FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第8回ゆいまーるの集い 2

画像 043
川満さんです。いつもダンディーです。川満さんのご著書『沖縄発』の書評を沖縄タイムスに書かせていただきました。後日、川満さん、安里さん、藤原社長とひーじゃーを食べました。その際、川満さんから詩集を頂戴しました。精力的な表現活動に目を見張りました。

画像 045
真喜志さんです。辺野古の戦いの会議から駆けつけてくださいました。琉球の島々が開発で破壊され、その反省を互いに学びあい、失敗を繰り返さないような集いを開くべきとの提案をいただきました。

画像 047
高良さんと前利さんは、今年、徳之島において、南琉球と北琉球が兄弟島同士であると連帯し、米軍基地移設をともに拒否していくとの姿勢を示し、南海日日新聞にも掲載されました。

画像 048
翌日、那覇を8時にバスで出発し、名護のバスターミナルからタクシーで運天港にいき、そこから船で伊平屋島に向かいました。船の上での内間さん、藤原社長です。内間さんは若い奥さんと結婚され、ますますお元気でした。久高島の内発的発展のためにさらにがんばってほしいと思います。

画像 049
内間さんと私です。船の上では、甲板の上で立ちながら、伊平屋島に到着するまで、久高島のこと、琉球のことを話し合いました。
スポンサーサイト



<< 第8回ゆいまーるの集い 3 | ホーム | 第8回ゆいまーるの集い 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP