FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第8回ゆいまーるの集い 4

画像 057
クマヤ洞窟は、神武天皇が生まれた場所と江戸時代の藤井貞幹が主張し、本居宣長がそれを批判しました。
日本の歴史の古層に触れるような気持ちで参加者が洞穴にもぐりこみました。


画像 060

中は大きな空間となっており、幻想的な雰囲気がしました。西江さんが朝日の時に光が穴から差し込んでくる写真を見せてくれましたが、大変、神々しくありました。
中におかれた神社はだれかが勝手においたものであり、文化財の破壊につながるとして、島の民俗資料館でもその撤去が求められていました。

画像 061
砂の上には小さな昆虫が移動した足跡が無数についていました。非常にきれいでした。

画像 064
洞窟の外で西江さんが、道路ができる前に海砂が陸地まで上がってきて島独自の景観が形成されていたという話をされました。道路によって島の歴史的な、自然史的な歩みがいっぺんしてしまうことを知りました。

画像 067
手前の方は名護から参加してくださった村山さんです。非常にゆっくりした話し方をされます。昔の琉球人はこのように話していたのではと思わせます。古代のゆったりとしたリズム、包容力を保持している方です。同時に反基地運動など、地域の活動にもしっかりと参加し、率いている若い島のリーダーの一人です。

スポンサーサイト



<< 第8回ゆいまーるの集い 5 | ホーム | 清成忠男先生の『地域創生への挑戦』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP