは明らかです。つまり確信犯なんですよ。例を挙げれば大正9年5月20日に中華民国の駐長崎領事が中国漁民が尖閣列島に漂着した際、それを救助した当時の沖縄県石垣村村民に感謝状を贈っておりますが、その感謝状には「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島内和洋島」と書いてあります。とにかく自分に都合が悪いことは完全に無視です。


>
> > 中国の国際社会の一員であり、国際的な評判を気にしながら外交戦略を練っています。世界に嫌われたら貿易もできませんからね。冷静に中国とどのように付き合えばいいのかを考えるべきだと思います。
>
> 中国が国際社会の一員としての自覚を持っているとはとても思えません。例えば反分裂国家法を策定し〝台湾独立の気運あらば武力行使する〟と明言しています。ことあるごとに恫喝を繰り返すヤクザと同じで、共産党幹部の私利私欲のためだけに動いているならず者国家です。こんな連中とどう冷静に付き合えと言うのでしょうか?

日本各地で中国人観光客を呼び込むために色々な対策をとって一生懸命です。日本の輸出市場、企業投資地としても無視できない存在です。多くの日本人は中国となんとかうまくやっていきたいと思っているのではないですか。生活や経済のために。
>
> > 加計呂麻人として、徳之島への米軍基地移設案をどう思いますか。
>
> 私の叔母夫婦は戦後、日本本土と切り離された奄美ではとても食べて行けないということで沖縄に渡りました。今も沖縄では米軍基地勤務は非常に人気だそうですね。もし、アメリカ軍基地が沖縄ではなく奄美にあったなら叔母夫婦も沖縄に行かなくてもすんだかもしれません。アメリカ軍基地は確かに悪かもしれませんが、終戦当時、雇用も食料も十分ではない地域にとっては生きていくための必要悪だったのではないでしょうか。人間が生きていくためには嫌でも泥を被らなければならない面もあると思います。徳之島でも米軍基地誘致の運動はありますが、私はそんな人々を非難する気にはとてもなれません。

現在、沖縄経済の中で基地経済の占める割合は5%程度しかありません。基地跡地の経済活動をみると、基地経済よりも多くの雇用効果、経済効果が上がっており、沖縄の産業界も基地の返還を求めています。
基地は様々な問題を生み、人権侵害の源になり、生活が大きく破壊されます。

コメントありがとうございました。


> 松島先生も私も最終的に沖縄や奄美の自立と幸福を願っている点は同じだと思いますが、なかなか認識というか、アプローチの仕方で溝が埋まりませんね。ところで松島先生は人権問題に厳格なはずなのに、どうして中国による現代進行形の植民地支配(東トルキスタン、チベット、内モンゴル、満州等々)や人権抑圧問題には目を瞑るのですか?私にはそのあたりが非常に疑問です。

別に目をつぶっているのではなく、大変問題であると考えています。


ただ、これ以上先生の貴重なお時間を割いて頂いては申し訳ありませんので、最後にひとつだけ。…1928年に満州を視察した米モルガン財団代表のモランドはオールズ米国務長官に出した書簡の中で「満州は全支那で唯一の安定した地域であり、日本人がいたからこそ満州は安定が期待でき、日本の満州開発は中国人の利益にもなっている。今や中国人は他のどこにいても受けねばならない匪族や馬賊の略奪から逃れるために何千人という単位で陸続と南満州へ流れ込んでいる」と書いています。

モルガン財団は、米国の巨大資本がつくった財団ですね。米国資本も満州への進出を考えていたのでは。満州人の人権よりは、米国資本の利益を優先したのでは。

「満州国」の素晴らしい成果は決して日本人や日本企業だけのものではありませんでした。もし、日本政府とアメリカの鉄道王ハリマンが結んだ南満州鉄道共同経営の契約が小村寿太郎の大反対で反故になっていなければ、決して太平洋戦争は起こらなかった(アメリカと日本の利害が一致したから)でしょうが、東南アジア地域が依然としてヨーロッパの植民地のままだった可能性はかなり高いと思います。


当事者である満州人等から日本支配の満州国を評価する声はありますか。

加計呂麻人さんは中国事情について非常に詳しいですね。島に住みながら、ご研究されているのですか。

スポンサーサイト



<< 琉球独立の世論調査、奄美と沖縄 | ホーム | 第8回ゆいまーるの集い in 伊平屋島 >>


コメント

何故? 日本人は....

アメリカ合衆国も、カナダも、オーストラリアも、ニュージーランドも、元々は、イギリスの半植民地的国から出発していますが、今や、完全な独立した、個性溢れる世界の名士国家です。
歴史的にみれば、イギリスの影響から離れて、着実に、自分達の国の存在意義を世界の中で築き上げ様と意欲的です。

何故?日本人は、上辺だけの評価に気を奪われて、自分達の国の、人材、人的資源、独創力、勤勉さを、守り抜く事が出来ないのでしょうか?
外との価値観のすれ違いが、発生しだすと、簡単に自分達自身を見限るのでしょうか?
あるいは、卑屈な独りよがりに陥るのでしょうか?

答は簡単です。
血の通わない心に自分自身が負けているからです。
自分自身から一番身近な、皮膚感覚より、身を護るのに勝る確かなモノはない。
頭の中が、独善感覚の鎧で着膨れしているからです。

自分の屁理屈を語るのは、誰にでも出来る。
現実、人々を育て上げるといった、柔軟性が要求される事は、容易な事では決してない。


私には、多数のスペイン人の友人達は、かつての無敵艦隊時代の残忍な面影は微塵も感じられない。
日本の田舎の人々のように、とっても気さくで、とっても明るい。
物事を捉える感覚が自然に近い、支配的な自己中心性で、人間社会という複雑怪奇さと、真摯に向き合っている面が、いつも、感じられる。
これらは、現代の日本人が、完全に見失っている 精神ですよね。
日本人は、金と保身しか、頭の中にないのか! と、憤慨しますね。

う~ん、彼等は外国人だし~.....。


なんて、声が聞こえてきそうですが、

又、内と外で分けてしまえば、世の中済まされる訳なのでしょうか?

こんな事は、いつまでも続きませんよ。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

だからといって、私は、沖縄人の擁護人ではない

今日の、沖縄に山積している諸問題の多くは、日本人を批判した事と同様に、日本人社会による植民地的支配と抑圧とは、別に、すげ替えられてしまった大和化の名の基に、仮のアイデンティティーを植え付けさせられた琉球人、沖縄県民、そして自分達自身の偏狭さ、無知、恐れ、意思薄弱さ、これらが、招き入れてしまっているという事実も、残念ながら、否めないのが、現状の琉球の琉球人による完全自治といういささかしたたかさと根気要するロマン的活動の実情と実態をそっくりそのまま映し出してくれてはいる

中央から遠隔地だから、ウチナーンチュが、存在しているのか?

私の答はノーである。

日本の遠隔地に存在する人々は、どこの地方に訪れても、確かに、日本の田舎の人であって、ウチナーンチュではない。

我々、琉球人の中央は、あくまでも、何処までも、琉球に在る


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: だからといって、私は、沖縄人の擁護人ではない

> 今日の、沖縄に山積している諸問題の多くは、日本人を批判した事と同様に、日本人社会による植民地的支配と抑圧とは、別に、すげ替えられてしまった大和化の名の基に、仮のアイデンティティーを植え付けさせられた琉球人、沖縄県民、そして自分達自身の偏狭さ、無知、恐れ、意思薄弱さ、これらが、招き入れてしまっているという事実も、残念ながら、否めないのが、現状の琉球の琉球人による完全自治といういささかしたたかさと根気要するロマン的活動の実情と実態をそっくりそのまま映し出してくれてはいる


琉球人がもっている課題をも直視しながら、それを克服して、琉球人による琉球人のための琉球をつくる必要があると私は考えています。

>
> 中央から遠隔地だから、ウチナーンチュが、存在しているのか?
>
> 私の答はノーである。
>
> 日本の遠隔地に存在する人々は、どこの地方に訪れても、確かに、日本の田舎の人であって、ウチナーンチュではない。
>
> 我々、琉球人の中央は、あくまでも、何処までも、琉球に在る
>

琉球を辺境としてみるのは、日本を中心にして琉球を位置づけているからです。私にとって世界の中心は琉球であり、自分がたっている場所です。
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP