FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

後田多敦さんの『琉球救国運動―抗日の思想と行動』をお読みください

後田多さんから新刊書『琉球救国運動―抗日の思想と行動』を送ってくださりました。心より感謝します。
今日の早稲田大学での講義でも、参考文献の一つとして挙げさせていただきました。学生さんにも紹介させていただきたいと思います。

また河野さんという、琉球独立を国際法の観点から御研究されている方にも、このご著書を推薦させていただきました。


私は昨日、読了させていただきましたが、琉球救国運動をアジアにおける抗日運動と結びつけ、亡命だけでなく、貿易、徴兵拒否など、多様な形で抗日運動を展開してきた琉球の生きざまを知ることができました。

この抗日の思想と行動は、現在までも続いており、これは琉球がいまだに日本の植民地であることを示しているのです。

今年の夏、龍谷大学の学生さんに後田多さんに琉球独立の歴史について話していただき、その時、次のように思いました。歴史家としての後田多さんは同時に現在の琉球独立運動家でもあり、現在と歴史を交互にみながら、今を生きて考えているのではないでしょうか。

中国が日本よりも政治経済的な発言力が大きくなるなか、琉球と中国、琉球と日本との関係が当然、新たな観点から問われてきます。その時、後田多さんの御本が大きな歴史的な証拠になると考えます。

また琉球でお会いした時に、琉球のこれからについて、いろいろと議論したいと思います。

1320ec.jpg
スポンサーサイト



<< 今日は沖縄県知事選、琉球人はどのように判断するのか | ホーム | 第8回ゆいまーるの集い 9 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP