FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今の生活に生きる琉球語

アバターさんからのコメントです。

それだけ琉球語も生きているとは知りませんでした。

テレビで23年くらい前に初めて聞いた琉球語は、
まったく意味がわからなくてほんとに外国語の印象を受けました。
ネットで何ヶ月か前に琉球語のラジオだったかのサイトで聞いたことありますが、

その琉球語は意味のわかる単語がけっこう混じっていて、
あれ、琉球語も日本語と同じ単語が結構あるなと思ってしまいました。

あれは琉球語の単語でなく日本語の単語だったんですね。
あれだけ日本語と同じ単語が純粋な琉球語の単語にもあるなら、
琉球語も日本語の一方言という説が正当化されてしまわないか心配でした。

すべて琉球の言葉を使う人々がいることも、
しっかり守らないと貴重な琉球の単語が失われていき、
いつのまにか外来語(日本語)だらけになって、

ほんとうに日本語の一方言に変化するかもしれません。
琉球語と日本語は祖語が同じ日本語族の言語だから、
日本語の単語を多く使えば簡単に日本語に同化できると思います。

琉球の公用語に中国語まで加えられるとは、
僕はまったく思いもつきませんでした。
歴史的にも安全保障面でも有効でしょうね。

中国語を公用語に採用を条件に、
尖閣諸島の領有権主張を止めるなどいろいろできそうですね。
しかし大量の中国人移民が入って来ないでしょうか。

現実的に日本語も公用語は当たり前かもしれませんが、
あえて公用語にしなくても、
逆に文化に経済に影響力のある巨大な日本語の影響力を消すことの方が不可能に近いと思います。

かつての韓国のように日本文化禁止までしても、
あれほど発展してきました。
韓国ドラマでもすごい感動ものだらけです。

琉球も独自の文化を発展させるには、
禁止までしなくても日本語公用語はさけられませんか。

>琉球語も時代に応じて変化しており、さまざまな言葉をとリいれます。100年前の琉球語を今の時代に話す意味があるといえません。

日本語も時代に応じて変化していますが、
古文から現代の話し言葉はだいぶん変わっていますが、
江戸時代から古文の言葉でなく、

すでに現代の言葉になっていたと聞いたことがあります。
書き言葉で古文が戦前まで使われていましたが。

安易に琉球語に外来語(特に日本語)を入れ過ぎは日本語同化を招くように思います。



私の回答です。

> それだけ琉球語も生きているとは知りませんでした。
>
> テレビで23年くらい前に初めて聞いた琉球語は、
> まったく意味がわからなくてほんとに外国語の印象を受けました。
> ネットで何ヶ月か前に琉球語のラジオだったかのサイトで聞いたことありますが、
> その琉球語は意味のわかる単語がけっこう混じっていて、
> あれ、琉球語も日本語と同じ単語が結構あるなと思ってしまいました。
> あれは琉球語の単語でなく日本語の単語だったんですね。
> あれだけ日本語と同じ単語が純粋な琉球語の単語にもあるなら、
> 琉球語も日本語の一方言という説が正当化されてしまわないか心配でした。

日本国の中で生活しているのですから、日本語の単語も使わざる追えないのです。1994年に独立したパラオは、戦前30年間、日本の統治下におかれ、パラオ人も日本語教育を強制されました。現在でも多くの日本語がパラオ語の中で使われていますが、だれもパラオ語が日本語の方言とはいいません。
>
> すべて琉球の言葉を使う人々がいることも、
> しっかり守らないと貴重な琉球の単語が失われていき、
> いつのまにか外来語(日本語)だらけになって、
> ほんとうに日本語の一方言に変化するかもしれません。

博物館のように守るのではなく、それが生活の中で使われなければ意味がありません。日本語の中にも外国語が多く入っているように、すべて日本語で話す人は日本人の中にもいないでしょう。

> 琉球語と日本語は祖語が同じ日本語族の言語だから、
> 日本語の単語を多く使えば簡単に日本語に同化できると思います。

日本祖語と解釈している学者がいることは知っています。それは一つの解釈でしかありません。

>
> 琉球の公用語に中国語まで加えられるとは、
> 僕はまったく思いもつきませんでした。
> 歴史的にも安全保障面でも有効でしょうね。
> 中国語を公用語に採用を条件に、
> 尖閣諸島の領有権主張を止めるなどいろいろできそうですね。
> しかし大量の中国人移民が入って来ないでしょうか。

琉球人の中に中国語を話す人は多くありませんが、琉球には多くの台湾人、中国人が住んでいます。中国は歴史的にも関係が深く、文化的にも近く、経済的にも期待が持てますから、実利的にもこれから中国を話す琉球人が増えてくると思います。

独立すれば移民制限をすることは可能です。
>
> 現実的に日本語も公用語は当たり前かもしれませんが、
> あえて公用語にしなくても、
> 逆に文化に経済に影響力のある巨大な日本語の影響力を消すことの方が不可能に近いと思います。
>
公用語とは一種の共通語ですから、意思を伝える手段として利用すればいいのです。各州の言葉が違うミクロネシア連邦が英語を公用語としているように。

> かつての韓国のように日本文化禁止までしても、
> あれほど発展してきました。
> 韓国ドラマでもすごい感動ものだらけです。
> 琉球も独自の文化を発展させるには、
> 禁止までしなくても日本語公用語はさけられませんか。

韓国の場合のように、しっかりと韓国語、ハングルが生活の中で使われていたから禁止政策もできたのでしょう。琉球でもそれくらい琉球の島言葉が大きな力をもつようになればと思います。

> >琉球語も時代に応じて変化しており、さまざまな言葉をとリいれます。100年前の琉球語を今の時代に話す意味があるといえません。
>
> 日本語も時代に応じて変化していますが、
> 古文から現代の話し言葉はだいぶん変わっていますが、
> 江戸時代から古文の言葉でなく、
> すでに現代の言葉になっていたと聞いたことがあります。
> 書き言葉で古文が戦前まで使われていましたが。
>
> 安易に琉球語に外来語(特に日本語)を入れ過ぎは日本語同化を招くように思います。

そうですね。琉球語を生活の中でもっと使う活動、運動を展開する必要があります。ハワイ、グアム、タヒチのように島の言葉を子供たちに教える正式の教育を行うべきですね。私のころは「方言札」という、逆の政策を行われいました。そのような屈辱を琉球の子供に味わせたくないですね。

スポンサーサイト



<< 琉球人アイデンティティ | ホーム | 日本の植民地としての琉球 >>


コメント

無能の右翼に出来る事は、人間の監視か、虐待、殺人である


人間をえり分けなければならぬ、とは、残念な事ながら、汚物としか思えない、狂信集団幻想であり、孤立した妄想を国内は、おろか、世界中に普及しようと、企てている輩が、〈中央集権主義者=右翼〉である。

彼等の思い描く理想郷とは、思慮深い一般的な市民の基準から言えば、この世の地獄である

私達、平和を信じる市民は、決して、上辺だけの口車に耳を傾けてはいけない。

彼等の、発する言動を、試しに、観察してみるとよい。

すべてが、小心者すら語らない《大嘘》である。

誰からも、見向きもされず、相手されていないのに、自分で気付けないのである。

~広い世の中には、異論反論、ユニークなご意見があると信じますが、真実の議論なさりたい方は、私のブログまで、コメントをお待ちしております!

〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP