FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本の植民地としての琉球

エルファイアーさんからのコメントです。


お元気ですか?
急に寒くなってきましたね。
自分はやや悪質な風邪をひいたらしく、くしゃみの度に上半身に痛みが走ります。
(運動不足のせいではないと信じたい)


―――――――――――――

>歴史の構造を見てください。1609年から琉球の日本の植民地です。『環』43号特集「沖縄問題」は何か、を読んで、琉球の植民地性を考えてみてください。構造的差別において、両者には変わりありません。
>琉球でも日本人移住者、企業の進出が進んでおり、植民地経済になっています。

 琉球が日米の植民地或いはそれに準じる状態であることは私も認識しております。しかし、チベット、ウイグルの問題とはそれとは別質の問題、極度の腐敗と統制が重なるのです。私たちがやっているような議論をネット上でやるだけで「おや、こんな時間に誰か・・・・」となるのが中共流。

>琉球にも米軍の核兵器があり、原子力潜水艦も来ています。

ウイグルでは多数の人間が核実験で死亡していると言われています。中国共産党が核実験の被害を否認していることと、核実験の疫学的なデータ自体が少ないために正確な調査は不可能ですが、急死19万人、急性の放射線障害が129万人と算定されています。これはあくまで文革とは無関係の核実験だけの統計です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%94%B0%E7%B4%94_(%E7%90%86%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E5%A3%AB)


>沖縄にいる米軍も十分「無法者」ですよ。琉球帰属を主張する中国人研究者の存在を知っています。琉球は中国にも日本にも属しません。

 琉球独立、米軍基地なし、積極的に外交的手段を使う、という条件で考えてみたとき、どう考えても長期的な独立を保つ明確な解が浮かばぬのであります。無論、往時のイスラエルくらいの外交力があれば別ですが。米国と中国と日本の影響力を同時に退けるには・・・・。余りに難問です。
 しかし、『琉球は中国にも日本にも属しません』と言うのならば、その解を明示しなければなりません。それが『意志』 というものです。
(ま、逆に言って、納得出来る解が得られれば、明確に米軍基地撤去派に回ります。)

>日本はいつまで米国に頼り、自分で何も考えないという戦後体制を続けるのですか。
>日本人には自立心、自尊心がないのですか。

 さて、日本が『自立』した場合、それは歓呼の声を以て迎えられるでしょうか。それとも・・・・・
米軍は安保であると同時に、重石であります。
米軍基地を撤去したとき、『大日本帝国の復活と見られない』と『十分な防衛力を持つ』は果たして両立できるのか、という問題もあります。
それと、短期的なことですが、ASEAN諸国が米軍の力をうまく引き入れようと考えているさなか、それに反する動きをすると総スカンを食らう可能性もあります。


―――――――――――――
琉球民族か琉球諸民族か

 さて、沖縄の問題を民族問題と捉える時に困ったことが一つ。島ごとに文化の違いのある琉球の民族はどこまで分けられるべきなのか、という問題があります。例えば、統計を取るにしろ、文化をまとめるにしろ、誰がどの民族であるのかをアンケートや聞き取り調査等を通じてまとめておく必要があると考えられます。
例えば、徳之島の島民は、琉球民族なのか、奄美民族なのか、徳之島民族なのか。本来はきっちり分けられるものではないのでしょうが、曖昧模糊であるより、はっきりと打ち出したほうが力を持てるかと思います。
 グルジア人の中のメグレル人、スヴァン人、アジャール人みたいに二段階のアイデンティティを想定することも可能と思います。

 そうして、民族をある程度決めたら、国勢調査に民族の項目を入れるように働き掛けるのも一つの案だと思います。(このとき、選択式は拒否で。記述式で。)


―――――――――――――

avatar4649さんへ
横槍ですけれども、

>琉球語(琉球諸語)を日本語の一方言とするなら、
>インド・ヨーロッパ語族はインド・ヨーロッパ語として、
>その下位の言葉はすべて方言とすべきです。
>英方言、ドイツ方言、フランス方言、スペイン方言などとすべきです。

(1)ある同系統の言語を独立のものとするか、方言とするかはあくまで政治の世界の話であり、言語学はあまり関係がありません。
例えば極端な例でありますが、セルボ・クロアート語は政治的にはセルビア語、クロアチア語、ボスニア語と分けられますが、実際の方言分布図を見てみる限り、どう見ても民族分布図と方言分布図に相関はありません。(ついでに言うとセルビア人、クロアチア人、ボスニア人の違いは宗教です。)
 逆に言うなれば、別の民族なら、別の言語なのです。

(2)最古の分岐(アナトリア語派)が6,000年前~8,000年前と想定される印欧語族と約2000年前後と想定される日本語派と琉球語派の違いを等価で並べるべきではなく、ゲルマン語派間の違いくらいと想定するのが適切と考えられます。


>米軍存在根拠のための仮想敵国であるのに

 さて最近、ASEAN諸国に於いて中国の軍事的拡大の懸念が高まっておりますが、貴方はこれも妄言或いは米軍の犬と切って捨てるのでしょうか。
尖閣諸島の問題は、明らかに南シナ海の問題と無関係ではありません。
中国の人民解放軍は、己の強大になっていく姿に
酔いしれて、強硬な姿勢を取るように政府に働き掛ける派閥がかなり強いと考えられます。


>シナ・チベット語族はシナ語族とチベット語族で同一語族かもまだはっきり断定できないし

 さて余談かもしれませんが・・・・・・
シナ・チベット語族に関してはまだまだ研究途上と言えますが、シナ・チベット語族という枠組自体はそろそろ安定してきているという印象があります。
 まあ、新石器文化を考えてみたとき、仰韶文化前期においては、関中付近の文化が中原を制圧し、逆に仰韶文化後期に於いては中原が関中を文化的に制圧していき、関中にあった文化は周辺に追いやられ、チベット系の諸民族になったと考えられ、分岐を5000年前~7000年前に想定できることから、シナ・チベット語族のそれ自体がウラル・アルタイ語族のように消え去ってしまう枠組みとは思えませんね。


―――――――――――――

加計呂麻人さんへ

>沖縄にアメリカ軍がいなければとっくの昔に中国に併合されて今のウイグルやチベットのようになってますよ。

チベットやウイグルを持ち出してくると、横道に逸れる恐れがあります。
日米による支配と中国による支配、どっちがマシなの?という論争がメインになりかねません。
自分も、チベット・ウイグル関連はここらへんで打ち止めにぢます。
(といいつつ、中学校の時からのフリーチベット派である自分は、またその話題が出たら、書き込んでしまうでしょうけど・・・・。)



私の回答です。



> お元気ですか?
> 急に寒くなってきましたね。
> 自分はやや悪質な風邪をひいたらしく、くしゃみの度に上半身に痛みが走ります。
> (運動不足のせいではないと信じたい)


元気です。今日も大学に来ており、コモンズについての研究会があります。
お体お大事に。

>
>
> ―――――――――――――
>
> >歴史の構造を見てください。1609年から琉球の日本の植民地です。『環』43号特集「沖縄問題」は何か、を読んで、琉球の植民地性を考えてみてください。構造的差別において、両者には変わりありません。
> >琉球でも日本人移住者、企業の進出が進んでおり、植民地経済になっています。
>
>  琉球が日米の植民地或いはそれに準じる状態であることは私も認識しております。しかし、チベット、ウイグルの問題とはそれとは別質の問題、極度の腐敗と統制が重なるのです。私たちがやっているような議論をネット上でやるだけで「おや、こんな時間に誰か・・・・」となるのが中共流。

日本の琉球に対する構造的差別は、同じ問題です。日本政府は、琉球人を独自の民族と認めていないという「民族隠し」をしているという問題もあります。

>
> >琉球にも米軍の核兵器があり、原子力潜水艦も来ています。
>
> ウイグルでは多数の人間が核実験で死亡していると言われています。中国共産党が核実験の被害を否認していることと、核実験の疫学的なデータ自体が少ないために正確な調査は不可能ですが、急死19万人、急性の放射線障害が129万人と算定されています。これはあくまで文革とは無関係の核実験だけの統計です。
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%94%B0%E7%B4%94_(%E7%90%86%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E5%A3%AB)
>
>
> >沖縄にいる米軍も十分「無法者」ですよ。琉球帰属を主張する中国人研究者の存在を知っています。琉球は中国にも日本にも属しません。
>
>  琉球独立、米軍基地なし、積極的に外交的手段を使う、という条件で考えてみたとき、どう考えても長期的な独立を保つ明確な解が浮かばぬのであります。無論、往時のイスラエルくらいの外交力があれば別ですが。米国と中国と日本の影響力を同時に退けるには・・・・。余りに難問です。

退けるのではなく、うまく活用すればいいのです。現状の植民地支配が琉球にとっては問題です。


>  しかし、『琉球は中国にも日本にも属しません』と言うのならば、その解を明示しなければなりません。それが『意志』 というものです。
> (ま、逆に言って、納得出来る解が得られれば、明確に米軍基地撤去派に回ります。)

琉球が日本または中国に属するという人に対して、「属しない」と琉球人である私は主張しているのです。

>
> >日本はいつまで米国に頼り、自分で何も考えないという戦後体制を続けるのですか。
> >日本人には自立心、自尊心がないのですか。
>
>  さて、日本が『自立』した場合、それは歓呼の声を以て迎えられるでしょうか。それとも・・・・・
> 米軍は安保であると同時に、重石であります。
> 米軍基地を撤去したとき、『大日本帝国の復活と見られない』と『十分な防衛力を持つ』は果たして両立できるのか、という問題もあります。
> それと、短期的なことですが、ASEAN諸国が米軍の力をうまく引き入れようと考えているさなか、それに反する動きをすると総スカンを食らう可能性もあります。

であれば、日本本土で米軍基地を引き受けてください。
>
>
> ―――――――――――――
> 琉球民族か琉球諸民族か
>
>  さて、沖縄の問題を民族問題と捉える時に困ったことが一つ。島ごとに文化の違いのある琉球の民族はどこまで分けられるべきなのか、という問題があります。例えば、統計を取るにしろ、文化をまとめるにしろ、誰がどの民族であるのかをアンケートや聞き取り調査等を通じてまとめておく必要があると考えられます。
> 例えば、徳之島の島民は、琉球民族なのか、奄美民族なのか、徳之島民族なのか。本来はきっちり分けられるものではないのでしょうが、曖昧模糊であるより、はっきりと打ち出したほうが力を持てるかと思います。

基本的には民族としての自覚です。これは本人しか決められません。他者が基準をもって決めることではありません。

>  グルジア人の中のメグレル人、スヴァン人、アジャール人みたいに二段階のアイデンティティを想定することも可能と思います。
>
>  そうして、民族をある程度決めたら、国勢調査に民族の項目を入れるように働き掛けるのも一つの案だと思います。(このとき、選択式は拒否で。記述式で。)

良いアイデアです。

>
>
> ―――――――――――――
琉球人さんからのコメントです。


加計呂麻人さんの解釈について
第二次世界大戦において、日本はナチスドイツ、イタリアファシスト党三国同盟による一致体制により、枢軸国連合作戦下によって戦争を遂行開始しました。ナチズムは、言い換えれば、究極的な白人主義とも言えると思いますし、ホロコーストは、許しがたい歴史です。
植民地解放運動の事実上の先達は、マハトマ・ガンジーのインドではないですか?
いずれにしろ、ナチズムと結託してしまった事は戦前の日本の不幸です。

中国は、日本及び琉球に対する脅威論とは、又、別に外交政策上問題がある国である事は自明の理です。
世界の人々との心からの連携で、変革していかなければならない全人類的課題と言えるでしょう。
とにかく、気難しい巨大な国で在る事も間違いない事実です。

スポンサーサイト



<< 今の生活に生きる琉球語 | ホーム | 伊平屋島でのゆいまーるの集い、琉球語 >>


コメント

日本の低能力集団! 中央集権主義者の阿呆右翼は神様などではなく、殺人鬼を奉っているのである

本当に、万生一系の神様の天皇の国民ならば、民族の枠を越えて、一個人として注目するでしょう。
中央集権主義者=右翼には、国内はおろか、外国人も見向きもしないし、退いてしまう。

何故か?

一人の人間として、パーソナリティとして、誰一人として、考えていないからである。

気の狂った犯罪者を見る目で観られている事に、右翼の論人や俊英さえも、気付けないのである。
本々、間が抜けている低能人間だからである。
歪みきって、腐りきった自尊心に有頂天になっているのである

彼等は、殺人鬼を、神様と信じきっている冷血人間の集まりなのです


~異論、反論、議論なさりたい方は、私のブログまで、コメント下さい!

さぁ、チャランケ(議論、討論、語り合いの意のアイヌ語)しましょうぜ!!


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP