FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

伊平屋島でのゆいまーるの集い、琉球語

村山さんからのコメントです。

昨年の5月に沖泳良部島で新元さんとお会いしましたが、豊かな時を共有できてとても楽しかったです。新元さんの言葉はこころが揺さぶられますよね。11月に伊平屋島で会えるかなーってとても楽しみにしています。



私の回答です。

> 昨年の5月に沖泳良部島で新元さんとお会いしましたが、豊かな時を共有できてとても楽しかったです。新元さんの言葉はこころが揺さぶられますよね。11月に伊平屋島で会えるかなーってとても楽しみにしています。

新元さんは、ただ声が大きいだけでなく、島の自然、文化の中でつくられた、魂の声、ことばだと、改めて感じました。学生さんも、本来の人間の声にであったような、驚きの顔でした。

新元さんもお誘いしましたが、ぜひ来られたらと思います。



アバターさんからのコメントです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/琉球語
「沖縄時代劇や組踊、琉歌、琉球民謡・島唄などの伝統芸能で使われるほかは、日常生活では主に高齢者とその家族周辺に限られている。2009年、ユネスコは奄美語、国頭語、沖縄語、宮古語、八重山語、与那国語の琉球諸語を危機に瀕する言語と指定している」

僕はまったく琉球に行ったこともなく現実はわかりません。
琉球語がどれくらい実際しゃべられているか逆に知りたいです。

テレビでウイナーヤマトグチはよく聞きますが、
琉球語で会話しているところなどまったくないに近く、
特別な琉球語に触れる番組でちらっと聞いたことがあるだけです。

沖縄出身者に琉球語しゃべってほしいと言っても
数人に聞いただけですが、
しゃべれない人ばかりでした。

宮古島出身者でおばあさんがしゃべっているとか言ってた人はいました。
琉球語しゃべれる人が圧倒的に少数派な印象です。

ユネスコが危機と指定したと公認されるまでもなく、
それ以前からいわれていましたが、
日常生活で話されなくなった言語は消滅の危機ではないですか。

琉球の公用語をきめるなど大和人が決める資格はないのはわかります。
松島先生は琉球人の一人として何を公用語にするのがいいと考えられていますか。

スペイン語とイタリア語の差は、東京弁と関西弁の差くらいしかないと思います。
それでも完全に違う言語・民族として扱われています。

日米安保や米軍は莫大な負担を琉球にかけているのに、
米軍存在根拠のための仮想敵国であるのに、
根拠の乏しい領有権言いがかりなのに、
味方になって助けず、尖閣諸島問題は中立にしている。
それで米軍占領を正当化するのは米軍の犬どころではないですね。



私の回答です。

> http://ja.wikipedia.org/wiki/琉球語
> 「沖縄時代劇や組踊、琉歌、琉球民謡・島唄などの伝統芸能で使われるほかは、日常生活では主に高齢者とその家族周辺に限られている。2009年、ユネスコは奄美語、国頭語、沖縄語、宮古語、八重山語、与那国語の琉球諸語を危機に瀕する言語と指定している」

しまことばを話す活動、行事があり、しまことばラジオもあります。琉球語を話すとは、すべて琉球の言葉を使うのではなく、適宜、琉球の単語と日本語をちゃんぽんにし、時には英単語も使います。イントネーション、間の取り方など、琉球語には様々な要素があります。また島の歴史、文化、生活風習を共有しているという公共空間も琉球語の成立にとって重要です。

>
> 僕はまったく琉球に行ったこともなく現実はわかりません。
> 琉球語がどれくらい実際しゃべられているか逆に知りたいです。

琉球語を話すとは上のように私は考えており、今でも琉球語は若い人の間でも生きていると私は考えます。
>

> テレビでウイナーヤマトグチはよく聞きますが、
> 琉球語で会話しているところなどまったくないに近く、
> 特別な琉球語に触れる番組でちらっと聞いたことがあるだけです。
> 沖縄出身者に琉球語しゃべってほしいと言っても
> 数人に聞いただけですが、
> しゃべれない人ばかりでした。

琉球語も時代に応じて変化しており、さまざまな言葉をとリいれます。100年前の琉球語を今の時代に話す意味があるといえません。

> 宮古島出身者でおばあさんがしゃべっているとか言ってた人はいました。
> 琉球語しゃべれる人が圧倒的に少数派な印象です。

必要が生じれば話すようになるのでは。

>
> ユネスコが危機と指定したと公認されるまでもなく、
> それ以前からいわれていましたが、
> 日常生活で話されなくなった言語は消滅の危機ではないですか。

何をもって琉球語の消滅というかです。琉球の言葉は生活の中で生きています。それは琉球で生活し、琉球人といっしょに生活すればわかります。


>
> 琉球の公用語をきめるなど大和人が決める資格はないのはわかります。
> 松島先生は琉球人の一人として何を公用語にするのがいいと考えられていますか。

琉球を世界に広げるために、琉球国としては英語、中国語、日本語を公用語とし、琉球の各州においては、先の3つの言葉とともに島の言葉を公用語にしたらと思います。

> スペイン語とイタリア語の差は、東京弁と関西弁の差くらいしかないと思います。
> それでも完全に違う言語・民族として扱われています。
>
> 日米安保や米軍は莫大な負担を琉球にかけているのに、
> 米軍存在根拠のための仮想敵国であるのに、
> 根拠の乏しい領有権言いがかりなのに、
> 味方になって助けず、尖閣諸島問題は中立にしている。
> それで米軍占領を正当化するのは米軍の犬どころではないですね。

上の文章の主語は日本ですか。

スポンサーサイト



<< 日本の植民地としての琉球 | ホーム | 琉球の植民地化、「民族隠し」 >>


コメント

全体多数の良識的な思慮深い日本人も右翼は狂った人間の集まりである事は、口に出さないだけ、である


暴力的で、威圧的な宣伝カーには、老若男女、子供達も、生理的に嫌悪感を抱かずには、いたたまれない!
皆様誰しも、経験があるでしょう。
狂った気違いの奏でる騒音は、正に、この世の末、殺人集団の吹き溜まりの様相である。

自分達自身で、異様な、日本人離れした感覚にすら、気付かないでいる。

世の中に、社会に、何も役割のない無能の極み!!
それでいて、孤独な強がりは、人並みハズレている。

彼等の強がりは、自分自身から、滲み出ているのではなく、周りの人々の猿真似しているのである。
中央集権主義者=日本の右翼とは、特殊な生態をした、動物にもなれない、哀れな生き物なのである。



~私は次々、語り続けますが、まともな反論、筋の通った抗議があるなら、私のブログまで、是非ともどうぞ!!
お待ちしております!


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕


Re: 全体多数の良識的な思慮深い日本人も右翼は狂った人間の集まりである事は、口に出さないだけ、である

> 暴力的で、威圧的な宣伝カーには、老若男女、子供達も、生理的に嫌悪感を抱かずには、いたたまれない!
> 皆様誰しも、経験があるでしょう。
> 狂った気違いの奏でる騒音は、正に、この世の末、殺人集団の吹き溜まりの様相である。
>
> 自分達自身で、異様な、日本人離れした感覚にすら、気付かないでいる。
>
> 世の中に、社会に、何も役割のない無能の極み!!
> それでいて、孤独な強がりは、人並みハズレている。
>
> 彼等の強がりは、自分自身から、滲み出ているのではなく、周りの人々の猿真似しているのである。
> 中央集権主義者=日本の右翼とは、特殊な生態をした、動物にもなれない、哀れな生き物なのである。
>
>
>
> ~私は次々、語り続けますが、まともな反論、筋の通った抗議があるなら、私のブログまで、是非ともどうぞ!!
> お待ちしております!
>

ブログのアドレス、タイトル名をご教示ください。


>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP