FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第8回ゆいまーるの集い 11

画像 129
最後に伊平屋島出身の西江重信氏が「ようこそ沖縄伊平屋島へ、私たちの取り組み」と題して、ご自身の島おこし活動を紹介されました。伝統的な製糖や製塩の小屋をつくり、子供たちに体験させています。島の文化や歴史に対する西江氏の愛情と、それを若い人々に伝えたいという熱意が感じられました。

画像 130
集いの最後に新元さんが奄美の唄を披露して下さいました。伊平屋島に新元さんの魂が込められた唄が響き渡りました。神ことばのように、神々しく感じました。

画像 132
地元の方が三線で島唄を歌って下さいました。島の香りと強さを感じて、聞き入りました。

画像 133
集いの交流会です。島唄を聞きながら、今日、集いで話し合ったこと、伊平屋島のことを考えました。

画像 134
昼の仕事から帰り、私たちのために唄と三線を聞かせて下さいました。お二人の島唄への思いをも話されました。
時々、新元さんも唄に参加して、楽しいひと時となりました。



スポンサーサイト



<< 第8回ゆいまーるの集い 12 | ホーム | 国際開発学会での沖縄振興開発に関するシンポ案内 >>


コメント

伊波氏の落選には、また失望しました。

私たち琉球民族が現実に国家を勝ち取り、経営し防衛していくためには、「スコットランド国民党」のような自覚して啓蒙・牽引してゆく「民族政党」「革命政党」が必要だと思いました。

インド国民会議派に倣って、琉球国民会議(派) と自称したらどうでしょうか。狂気の中国共産党の領土的野心へのけん制になると思います。

独立は、長い道のりにはなると思います。あせらず、だとおもいます。

スコットランド民族運動は、よい手本だと思います。現実路線ですし、彼らも資源ナショナリズム(海底資源)の観点があります。

民主主義の進展は大国の干渉を排除するそうです。李登輝の台湾民主化も主眼は、中国大陸勢力からの独立にあったそうです。

独立後は、スイス型ハリネズミ国家にならなければ、狂気の大国間の狭間で弱小民族・琉球民族は現実的に生存していけないのではないのでしょうか。独立論議の中から「軍備論者」「軍事同盟論者」を排除しないでほしいと思います。

独立後も米軍は居座るでしょう。キューバですら米軍を追い出すのは困難です。どう対処していくかです。

また、米国の軍事的空白とは簡単になりえないので、「沖縄人が生意気だと中国が占領する」というのは、まったく日本ウヨの妄想です。

うちなーぐち、しまことば、の「公用語化」もしくは「母語公認」があってほしいものです。

Re: タイトルなし

しまうたさん
コメントありがとうございました。
仲井真さんは「県外移設」を公約にして当選しました。鳩山さんのように、琉球人の知事までも琉球人を裏切ることはないと思います。

現在、スコットランドに住む方々でスコットナショナリストとメールで情報交換をしています。私もスコットランドのナショナリズムを学び、琉球独立の在り方を考えていきたいと思っています。
インドの独立運動についても、ある論文を書くときに勉強しました。
「琉球国民会議派」も良い名称だと思います。
しかし現代社会において政党が有効かどうか。うごきのとれやすい、世界的な市民社会とも連携が取れやすい、NGO,NPOの方が良いのでは。
琉球の問題は国際的な問題ですので、国際的、民際的なネットワークが欠かせません。

しまことば私たちの母語です。それぞれの島々の言葉はそれぞれの島々の母語なのです。

> 伊波氏の落選には、また失望しました。
>
> 私たち琉球民族が現実に国家を勝ち取り、経営し防衛していくためには、「スコットランド国民党」のような自覚して啓蒙・牽引してゆく「民族政党」「革命政党」が必要だと思いました。
>
> インド国民会議派に倣って、琉球国民会議(派) と自称したらどうでしょうか。狂気の中国共産党の領土的野心へのけん制になると思います。
>
> 独立は、長い道のりにはなると思います。あせらず、だとおもいます。
>
> スコットランド民族運動は、よい手本だと思います。現実路線ですし、彼らも資源ナショナリズム(海底資源)の観点があります。
>
> 民主主義の進展は大国の干渉を排除するそうです。李登輝の台湾民主化も主眼は、中国大陸勢力からの独立にあったそうです。
>
> 独立後は、スイス型ハリネズミ国家にならなければ、狂気の大国間の狭間で弱小民族・琉球民族は現実的に生存していけないのではないのでしょうか。独立論議の中から「軍備論者」「軍事同盟論者」を排除しないでほしいと思います。
>
> 独立後も米軍は居座るでしょう。キューバですら米軍を追い出すのは困難です。どう対処していくかです。
>
> また、米国の軍事的空白とは簡単になりえないので、「沖縄人が生意気だと中国が占領する」というのは、まったく日本ウヨの妄想です。
>
> うちなーぐち、しまことば、の「公用語化」もしくは「母語公認」があってほしいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP