FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第8回ゆいまーるの集い 9

今日、東京に行き、明日、早稲田大学の「21世紀世界における戦争と平和」という連続講座において、「沖縄差別」としての米軍基地問題をどのように解決するのか、というテーマで話をする予定です。沖縄差別、沖縄の脱植民地化の意味、差別の当事者性等について、学生さんと真剣な議論をしたいと思います。



伊平屋島でのゆいまーるの集いの続きです。

次に私が、「琉球の自治・自立・独立と伊平屋島」と題して、次のような「琉球独立八策」を示しました。万機公論に決す、一人一人の自治的自覚に基づく自治の実践、内発的発展による経済発展、近代国民国家から脱却し一島独立の連邦国家の形成、自治・公共・平和・共生の島づくり、世界の国々と外交関係を結ぶ、人づくりを国是とす、コモンズ・土地・地霊を尊重し自然・人・神の共生を目指す。


画像 110

伊平屋商工会の大見謝るみ子さんは「つながる力とつなげる力」と題して神の島、伊平屋島の島おこし活動について語りまし。大見謝氏はサーダカ(霊的感受性)が強く、琉球王国の最高神女・聞得大君のお告げに従って、島々の聖なる場所を巡礼しました。伊平屋島の拝所マップをつくり、文化と経済を結ぶ活動を行っています。

画像 112
大見謝さんの話をうけて、久高島の内間さんが、久高島の現状、神世界、人と神とのつながり等について意見を述べました。

画像 113
「琉球のシャーマン」である海勢頭豊さんは「伊平屋島から見た琉球王国の成り立ち」を琉球のウナイ神、平和神である龍宮神を中心に話されました。平和思想を有するがゆえに琉球人が日本人によって差別されてきたのであり、琉球全体が被差別部落である。また伊平屋島を舞台としたオペラ「天の岩宿物語」製作の背景を説明された。


画像 114
伊平屋村役場元助役で80代の与那嶺たけしさんが島の生活史を報告されました。戦前、伊平屋島では米・麦・トウキビ・粟・大豆の栽培、養蚕が行われ、カモ・ウナギ・フナ等の動物もおり、自給自足ができる島でした。

1960年半ばまでマキが燃料として利用され、1964年になって島が電化されました。伊平屋島は「離島」と言われるが、あらためて豊かな島であることが分かります。


画像 118
次に会場で皆で弁当を食べました。
沖縄県考古学会副会長の當眞嗣一さんは、「田名グスクについて」話されました。170メートルの山の上にある田名グスクは島を守るための要塞であるが、誰が何故このグスクを造ったのかはまだ分からないといいます。

島の別のグスクであるヤヘーグスクからは14,15世紀の中国製の陶磁器が発見されており、伊平屋島は東シナ海を通じて中国とも結ばれていました。
スポンサーサイト



<< 後田多敦さんの『琉球救国運動―抗日の思想と行動』をお読みください | ホーム | 第8回ゆいまーるの集い 8 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP