FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立の世論調査、奄美と沖縄

アバターさんからのコメントです。


琉球独立の世論調査してほしいです
ありがとうございます

僕は住民の意思と関係なく琉球独立を望みますが、
住民の意思が大事と考えられるなら、
琉球独立の世論調査とかされたことあるでしょうか。
まだとしても、これから世論調査してほしいと願います。

林泉忠助教授が実施した調査が琉球新報に載っていて、
それが唯一の公式的な世論調査みたいに思います。
しかし、2005年の調査で今はもっと反政府世論が高まっているし、
林泉忠助教授も中国人で偏りがあるかもしれません。

アイデンティティにしても日本人移住者と先祖からの人と区別する方が正確と思います。
それでネットの世論調査作成サイトで琉球独立のアンケート作りました。
琉球民族・大和民族・日本人・外国人と、
民族・国籍別に選択肢複数可能なシンプルなアンケート作りました。

移民を含まない琉球人の独立意識が分かりますし、
選択肢を選ぶことでアイデンティティも分かります。
民族意識も自覚するので高めることにもなると思います。
琉球や大和民族と触れるなという白票や反対票が多いですが、
民族自決権を隠し、あるいは、琉球民族を抹消の考えのあらわれたコメントと思います。

ネットはネットウヨが占領すること多い中、今のところ、
琉球民族では5対4で独立賛成はが多いですし、
大和民族でも8対15で反対派が多いですが以外と賛成派もいます。
ネットアンケートは不正、多重投票しやすいので信用できませんが参考程度です。
松島教授は現実の世論調査を大きく実施してほしいです。

琉球独立に賛成か反対か|世論調査.net - みんなの声!
http://www.yoronchousa.net/result/11169

「沖縄独立を」25% 4割「沖縄人」と認識 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-9518-storytopic-1.html



私の回答です。


コメントありがとうございました。

> ありがとうございます
>
> 僕は住民の意思と関係なく琉球独立を望みますが、
> 住民の意思が大事と考えられるなら、
> 琉球独立の世論調査とかされたことあるでしょうか。
> まだとしても、これから世論調査してほしいと願います。


>
> 林泉忠助教授が実施した調査が琉球新報に載っていて、
> それが唯一の公式的な世論調査みたいに思います。
> しかし、2005年の調査で今はもっと反政府世論が高まっているし、
> 林泉忠助教授も中国人で偏りがあるかもしれません。


林先生は個人的に知っていますが、香港人というアイデンティティがあり、「中国人」とひとくくりできないところあがります。

>
> アイデンティティにしても日本人移住者と先祖からの人と区別する方が正確と思います。
> それでネットの世論調査作成サイトで琉球独立のアンケート作りました。
> 琉球民族・大和民族・日本人・外国人と、
> 民族・国籍別に選択肢複数可能なシンプルなアンケート作りました。


大和民族と日本人と分けていますが、違いは何ですか。日本人移住者の子供、孫で沖縄で生まれ育った人は、移住者と区分するのですか。琉球民族の概念規定についてはどう考えですか。1879年の「琉球処分」以前に琉球で生まれた人の子孫を琉球人とするという考え方もありますが。

>
> 移民を含まない琉球人の独立意識が分かりますし、
> 選択肢を選ぶことでアイデンティティも分かります。
> 民族意識も自覚するので高めることにもなると思います。
> 琉球や大和民族と触れるなという白票や反対票が多いですが、
> 民族自決権を隠し、あるいは、琉球民族を抹消の考えのあらわれたコメントと思います。


「民族隠し」政策は日本政府が今やっていることです。


>

> ネットはネットウヨが占領すること多い中、今のところ、
> 琉球民族では5対4で独立賛成はが多いですし、
> 大和民族でも8対15で反対派が多いですが以外と賛成派もいます。
> ネットアンケートは不正、多重投票しやすいので信用できませんが参考程度です。
> 松島教授は現実の世論調査を大きく実施してほしいです。


いつかアバターさんとお会いした時に話し合いましょう。


>
> 琉球独立に賛成か反対か|世論調査.net - みんなの声!
> http://www.yoronchousa.net/result/11169
>
> 「沖縄独立を」25% 4割「沖縄人」と認識 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
> http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-9518-storytopic-1.html



加計呂麻人さんからのコメントです。


> 大変問題であると考えています。

それをお聞きして大変安心しました。いつか沖縄や奄美が真に自立できる日がくればいいですね。ところで私は関西生まれの関西在住です。両親(りょうおや)が加計呂麻島出身で、特に父親は戦前に沖縄にありました工業学校の出身なので沖縄大好き人間でした。


私の回答です。


> > 大変問題であると考えています。
>
> それをお聞きして大変安心しました。いつか沖縄や奄美が真に自立できる日がくればいいですね。ところで私は関西生まれの関西在住です。両親(りょうおや)が加計呂麻島出身で、特に父親は戦前に沖縄にありました工業学校の出身なので沖縄大好き人間でした。


先週の奄美での大雨の被害に心を痛めていました。今週25日、宇検村在住の新元博文さんが龍谷大学で講義を行います。島の自立のための行動してきた方です。

「加計呂麻人」というアイデンティティをお持ちですが、奄美大島、他の奄美諸島とは違うというお気持ちをお持ちですか。

スポンサーサイト



<< 藤原良雄社長の龍谷大学での講演 | ホーム | 琉球と中国、徳之島への米軍移設問題 >>


コメント

アバターさんへ

>アイデンティティにしても日本人移住者と先祖からの人と区別する方が正確と思います。

現代・近代移民とそれ以前の移民を分けて考える必要があります。

例えば、シベリアには多数のロシア人が居ますが、その中でも初期移住者は『シベリア人(シビリャク)』と名乗っているそうです。
民族学的には先住民とロシア人の中間的な性質をしているらしく、先住民との親和性は高いそうです。

それと同じように、奄美方面にも薩摩藩の子孫が居るそうです。彼らを、近代移民と一緒にしてはならないと思います。


もう一つ注意すべきは、必ず地域別の集計結果を出さなければならないと思います。例えば、沖縄本島と八重山で政治的傾向が違った場合、統合して結果を出せば、数によってかき消されてしまいます。

移民は自然を征服する開拓者

>シベリアには多数のロシア人が居ますが、その中でも初期移住者は『シベリア人(シビリャク)』と名乗っているそうです。
>民族学的には先住民とロシア人の中間的な性質をしているらしく、先住民との親和性は高いそうです。

そんなふうに移民を別民族になったようにするのは、
移民を土着化させて入植地占有を先住民的に正当化するための騙し用語と思います。
民族はある程度隔絶して約千年単位かからないと別民族に分かれないと思います。

移民の99%以上は産業革命以後交通が発達した19世紀後半から20世紀初めをピークの近現代の大量移民と思います。
それ以前の移民も近現代移民と同化していると思います。
先住民さえ移民に同化しています。

自給自足の自然と共存する生活する人々なら、
先住民との親和性は高いそうと思います。
大土地所有して自然を開拓してきた白人などにそんな人々はいないでしょう。

アバターさんへ


>そんなふうに移民を別民族になったようにするのは、
>移民を土着化させて入植地占有を先住民的に正当化するための騙し用語と思います。

 まず、一つ。
確かにシビリャクはロシア帝国の膨張と全く関係ないというわけではありません。しかし、シビリャクの大半はロシア帝国そしてロシア民族主義から見れば忌むべき存在として扱われていることに留意すべきです。
(ロシア民族主義の観点からすると、ロシア人が『現地化』したということは、ロシア民族の文化がまるで先住民の文化に敗北したかのように感じられたため。)
そして、もう一つは、シビリャクはロシア帝国の意向で入植したわけではないということです。彼らは先住民との交易している間に定着した人々であり、ロシア帝国の圧力を背景にシベリア鉄道を使って侵入してきた連中とは違います。

 その入植が良いことだとは言いません。しかし、実態として出来上がったものと、それが中央政府にとっての有利不利とは関係ないのです。シビリャクが『ロシア人と別民族になったという実態』と、『ロシア人とは違うという自意識』を持っていればそれは独立の民族として認めるべきであります。

無論、薩摩藩の藩士の子孫たちがどういう文化を持っているか、どういう自意識を持っているか、というのはきちんと調査しなければわかりません。そして、自意識は時代や状況によって変動することもまにも注意しなければなりません。






>民族はある程度隔絶して約千年単位かからないと別民族に分かれないと思います。

全然違います。民族が完全に分化するには三百年くらいの分断があれば可能です。ボスニア・ヘルツェゴビナげ壮絶な民族浄化が起こったのだが、ボシュニャク人はオスマントルコがバルカン半島を安定支配してからようやく出来てきた民族です。




>移民の99%以上は産業革命以後交通が発達した19世紀後半から20世紀初めをピークの近現代の大量移民と思います。
>それ以前の移民も近現代移民と同化していると思います。
>先住民さえ移民に同化しています。

>自給自足の自然と共存する生活する人々なら、
>先住民との親和性は高いそうと思います。
>大土地所有して自然を開拓してきた白人などにそんな人々はいないでしょう。

 確認しておきますが、私が言っているのは、近現代の大量の移民と、それ以前の移民は違うものであり、その二つの異なる集団を一緒くたにしてはならない、と言っているわけです。『移民の99%』の近現代移民に移民としての権利を認めよ云々とは一言も言ってないですが。
 『それ以前の移民』が『近現代移民』に取り込まれる例も確かに有りましょうが、全てではありません。


---------------------
追記

先住権も少数権も基本的には認められるべき存在であります。
しかし、少数権は先住権に優先されるべきだと考えます。
それが世界の多様性を少しでも多く残す道であるならば。

多様化でなく一様化です

"シビリャク" 検索してみましたが、まともにでてこないですが、
コサックと同じような用語でしょう。
和訳でシベリア人でシベリアに長く住んでいる住民で先住民を含み、
狭義でロシア人古参住民ということでしょう。
ロシア人だけでなくアメリカ人など移民を同じように民族みたいに使うことがありますが、
それは近現代前の移民に限らず、2世代くらいで移民が独自の民族になったように称されますが、
植民地でなくなって自分らの土地であり故郷になったと正当化させるための用語と思います。

実態は民族の多様化ではなく一様化です。
民族多様性は生物多様性と同じようです。
外来種は在来種を駆逐して、移民は先住民を駆逐して、
生物多様性は消失して、民族多様性は消失して、
世界の多様な自然や民族は一様に人工的に改変されてきました。

うあああああああ、なんとなく、自分の書いたコメント見てたら、書き間違っていた・・・・・。しかも、わざわざ追記したところが・・・・。

そして、承認待ちコメントがある・・・・・。

-----------

訂正


先住権も少数権も基本的には認められるべき存在であります。
しかし、『先住権は少数権より』優先されるべきだと考えます。
それが世界の多様性を少しでも多く残す道であるならば。


-----------
ええ、そうです。一番大事なところを逆に書きました。
それと、一応、もう少し詳しく書いておきます。
-----------


少数権は護られるべきですが、先住者にとって驚異となる進出などが起こった場合、それは止められるべきであります。

例えば、北オセチア共和国のウラジカフカスから東は、本来はイングーシ人のものでした。ところが、ソ連時代にスターリンがイングーシ人を反逆的な民族と定義し、イングーシ共和国の土地を剥ぎとって、北オセチア共和国に与えたのでした。そおして、その土地は返還されていません。
このようなことは起こしてはならないと思います。

(オセット人はロシア帝国の時代から親露派で、グルジア人やイングーシ人、チェチェン人とはかなり対立しているます。ベスラン学校占拠事件が北オセチア共和国で起こったのも無関係ではありません。)



>"シビリャク" 検索してみましたが、まともにでてこないですが、

そりゃ、シビリャクはせいぜい数万人の集団ですから、日本語資料なんて数えるほどしか無いわけで。昔、図書館で何本かの論文を見かけたっきりでネットじゃ見かけませんよ。
世界民族事典には乗ってたかと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%B0%91%E6%97%8F%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E7%B6%BE%E9%83%A8-%E6%81%92%E9%9B%84/dp/4335560966

文脈によっては、反帝国だった他の集団(古儀式派など)まで含んでしまうこともあったり、シビリャクという用語自体も実は幾つかある集団をいっぺんに指すものだったり(ロシア系のカムチャダール人など)、厄介な集団です。


>コサックと同じような用語でしょう。
あんな、帝国の尖兵とは一緒にするなよ~。


>ロシア人だけでなくアメリカ人など移民を同じように民族みたいに使うことがありますが、
>それは近現代前の移民に限らず、2世代くらいで移民が独自の民族になったように称されますが、
>植民地でなくなって自分らの土地であり故郷になったと正当化させるための用語と思います。

二世代じゃ、まだ南北戦争じゃないかな?
それはさておき、ある民族集団が存在することと、その民族集団がその土地に対して権利を持つこととは別の事象であります。
例えば米国ならば、アーミッシュがその他のドイツ系移民とは別の集団であると判定したからといって、アーミッシュはアメリカ先住民と同等の権利を持つはずはなく、独自の教育権などに限定されるでしょう。



>実態は民族の多様化ではなく一様化です。
>民族多様性は生物多様性と同じようです。
>外来種は在来種を駆逐して、移民は先住民を駆逐して、
>生物多様性は消失して、民族多様性は消失して、
世界の多様な自然や民族は一様に人工的に改変されてきました。

その論理は諸刃の剣だよ。
例えば、ロシア帝国の伸長とともに領域を広げたサハ人(ヤクート人)や、エヴェンキ人、エヴェン人の扱いはどうなる?シビリャクは、地元経済の一部として浸透していったから、先住民よりも人数が少なかったわけだが、上の三民族はあと少しでユカギール人を滅ぼすところだった。
オイラート系カルムイク人は1630年に突然移民してきた人間だ。
多様性という視点から見れば、最も多様性というものが存在したのは歴史時代に入る直前。

移民・多様性の減少なんてのは歴史全体を通じてずっと起こっているわけで、権利の区切りを近代大量移民とそれ以前に分けなければ、無限に後退して、当然に先住権が付与されるべきと考えられる集団ですら、権利が付与されない、という結果になる。

>"シビリャク" 検索してみましたが、まともにでてこないですが

もう少し書いておきます。
ロシア人から分派した民族集団を研究しているのは、実は日本人では一人しか居ない。(伊賀上 菜穂 氏)


シビリャクについては
■ロシア人サブグループをめぐる昨今の状況
http://ir.minpaku.ac.jp/dspace/bitstream/10502/3919/1/SER78_008.pdf
『5 ロシア人と「先住民族」のあいだで』
が詳しいです。
この章で取り上げれているのが、シビリャクの諸民族となります。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP