FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第8回ゆいまーるの集い 10

画像 119
会場には地元の方、特に小学生も参加して下さいました。私がいくつか質問を投げかけ、質問をしてくれました。この集いでの話が少年たちの心に残り、将来、島の自治を担う人間になってほしいです。


画像 120
村役場の方も集いに参加してくれました。今日の集いの準備、横断幕の作成、プロジェクターの設置など、大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。またいつかお会いできてらと思います。


画像 121
沖縄県民俗学会会長の上江洲均氏は、「伊平屋島民俗散歩」という題で報告されました。次のような多くの興味深い事実を指摘されました。

奄美と関係のある土器が発見され、伊平屋島は大和文化の流入口でした。

古宇利島の男女がモーアシビ(男女間の唄踊りによる遊び)をするために伊平屋島に舟で来ており、他の琉球の島との関係もみられました。島の女性シャーマンであるノロはテルク口(神言葉)を語っていました。

ウンジャミ祭では、1980年代初めまでノロが馬に乗って行列する姿が見られました。牛を田に入れて土地を踏み固める「踏耕」が行われていました。

また多くの貝塚があり、追い込み網漁が行われ、サンゴ石を家の石垣として利用するなど、海が生活の中で大きな役割を果たしていました。他の島では意味が変化した、琉球の古語である「ウガ(あなたを指す敬語)」が伊平屋島では今でも古語のままで使われていました。

画像 124
海勢頭さん、新元さんも熱心にノートをとり、議論に参加していました。

画像 128
村役場の方がつくってくれた横断幕です。
スポンサーサイト



<< 国際開発学会での沖縄振興開発に関するシンポ案内 | ホーム | 「振興開発」は現実的選択か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP